« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

おはら祭in渋谷

P5172312

 今回は、先日渋谷駅前で行われた「渋谷・鹿児島おはら祭」のスナップをご覧頂きます。この祭りは、鹿児島の伝統的な民謡「おはら節」に合わせて催されるおはら祭を、渋谷に場所を替えて実施されているもので、今年で12回目になるそうです。この「ヤング踊り連」は、本場鹿児島からの出場で、さすがと思わせる迫力満点の踊りを見せてくれました。

Smilep5172252

 渋谷との結びつきは、鹿児島出身の連合艦隊司令官・東郷平八郎の東郷神社が渋谷にあること、あのハチ公像を制作したのが鹿児島出身の彫刻家・安藤照氏だったことなどの縁だそうで、祭りも年々盛大になってきているようです。今年は全部で53組の踊り連が優雅な、あるいは元気な踊りを披露してくれました。

P5172185

 踊りの合間の談笑風景。みんな溌剌としていますね。

P5172354

 都会のど真ん中での、ローカル色あふれる催しというのは、なかなかファンタスティックで楽しいひと時でした。

P5172127

 踊り手だけで数千人、観客は数十万人にもなったでしょうか。こんな形で全国各地の祭りが東京でも見ることが出来れば楽しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「天使と悪魔」の舞台6 サンタンジェロ城

P1010071

 いよいよドラマはクライマックスに突入!サンタンジェロ城はイルミナティのアジトになっており、ここでラングドン教授との最終盤の攻防が展開されます。

P5062927

 この城も、パンテオン同様ハドリアヌス帝時代の2世紀に建造されました。名前は6世紀末の出来事に由来します。ペストが流行したその時代に、天使ミカエルがこの城塞の上の現れてペストの終焉を告げたという伝説に基づいて「サンタンジェロ(聖天使)城」とよばれるようになったということです。

P5062919_2

 そんな伝説から、城塞の前の橋には10体の天使像が飾られています。中世以降は法王庁の所有となり、法王の居室、避難所、牢獄などさまざまな形で利用されてきました。現在は国立博物館となって武具などが展示されています。

P5062967

 この城塞とバチカンとを結ぶ通路も作られており、また隠れ部屋、秘密の通路などミステリアスな空間になっていることでも知られています。

P5062984

 サンタンジェロ橋の天使像もベルニーニの設計です。ある年、夕焼け時に下のテヴェレ河原に降りて見上げたシルエットはまさにドラマチックな光景で、今でも忘れられないシーンとして脳裏に焼きついています。もし時間があればこんな角度から眺めてみるのも面白いですよ。

 今回で、「天使と悪魔」シリーズは終了です。皆さんはもう映画はご覧になりましたか?実は私は雑用に追われてまだ見ていません。原作の記憶だけでストーリーを追ってみましたが、どんな形で映画化されたのかはまだ検証していないというのが実情です。映画と内容が食い違っていたらごめんなさい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「天使と悪魔」の舞台5 パンテオン

P8020812

 ローマの建築物の中でも代表的な建物の一つ、パンテオン。紀元前27年、アグリッパによって建てられた。円柱の上部にAGRIPPAの文字が読み取れる。紀元後80年に焼失し、125年にハドリアヌス帝によって再建されました。

P8020807

 天窓は直径9mの穴があいており、悪天候だとここから雨が降ってきます。ラングドン教授はこれが「悪魔の穴」だと勘違いしてしまいます。鉄筋を使わない石造建築物としては世界最大級の規模。古代の人たちの技術には感動してしまいますよね。

P8020805

 あまり目立たないのですが、正面から入ると向かって左奥の方向に、ルネサンス三大画家の一人、ラファエロの墓があります。このように棺もガラス越しに見ることが出来るんです。彼自身が遺言でここに葬って欲しいと望み、その通りになりました。「天使と悪魔」では彼の名前「ラファエロ・サンティ」に重要なカギが隠されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「天使と悪魔」の舞台4 ナヴォーナ広場

4_rivers

 サン・ピエトロ大聖堂とヴィットリア教会を東西に結ぶ線と交差する形でポポロ広場から南北に線を引くと、その南地点にあるのがナヴォーナ広場。十字架の形が完成する地点に、第4のキーワード、「水」の現場があった。

 広場の中央にある、最も有名な彫刻がこの4つの河の噴水です。世界の4大陸が、ナイル、ドナウ、ガンジス、ラプラタ川の寓意像によって象徴されています。このほかには、北側にネプチューン、南側にムーア人の噴水が配置されています。

P8020823

 この広場は古代ローマ時代の競技場跡地。17世紀に広場として整備されたが、以前のトラック型の楕円形が今も姿を留めています。南北250m、東西50mというかなり長細い楕円形です。 写真はパンテオンからナヴォーナ広場に向かう道路。夏の遅い午後、恋人たちの後姿から長い影が伸びていました。(すみません。広場の写真が見つからず、ちょっとわき道の絵になります)

P8030887

 広場の南側、テヴェレ川に近い通り、ヴィア・ジュリア。今も古いたたずまいが残るこの通りは、ローマ中心部にしては珍しく車の通行も少なく、ほっと一息つける一角になっています。スコールのような雨が上がった後の静かな時間・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「天使と悪魔」の舞台3 サンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会

P1010081

 事件の舞台はローマの東側、テルミニ駅に近いヴィットリア教会に移ります。この教会にあるベルニーニの傑作「聖テレーザの法悦」像が、「火」に結びつくと推理、ラングドン教授はここに向かいます。

 聖テレーザは16世紀スペインの聖女。彼女は自叙伝で、自らの神秘体験を次のように語っています。「金色の矢を持った天使が私の心臓を貫いた。激しい痛みと同時に大いなる神の愛を感じ、激痛の苦しみは至上の快さに取って代わった」。ベルニーニはそんな様子を官能的な表現でこの教会に再現しました。それにしてもこの材料が大理石、つまり石だとはとても思えない、その衣服の微妙なしわに至るまでの繊細な表現と、法悦の表情は、あっけにとられるほどのすごさでした。

P1010035

 このコルナロ礼拝堂は、テレーザの像を中心にして両側面にコルナロ一族の人物が4人ずつ配置されています。まるでテレーザを観客席からながめているよう。ベルニーニは礼拝堂を劇場にしてしまったんですね。これを斬新な新機軸と取るか、悪趣味と取るかは評価が分かれるところでしょう。ただし、彫刻の素晴らしさに関しては、文句のつけようがありませんよね。

P1010074

 この教会は、外観こそ全く派手ではありませんが、内部は光り輝いています。主祭壇はこんなに金色の輝きで満たされています。

P1010078

 天井画もお忘れなく。これは聖母被昇天でしょう。彫刻、絵画がバラバラにあるのではなく、建築とダイナミックに連動した、バロックの一つの典型がここで実感できます。

 ヴィットリオ教会は、ローマに行くたびに訪れるお気に入りの場所です。ただ、今回の映画公開で、「天使と悪魔ツアー」なるものも始まったようで、今までのように静かにゆっくりと鑑賞出来なくなるのを、ちょっと恐れています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「天使と悪魔」の舞台2 サン・ピエトロ大聖堂

P1010108

 カトリックの総本山・サンピエトロ大聖堂の広場に、次のキーワード「空気」があった。この楕円形の広場は284本の列柱によって囲まれており、回廊の上には120人の聖人像が並んでいます。この広場もまたベルニーニの設計。大聖堂の屋上に上がるのにはこの写真で見ると建物左側の別の入口から入り、エレベーターが途中まで使えます。

P1010057

 広場を地上で見るとこんな感じ。中央のオベリスクは高さ25m。1世紀にエジプトから持ち込まれたものです。

P1010122

 教会の中に入ると、まず左奥の大天蓋が目に飛び込みます。広場のオベリスクより高い29m、ブロンズ製で月桂樹とオリーブの枝がねじれるようにからみついた装飾がすごい。

 マタイ福音書には、キリストが一番弟子のペテロに語った言葉が記されている。「あなたはペテロ。私はこの岩の上に教会を建てよう」。ペテロとは「岩」という意味。皇帝ネロの迫害に遭って殉教しこの場所に埋葬されたが、キリストの言葉通りまさにその場所に、聖ペテロ(サン・ピエトロ)の教会が建てられたわけだ。

P1010008

 内陣には教皇など何人もの墓があるが、これは17世紀のアレクサンデル7世の墓です。これもまたベルニーニ。ローマは彼抜きには語れないほど沢山のベルニーニ作品があふれています。

P5062999

 大聖堂のクーポラは132mの高さを持ち、ローマのランドマーク的な存在です(厳密に言えば大聖堂の場所はバチカン市国という別の国ですが・・・)。大聖堂から1・2キロ離れたウンベルト1世橋から眺めたクーポラ。テヴェレ川を挟んでその雄姿がすっきりと見えます。ただし、この設計はミケランジェロです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「天使と悪魔」の舞台1 サンタ・マリア・デル・ポポロ教会

P8010762

 いよいよダン・ブラウンの原作「天使と悪魔」が映画化されて、今週末に公開されます。前作「ダヴィンチ・コード」と同様に話題となるでしょうが、今回はローマが舞台となるのでその主な場所を巡ってみようと思います。ただ、こんなことを想定してはいなかったので、対応する写真が十分にはないのは、あらかじめお断りしておきます。

 ストーリーの概要はトム・ハンクス扮するラングストン博士が、秘密結社・イルミナティの陰謀と対決するストーリーなのですが、キーワードはガリレオが残した暗号と科学の4大元素・土、空気、火、水。最初の殺人現場となるのは、「土」にかかわるポポロ教会です。

 この写真はポポロ広場。昔はここがローマへの入口でした。中央のオベリスクは高さ24m。双子のような教会は向かって右がミラーコリ教会、左がモンテサント教会です。ええ、ポポロ教会はこの教会ではなく、手前左側にあります。建物は撮影していませんでした。

P8010764

 教会の主祭壇左手にキージ家礼拝堂があります。これはラファエロが設計を担当したんですが完成せず、死後100年経ってベルニーニが完成させました。この礼拝堂が1つのポイントを握ります。ベルニーニ作品「ハバククと天使」がどこを指し示しているのか?ベルニーニ作品が謎解きに大きな要素になってきます。

P8010765

 映画とは無関係ですが、この教会にはカラヴァッジョの絵も何点か展示されています。いかにも彼らしいコントラストを強調した劇的な表現が印象的ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

横浜・みなとみらい

P5021973

 この連休、横浜・みなとみらい地区を散歩してきました。我が家から近いので何度も通っている場所ですが、この日は天気も良くわりとすっきりした絵が撮れたので、ご覧下さい。まずは全景から。

P5021890

 ランドマークタワーの脇に夕陽が沈んで行きます。風が強かったのですが、その分雲が吹き払われて空のオレンジが冴えています。

P5022079

 最近出来たホテルのゲートがライティングされており、そこから見るビル群とのコントラストが面白い風景を演出しています。

P5022093

 ゲートをくぐって桜木町方面に歩いていくと、観覧車の姿が大きくクローズアップされます。なぜか私には、観覧車は淡い恋のイメージと重なってしまいます。

P5022101

 歴史を紡いで役割を終えた帆船・日本丸の後方には、現代を象徴するようなビル群がそびえます。横浜は今年開国150年で博覧会が開かれていますが、港の歴史変遷の一端がこの光景にも垣間見えるようです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

天国の島 プロチダ島(procida)

P5083255

 この島には3日間の滞在だったが、毎日好天気に恵まれた。2日目の夕方も南イタリアの空と地中海をあかね色に染めて夕陽が沈んでいった。

P1010020

 宵闇が迫ると、まるで町の人たちの心を映すかのように温かな灯火が浜辺の家々に灯って、安らかな夜が支配し始める。

P1010039

 この日は何かの記念日だったらしく、教会には小旗が飾られ、ちょっと華やいだ雰囲気が漂っていた。

P1010210

 そのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会がライトアップされて、町の功労者?の像がシルエットになって浮かび上がった。

 町の特産は魚介類で、ここの小さなリストランテで食べたムール貝のパスタは今でも忘れられない飛び切りのうまさだったし、リモンチェッロの濃厚な味わいも素晴らしかった。帰りがけ、古いマイクロバスのような定期バスに乗ろうと停留所の前の店でバスの到着時間を聴くと、「さあ、次が何時に来るかなんて決まっちゃあいないよ。でも、必ずそのうちに来るから、店で休んで待ってなよ」という答えが返ってきた。そんなゆったりした時間が、この島には流れていた。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »