« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

ロダン美術館下  決別、カミーユの死

Pc176765

 そしてこの壮絶な作品「分別盛り」が生み出された。ひざまずく女を振り払って立ち去ろうとする男。その男を後ろから両手で抱える老婆。男の顔は苦痛にゆがんでいる。カミーユは心に育んだ狂気の刃とともに、対象を思い切り醜くすることで、自らの精神の安定を保とうとしているようだ。

 この時代の芸術界は、まだ女性には門戸を固く閉ざしていた。官立美術学校のエコール・デ・ボザールさえも女子の入学を認めていなかった。自らの力量をだれも認めてくれないうえに、栄光はすべてロダンのものになってしまう現実への反逆の叫びもまた、この作品に込められていたのではないだろうか。

Pc176759

 この時カミーユ30歳。歯の抜けた口ややつれきった目元など、まだ51歳のローズが完全な老婆として描かれているのに対して、55歳のロダンはそれほどでもない。決別の表明ではあるにしても、愛を捧げ続けた相手を完全に否定しきることまでは出来なかったのではないかとも思えてしまう。

Pc176785

 ならば、ロダンはカミーユをどう描いたのか。唇に両手をあてて、今にも言葉を吐き出そうとするカミーユの胸像。タイトルは「アデュー」(さようなら)。抜け殻のようなうつろな表情は、逆に告別の深い傷を象徴しているのかもしれない。同じ別れの表現にしても、激情の嵐としてブロンズにその炎をぶつけたカミーユと、海の底に沈むような静けさに思いを包んだロダン。世間的には当代随一の彫刻家として名声を博す存在となっていたロダンだが、二人の女性の間でおろおろと揺れ動く生身の男の姿が透けて見える時期だった。

Pc176768

 まだ愛に燃えていた頃のカミーユの輝く表情とは、何と違うことだろうか。

 カミーユはその後、心の病に侵されて病院に強制収容され、その後一度も社会に復帰することなく、1914年、南仏アヴィニヨン近郊の精神病院で、79年の人生を閉じた。激しくも哀しい人生だった。

Pc176771

 一方ロダンは1917年1月、77歳でローズと正式に結婚式を挙げた。ローズが死去する2週間前のことだった。ロダンもまた同じ年の11月に波瀾に富んだ人生の幕を下ろした。

 その前年に自らの作品を国に寄贈。美術館建設の構想が固まった時に、友人に宛ててこんな手紙をしたためている。「マドモアゼル・カミーユの彫刻が何点か展示されることになれば、うれしく思います」。

 思いやりと取るか未練と取るか。いずれにしてもそうして完成したのが、この美術館だった。

Pc176791

 美術館の庭に出てみよう。ゆったりとした敷地に小さな池があり、ベンチに座って建物を眺めることが出来る。パリの中心部にありながら静かな時間を持てる場所だ。

Pc176786

 地獄の門の一番上に飾られている「三つの影」。三人の人物は実は三人ともアダム。地獄の門が時空を超えた存在であることを証明するものだという。

Pc176790

 池に置かれた彫刻「ウゴリーノ」の向こうにアンヴァリッド」の塔が見渡せる。その地下にはナポレオンが眠っている。

Pc176779

 ロダンのコレクションも陳列されている。ゴッホの「タンギー爺さん」。背景に日本の浮世絵が描かれていることでも、ロダンが浮世絵好きだったことがうかがわれる。

 この美術館は、個人的な関心の強さもあって、非常に印象の強い美術館ですが、そうでなくとも美の世界の奥深さを感じられる空間だと思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ロダン美術館上  カミーユとの愛と葛藤

Pc176755

 パリ7区、地下鉄13号線のヴァレンヌ駅を降り、地上に出るとすぐにロダン美術館が現れる。ロダンの死から2年後の1919年に開館したこの美術館は、パリで最も心魅かれる個人美術館だ。

 まず目を奪われたのは手の作品。斜めに差し込む外光によって複雑な陰影をつけられた2つの手は、まるで祈りを捧げようと組み合わす一人の人間の思いを表出した姿と感じた。

Pc176757

 しかし、よく見ると手の大きさが違う。そして両手とも右手。二人の人間がお互いの右手を組み合わせようとしていることに気付いた。タイトルは「カテドラル」。大聖堂の空間、パリならノートルダム大聖堂だろうか。あの壮大な空間では人間はちっぽけな存在にしか過ぎない。さらにその一部分でしかない片手と片手が組み合わさることで、一つの宇宙をさえ表わしているかのように見えるのは、私だけだろうか。

Pc176775

 窓際に立つ男がいる。「ジャン・デール」。カレーの市民の一人だ。百年戦争時、1347年のフランス。港町カレーを包囲したイギリス国王は、市の主要メンバー6人を差し出せば、町の破壊を留保すると提案した。これに応じて6人の男たちが自ら名乗り出た。英雄自己犠牲、死の恐怖、家族を残し、命を捨てる覚悟。決してすっきりと決断したわけではないだろう。苦悩の末にようやく一歩を踏み出したその痕跡を、固く結んだ唇に刻み込んで立ちあがった姿だ。戸外の明るさ、枯れ木の斜線、室内の漆黒の像との対比が、心の奥底に通じるようで美しい。

Pc176761

 この女性像もまた、戸外の風景、頭上のシャンデリア、裸像のシルエットとが三位一体の空間を形成している。張りつめた緊張。

Pc176777

 誰もが知っているこの像。1880年、ロダンはフランス政府から「地獄の門」の製作を依頼された。ダンテの神曲から着想を得たこのタイトルの作品は40年近い歳月を費やしながら未完に終わったが、その中からいくつかの個別の作品をも生み出した。その一つが「考える人」。地獄の門の製作を始めたころ、セーヌ左岸にある彼のアトリエを訪れたうら若き女性がいた。カミーユ・クローデル。当時19歳。ロダン43歳のパリだった。

Pc176770

 優れた才能と麗しい容姿とを併せ持ったカミーユに、ロダンは夢中になった。「永遠の青春」はそんな時期に創られた。激しい情熱がぶつかり合う愛の姿。全身全霊をゆだねた女の恍惚感と、みなぎる自信を、振り上げた左手の先まで満たした男の高揚感とが、叫び声となって響き渡るような作品だ。

Camille3

 同じ室内にカミーユの傑作も並ぶ。「ワルツ」。寄り添う二人。ワルツのスロウなリズムが流れる中、二人だけの世界に浸っているかに見える。でも、女の背は不安におののいているかのようだ。足取りは乱れ、崩れかかる女を、男はかろうじて支えている。この作品の完成は1893年。ロダンとカミーユの関係は悪化の一途をたどっていく。ロダンにはローズ・ブーレという内縁の妻がいた。カミーユを愛しながらもローズと別れようとしないロダンに、カミーユはヒステリックな怒りを募らせていた。才能も容姿も若さも。どれをとってもローズに負けるはずのない自分が、どうして彼を独占できないのか。元々自己主張の強い性格だっただけに、行き場のない怒りを抱えたまま苛立ちの時間が過ぎて行った。(二人を描いたフランス映画でカミーユを演じたイザベラ・アジャーニの、怒りの演技が思い起こされる)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスシーズンのパリ サントシャペル、ノートルダム

P1010225

 パリ発祥の地・シテ島には2つの見どころがあります。その1つがサント・シャペル。ステンドグラスで出来た建物といってもよいほどの宝石箱のような礼拝堂です。

P1010234

 最初、入口が分からずにこの建物に入りました。でも全くステンドグラスは見当たらず、何やら悩み深そうな表情の人たちが廊下を歩いていきます。そのうち黒衣を着た人に出会いました。改めて聞いて見ると、ここは最高裁判所。同じ敷地にあるんです。

P1010221

 やっと入り口を見つけて入った内部は、きらびやかな空間でした。15の窓がステンドグラスで覆われ、旧約、新約聖書の物語1134場面が克明に記されています。

P1010227

 実は、この礼拝堂はキリストの聖遺物を納めるために造られました。ルイ9世がコンスタンチノープルから買い取ったキリストの荊冠(いばらで作った冠。キリストがローマ兵士にこの冠をかぶせられて鞭打たれたという)を持ち帰った後、1308年に完成しました。

P1010222

 しかし、現実にはその聖遺物はノートルダム大聖堂に納められ、この礼拝堂は「からっぽの宝石箱」になってしまったのです。でも、本来の目的が失われても、器そのものの輝きが人を引き付けることだってあるということを、この礼拝堂が実証しているかのようです。

P1010231

 このサント・シャぺルの西側、ポンヌフとの間の小さなドーフィンヌ広場の一角に、かつてイヴ・モンタンとシモーヌ・シニョレが暮らしていたそうです。シャンソンの名手は、哀しくも美しいこの礼拝堂のたたずまいをいとおしく思ったからなのでしょうか。

P1010241

 同じシテ島の東側にノートルダム大聖堂があります。まさにクリスマスということで大きなツリーが正面玄関前に立てられていました。

P1010258

 高い高い空間の聖堂内で、ミサが行われています。臨時のスクリーンを設置した特別な催しのようです。この場所でナポレオンの戴冠式も行われました。ルーブル美術館にあるあのダヴィッドの「ナポレオンの戴冠式」が有名ですね。

P1010247

 邪魔をしないように脇をそーっと巡回します。右側の身廊に回り込み、北のバラ窓を見上げました。聖母像を中心に旧約聖書の預言者などが描かれています。

P1010253

 反対側から南のバラ窓を。北に比べて赤っぽい色のバラ窓です。こちらは世界の終りに現れる黙示録のキリストの周囲に使徒、聖人が集まっています。つまり、北はキリストの最初の出現、南はキリストの最後の出現ということで、この世界の完結を表現しているんだそうです。ただ、遠くからでは描かれた内容が分かりにくいですね。

P1010250

 周回の途中、祭壇裏ににこんなプレゼビオがありました。これもクリスマスシーズン出ないと見れません。

P10102631

 シテ島から離れてノートルダム大聖堂を裏側から眺めます。ゴシック建築の特徴である建物の重みを外側から支えるフライングバットレスの構造がよくわかります。これによって高く美しいバラ窓も可能になりました。

P1010265

 さあ、地下鉄に乗って次の場所へ移動です。こんな世紀末のアールヌーボー様式が500年も前のゴシック建築の近くにあるというのもパリの魅力です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

クリスマスシーズンのパリ  シャンゼリゼ、ルーブル

Pc186882

 シャンゼリゼの通りを歩きます。凱旋門からコンコルド広場まで全長2キロ、幅700mの大通りにあるマロニエやプラタナスの街路樹が、イルミネーションでドレスアップされています。

Pc186876

 17世紀初め、アンリ4世の王妃マリー・ド・メディシスが女王の散歩道として整備させたのが始まりとか。彼女は名前からもわかるようにフィレンツェのメディチ家の出身。イタリア語読みだとマリア・デ・メディチ、「すなわちメディチ家のマリア」となりますね。ルーブル美術館にあるルーベンスの大作「マリー・ド・メディシスの生涯」は必見です。

Pc186886

 「エリゼ」はギリシャ神話の楽園を意味するそうです。奥に見える凱旋門からは12本の道路が放射状に広がっており、その形が星のようなことからエトワール広場とも呼ばれます。そんな道路の中で一番有名なのがこのシャンゼリゼ通り。車と人があふれていました。

Pc186897

 雨が降ってきました。歩道が濡れて、街全体がしっとりと潤ったような感覚になります。

Pc186895

 ピカピカに輝くより、こんな雰囲気のほうがパリの夜は似合います。手前のコートの紳士がジャン・ギャバンに見えてくるかも。

Pc196911

 翌日の夕方はルーブル美術館に行きました。その敷地と隣のチュイルリー庭園との境に建つのがカルーゼル凱旋門。1805年のナポレオン戦勝を記念して造られたものです。さっきのエトワールの凱旋門より早い建造になります。庭園、コンコルド広場をはさんで、2つの凱旋門は一直線に並んでいます。門の間から見える光の円はコンコルド広場の装飾でしょうか。

Pc196914

 門のてっぺんにある4頭の馬は、実はナポレオンがヴェネツィアのサンマルコ大聖堂の馬を略奪してここに飾っていたことがあります。今はヴェネツィアに返還され、レプリカが飾られています。

Pc196923

 凱旋門自体も、ローマのコロッセオ横にあるコンスタンチヌス帝の凱旋門と同じデザインです。ナポレオンはイタリアにかなりの憧れとコンプレックスを持っていたような気がします。夕暮れになってきましたね。

Pc197002

 ルーブル美術館のナポレオンの中庭と呼ばれる広場にはガラスのピラミッドがそびえ立っています。1989年中国系アメリカ人のイオ・ミン・ペイによって建設されたもので、高さ21m、底辺の長さ35m。673枚の大きなガラスによって構成されています。

Pc196976

 ここから半地下の切符売り場に入って行くことが出来ます。建設当時は賛否両論で大論議を呼んだものでしたが、もうすっかり定着したようですね。ルーブル宮の伝統美とガラスの現代美とのマッチングが面白いコントラストを見せています。

Pc196983

 イオ・ミン・ペイの作品は日本でも見ることが出来ます。滋賀県にあるMIHO MUSEUMです。ここもガラスをうまく活用した建物でした。

Pc197015

 きょうは夕景・夜景ということでルーブル美術館の中は覗かずに東に移動します。ルーブルからメトロ1号線で3駅目のオテル・ド・ヴィル駅で下車するとパリの市庁舎があります。1882年のルネサンス様式の建築です。

Pc197007

外壁には沢山の人物像が飾られ、宮殿のような豪華さ。冬場はこの前の広場がスケートリンクになっており、子供たちが歓声を挙げていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスシーズンのパリ  エッフェル塔のイルミネーション

Pc186865

 パリ到着翌日はアレクサンドル3世橋からオルセー美術館、ロダン美術館など美術館巡りをして、夕方にはエッフェル塔、そしてシャンゼリゼのイルミネーションを見るという工程でした。オペラ座近くにホテルを決めたのは、空港からの直行バスがオペラ座脇のスクリーブ通りに着くという利便性と、地下鉄駅が近く市内散策に好都合という理由でした。この日は地下鉄をフル活用した一日でした。

Pc176693

 この時期のパリは午前8時ころにようやく明るくなるという感じ。オペラから地下鉄8号線でアンヴァリッドまで3駅目で降りて地上に出ると、ちょうど日が昇って厚めの雲の間から束の間の太陽が差し込んだところでした。アレクサンドル3世橋の四隅立つ高さ20mの柱のブロンズ像が、パリの茜空にシルエットを浮かび上がらせていました。

Pc176703

 この橋はセーヌ川の橋の中でも最も華麗に彩られた橋として知られます。両端に並ぶ街灯も丸いガラス製で、洒落ています。その列の向こうにはナポレオンが眠るアンヴァリッドのドームがそびえています。

Pc176695

 こんな風に子供や動物、花などの彫刻がバラエティ豊かにちりばめられていました。

Pc176697

 その彫刻群の奥にはエッフェル塔が様々な角度で顔を見せます。この後美術館巡りをしましたが、それは後日に紹介することにして、夕方のエッフェル塔に飛びましょう。

Pc186858

 着いたのが夕方。塔のライトアップが始まります。私はちょうど塔の真下からそのスタートを見ていました。下から見るとまさに鉄骨の塊。こんな形の幾何学模様が黄色に染まって行きます。

Pc186854

 エッフェル塔は1889年のパリ万博時に建築家エッフェルによって設計されました。当時は石材による建築物はトリノのモーレ・アントネッリアーナ(ここには映画博物館も入っていました)のように、160-170mが限界だったのですが、これは鉄柱をつなぐリベットを250万本使用するという革新的な技術と材料によって、高さ301mという当時の世界一の高さを実現しました。初めは20年で解体される予定でしたが、当時発明された無線電信電話のアンテナに活用できるということが分かり、存続が決まりました。1957年にはテレビアンテナも設置されて324mの高さになりました。

 塔の西側にあるシャイヨー宮がセーヌ川を挟んですっきりと見渡せます。そのシャイヨー宮も1937年のパリ万博会場として造られた宮殿です。「白鳥が羽根を開いたような」と表現される美しさを誇っています。

Pc186848

 塔は毎正時ごとにイルミネーションがピカピカと点滅します。せいぜい1分間くらいですかねえ。その時にちょうど間に合いました。塔のあちこちについている白い点々がそのイルミネーションです。本来なら塔に昇って街を見下ろすところですが、今回は駆け足旅行。時間がありません。

Pc186869

 シャイヨー宮側に戻って地下鉄9号線でトロカデロからフランクリン・ルーズバルト駅に向かいました。駅を出るともうすぐシャンゼリゼ通り。と、このような光り輝く宮殿にぶつかりました。

Pc186872

 何かの美術館のようですが、もう閉まっていて何の建物かはわかりませんでした。でもとても美しいのでボツにするのはもったいなくて・・・。

 次回はシャンゼリゼからルーブル美術館へ移動します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クリスマスシーズンのパリ  オペラ座周辺

P1010191

 今の時期はどこに行ってもクリスマス気分の装飾が目につきます。4年前、ちょうどこの季節にパリを歩いた時の写真が見つかったので、ご覧いただきます。オペラ座近くのホテルを予約していたので、到着した夜にここから歩き始めました。

 オペラ座は19世紀半ば、オスマン知事のパリ大改造計画の一環としてコンペが行われ、当時無名だったシャルル・ガルニエが設計を勝ち取って建設したものです。このオペラ座を起点に大通りがまっすぐにルーブルまで続いています。

P1010194

 屋根の上に左右2体の黄金の女神像がいます。ネオバロック様式の建物はこの写真でも見られるように外壁の至る所に様々な彫刻が施され、豪華な雰囲気が漂います。

P1010196

 すぐ横のランセルのビルはオレンジのライティング。クリスマス気分が盛り上がります。でも、パリの師走は、こんなものではありません。

P1010211

 オペラ座の北西側にあるプランタンデパートは、全館がクリスマスイルミネーションで覆われ、ピカピカに輝いていました。この建物は1865年の完成で、オペラ座(1875年)より古い歴史的なものです。

P1010203

 もう一つのデパート・ギャルリー・ラファイエットは、オペラ座からも豪華なイルミネーションが垣間見えます。

P1010208

 近づいて見ると、こんな風。これでもか、というくらいにテカテカに飾り立てていました。こちらも1895年の創業で、100年以上の歴史を誇ります。この季節は毎年、いくつかのデパートがこうした全館イルミの競演をするようです。でも、この飾りつけは以前東京丸の内でやっていたミレナリオによく似ていますね。

Pc186801

 中に入ってみました。本館大ホール天井にあるガラスと鉄骨のドームはこのデパートの特徴です。

Pc186806

 その天井に届こうかというくらいの大きなクリスマスツリーが飾られていました。それと、巨大な風船も。

Pc186803

 これが、巨大ツリーの全容です。といっても、全体が写っていませんね。それほど大きくて、写すのに苦労しました。

Pc186805

 この写真だとそれほどではありませんが、館内はもとより、周辺の道路もお祭りのような賑わいで、しっかりとクリスマス気分を味わいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブリュッセル 教会、美術館そしてクローデルに出逢う

P4128432

 グラン・プラスの東南部、山の手地区にロワイヤル広場があります。この高台から見下ろす町のちょうど中心にグラン・プラスの市庁舎塔がそびえています。美しい風景でした。

P4128380

 ブリュッセルにも凱旋門がありました。独立50周年を記念して1905年に建てられたもの。パリの凱旋門を手本にしたそうですが、どちらかというとベルリンのブランデンブルグ門のほうに似ていますね。その広場で戦闘機の展示が行われていました。実はこの広場には王立軍事歴史博物館があり、そこの軍用機の展示は世界でも有数の充実したものなんだそうです。地下鉄メロード駅からが近いですが、このあたりはEUの本部を始めEUの機関が集まっている地区です。

P4128421

 もう一度ロワイヤル広場付近に戻ります。アールヌーヴォーの建物が見えます。これは楽器博物館。7000点を越える世界的にも珍しい楽器収集の博物館です。古代エジプトから日本の三味線まで様々な楽器を見ることが出来ます。

P4128426

 でも、時間もなかったので見るのは外観だけ。曲線を巧みに使った鉄とガラスの外壁の面白さを楽しみました。サントゥノワの設計で、最初はデパートでした。最上階には眺めの良いレストランがあるそうです。

P4128389

 楽器博物館の北側に、サン・ミッシェル大聖堂があります。国王の戴冠式や結婚式など重要なセレモニーが行われてきた場所でもあります。13世紀の着工から300年の歳月をかけて完成したゴシック建築。やはりパリのノートルダム教会を始めとしたフランスのいくつかのゴシック教会にどことなく似ています。

P4128400

 静謐な空間。ここも室内の白さが印象的でした。

P4128396

 それに、ステンドグラスも色彩が鮮明で必見ですね。

P4128392

 帰りがけに振り向いたら、こんな像がありました。確か国王か誰かの肖像だったような・・・。記憶が曖昧で思い出せません。

P4128446

 観光の最後は王立美術館。フランドル絵画と言えば何と言ってもブリューゲルを挙げないわけにはいきません。いかにも彼らしい作品としてこの美術館には「ベツレヘムの戸籍調査」がありました。収集作品の数ではウイーン美術史美術館には負けますが、地元で見るブリューゲルはやはり格別のものがありました。農民の動き、雪の積もり具合、枯れ木建物の背景など、いかにもブリューゲルといった作品です。

P4128466

 美術図鑑などで何度も見たことがあった「マラーの死」。ここにあるとは思っていませんでした。作者のダビッドはご存知ルーブル美術館最大(?)の絵画「ナポレオンの戴冠式」の作者。彼は晩年にはフランスから亡命してベルギーに来ていたんですね。

17serenityp4108198

 幻想的な美しさで際立っていたのがこのポール・デルヴォーの作品「serenity」。マグリットと並ぶベルギーシュルレアリスムの巨匠です。こんなに時代を越えてバラエティに富んだ作品を見ることが出来て、とても楽しい時間を持つことが出来ました。

P4128444

 美術館のすぐ横にこんなものが建っていました。ポール・クローデルはフランスの著名な詩人であり外交官。彼の姉はカミーユ・クローデル。彫刻家として素晴らしい作品を残しましたが、それよりもロダンとの愛の葛藤の末に心を病んで、後半生を精神病院で送った情熱の女性として人々の記憶に残されています。弟のポールは駐日フランス大使として日本に駐在したこともあります。彼の外交官としての最後の地はベルギーだったんですね。これも思いがけない出会いでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブリュッセル 「絢爛たる劇場」グラン・プラスの夜景

P1010442

 グラン・プラスの夜は、昼の開放的な明るさとは一変して、まるで歌劇の舞台のようにブリリアントな空間に豹変します。まさにジャン・コクトーが評した「絢爛たる劇場」。

P1010420

 街歩きを楽しんでグラン・プラスに戻ったのはほぼ日暮れ時。前回紹介し忘れた広場の東側の建物をまず掲載しておきましょう。これは「ブラバン公の館」。6~16世紀にかけて統治していたブラバン侯爵の歴代当主のレリーフが壁一面に飾られています(実はこのことは帰ってから知ったので、アップの写真はありません)。今はこのビルの中にいろいろな店が入っていますが、ホテル・サン・ミッシェルもこの中。ここに泊まれば、ヴィクトル・ユゴーのように広場に住む気分を味わえそうですね。

Gpp1010458

 さあ、夜景観賞と参りましょう。正面に輝くのは王の家。中央の塔の輝きが素晴らしい。

P1010440

 王の家を西側から眺めると、一層広場の広がりが感じられます。

P1010432

 向かい側の市庁舎は83mの鐘楼がそびえたっています。

P1010424

 広場に店を出すレストランにも灯りがともり、いよいよ営業も本番モードに突入。

Gpp1010452

 石畳も光を反射して広場全体が浮き立つような気分にさせられました。

P1010466

 日没から約30分、青味を増した夜空に、鐘楼が突き刺さるかのよう。

P1010471

 広場から西に100mも行くと、証券取引所の隣りにアール・ヌーヴォーの内装を施したビアカフェ「ファルスタッフ」があります。ここでムール貝の白ワイン蒸しを頼みました。バケツのような大きな器に一杯のムール貝が出てきて一瞬どうしようかと思いましたが、絶妙の味付けで、ビールと共にきれいに平らげてしまいました。

P1010475

 店内は落ち着いた大人の空間といった雰囲気でした。ただ、団体さんなどが入るとかなり賑やかになるようですが・・・。

P1010481

 ファルスタッフからホテルのあるロジェ広場までの帰り道は、日本でもおなじみの店のショウウインドウを見ながらの散歩でした。これはZARAの店頭。

P1010483

 H&Mはこんな派手な装飾で目を引きました。

P1010487

 そして、ロジェ広場では全体を紫の電飾で囲んだ派手なビルまでありました。ブリュッセルの夜は奥深い空間ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブリュッセル  「世界一美しい広場」グラン・プラス

   P4118338_3    

 今回はベルギーの首都ブリュッセルの紹介です。ベルギーの中央部やや西寄り、パリからタリスに乗れば1時間30分で着いてしまう距離です。EUの本部やNATOがある人口100万人の国際都市です。大きな街なので駆け足で紹介出来るのはほんの一部ですが、ご容赦を。

 まずはヴィクトル・ユゴーが「世界一美しい広場」と讃えたグランプラス。ユゴーはフランスから亡命してきた時に、実際にこの広場の「王の家」と呼ばれる建物の右側の建物あたりに住み、広場を眺めながら執筆活動をしていたそうです。

P4118340_4

中央にあるとがった塔のあるのが王の家。実際に王が住んだことはなく、現在は市立博物館になっています。見はしなかったのですが、ここにはあの小便小僧の衣装コレクションもあるそうです。

P4118333_2

 四方をギルドハウスが取り囲む110m×70mの長方形の大広間。以前は木造建築だったのが、ルイ14世のフランス軍の攻撃でほとんどが破壊された時、各同業組合(ギルド)が数年で現在のような石造建築に生まれ変わらせたというエピソードが伝わっています。

P4118309_2

 絵描きさんたちの集団が広場で自分たちの絵を売っています。まだ午前中なので観光客も少なく、ちょっと暇そう。

P4118322

 王の家が広場北側にあるのに対して、南側の中心はこの市庁舎。15世紀のゴシック様式で、塔の高さは83m。ブルージュの鐘楼(88m)より少しだけ低い高さです。

P4118307

 こちらは西側のグループ。建物の高さが統一され、整然とした形を保っていますが、窓の大きさや天井の彫刻群、壁面のレリーフなどそれぞれに特徴を競っているところが、「世界一美しい」といわせる理由なのでしょう。ジャン・コクトーは「絢爛たる劇場」と表現しました。

P4128357

 そうこうしているうちに観光客も続々と増えてきて、広場にあるカフェもまたたく間に一杯になって行きます。

P4118347

 市庁舎の角にはこんなライオンの像が建っていました。

P4118344

市庁舎の角の小路に入ったところにある黄金の像が「セルクラースの像」。1388年に暗殺された町の英雄で、この像を触ると幸福になるという伝説のためにつるつるになっています。ヴェローナのジュリエット像のようなイメージですかね。でも何とも苦しそうな表情で横たわるこの像じゃあ、あまり幸せを連想出来にくいような・・・。ちゃんと触ってきましたけどね。

P4118310

 その裏通りでは、なにやらパントマイムのグループをテレビ局が撮影していました。よく見ると、老人の乗っている台にはヴィンセント・ヴァン・ゴッホと書いてありますね。

P4128366

 グラン・プラス北側、チョコレートのゴディバ本店の横を100mも歩いて行くとギャルリー・サン・チュベールというアーケードの通りに入ります。ヨーロッパでも最も古いガラスの屋根付きアーケードの一つです。ミラノのヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアに比べると高さ、広さなどの規模は小さいのですが、それだけ店と店の間隔が近く、高級ブティックでも入りやすい雰囲気になっています。自然光の柔らかい光が優しく、居心地のよい空間でした。

P4118315

 先ほどのセルクラースの像から南下した所に小便小僧の像があります。とても小さいのでがっかりしないように。1619年の作です。当時はミケランジェロの作品群に見られるように裸の像は特別珍しいわけでもなかったのですが、マスコットだったのでしょう。ある時ルイ15世の兵士が酔って小僧を盗み出して問題となり、王は謝罪の意味で金刺繍入りの宮廷服をプレゼントしました。これがきっかけで、今では何千着という着替えを持つ世界一の衣装持ちの小僧になりました。市立美術館に衣装が保管してあります。ただ、私たちが行った時はなぜか裸でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »