« バチカン 5 博物館で変わった発見も | トップページ | フィレンツェ夜歩き2 シニョーリア広場周辺 »

フィレンツェ 夜歩き1

2004_0101_000000p1016401

 今回から少しフィレンツェの風景を掲載しようと思います。実はフィレンツェには何回も行っているんですが、あまりにも奥が深すぎてちょっと手をつけるのをためらっていました。でも、「イタリアの誘惑というタイトルなのにフィレンツェがどうして出てこないのか?」と、何度か尋ねられたこともありました。まずは深入りしない程度に始めましょう。

 そんなわけで、今シリーズはフィレンツェの街歩き。それも夕方から夜にかけての時間帯限定です。ドゥオモとジョットの鐘楼がコンパクトに一枚の写真に収まるのはこの角度。ペーコリ通りという道路から見ると道幅にぴったりはまって見えます。

2004_0101_000000p1016393

 ドゥオモは正式名称がサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂。花の聖母大聖堂です。白、緑、ピンクの三色の大理石を使っていますが、夜にかけてはピンクが浮き出して強調される気がします。

2004_0101_000000p1016394

 正面横のクーポラに昇る階段の入り口がある方からドゥオモを見上げてみました。とにかくでかい!

2004_0101_000000p1016417

 ドゥオモからカルツァイウォーリ通りをまっすぐに南に歩くと、ポンテ・ヴェッキオに到着する。日本語に直すと「古い橋」。何のひねりもない単純な名前だけど、現在の橋は1345年完成という歴史を持っています。日本はそのころは鎌倉から南北朝時代にかかったころなので、確かに古い。

2004_0101_000000p1016457

 橋から少し戻った共和国広場。高いアーチのある門がこの広場の印象を強くしているようだ。夜でもここは結構賑やかでした。

2004_0101_000000p1016534

 これは翌日のアルノ川の夕景。地平線近くに雲がかかって、日没の様子までは見られませんでしたが、とても情感のある風景でした。

2004_0101_000000p1016559

 ヴェッキオ橋の一つ下流にあるサンタ・トリニータ橋のたもとには、2体の女性像が飾られています。夕陽の中にたたずむ様子がちょっと神秘的に見えました。この角にはフェラガモの本店があり、そこから続くトルナヴオーニ通りはプラダ・プッチ・アルマーニなどのブランド店が連なるショッピング街。私は一度もこの通りで買い物をしたことはありませんが・・・

|

« バチカン 5 博物館で変わった発見も | トップページ | フィレンツェ夜歩き2 シニョーリア広場周辺 »

フィレンツェ」カテゴリの記事

夕景・夜景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1035791/36297268

この記事へのトラックバック一覧です: フィレンツェ 夜歩き1:

« バチカン 5 博物館で変わった発見も | トップページ | フィレンツェ夜歩き2 シニョーリア広場周辺 »