« トリノ サン・カルロ広場と「芸術の光」 | トップページ | トリノ  シンボルタワーは映画博物館 »

トリノ 老舗カフェと大聖堂の聖骸布

Pc149821

 トリノは美しい街並みをそぞろ歩きするのも楽しいが、散歩に疲れたら伝統を誇るしゃれたカフェでゆったりとしたひと時を過ごす楽しみもある。前回紹介したサン・カルロ広場の一角にあるカフェ・トリノは、リソルジメント(イタリア統一運動)の活動家たちがここに集まったカフェだという。遅い午後にアペリチーボ体験のために入ってみた。カクテル1杯と2種類のチケッティ(つまみ)を注文してゆったり。螺旋階段のある豪華な店内ではちょっと気取った客たちがくつろいでいた。

Pc149803

 その前日に入ったのが、1875年創業というカフェ、バラッティ・エ・ミラノ。三日月形をした王室御用達の高級チョコ「バラッティ」はこの店で初めて造られたのだそうだ。内装は重厚な中にも華やかさがあり、店内は人であふれていた。

Pc149807

 どうにか席を見つけて座ったら、隣の家族連れの男の子が、私をじっと見つめている。やはり日本人は珍しいのだろう。「こんにちわ」って挨拶したら、はにかみながらニッコリ。とってもかわいかったので、写真を撮らせてもらった。かわいいでしょう!

Pc149802

 ところで、この店はまたイタリアで初めてトラメッジーノ(サンドウィッチ)を発売した店ということで、腹は空いてなかったが小を頼んでみた。まあ、特別な感想はありません。

P1010063

 もう1軒入ったのが、1763年創業というトリノ最古のカフェ・ビチェリン。こちらはホットチョコレートにコーヒーを混ぜ、泡立てたミルクを注いだ「ビチェリン」というメニューが超有名。もちろんそのビチェリンを注文した。

P1010065

 これがそのビチェリン。甘くてほろ苦くてソフト。人気の訳がわかるような気がした。この大理石のテーブルはなかなかすごいと思ったのだが、後で調べてみたら、私が座った入り口入ってすぐ左の席は、統一イタリア初代首相カヴールがいつも座っていた由緒ある場所だったことがわかった。

Pc129344

 王宮のあるカステッロ広場から西に600mほど行ったコンソラータ聖所記念堂のまん前にある。また、プッチーニの歌劇「ラ・ボエーム」がトリノで初演された1896年、プッチーニはこの近くに住んでいてよくこの店を訪れたという。作品の設定はパリの下町だが、劇に登場するカフェ・モミュスはビチェリンがモデルになったということだ。

P1010077

 その、まん前のコンソラータ聖所記念堂は、外見では想像がつかない豪華な教会で、びっくりしてしまった。

P1010073

 グアリーノ・グアリーニによる楕円形の天井は17世紀の作品。

P1010067

 随所に豪華絢爛なバロック装飾が施されている。

P1010080

 そして、何といってもびっくりしたのがこの銀の聖母子像。私もかなり多くの聖母子像を見たけれども、こんなにギラギラ輝く像は初めて。

P1010052

 トリノの教会で最も有名なのが、大聖堂の聖骸布。キリストが磔になった時、その遺体を包んだ麻布(縦1・1m、横4・3m)のことで、この布にキリストの顔、釘で傷ついた手足、右わき腹の血の跡などがくっきりと映っているということでキリスト教では超一級品の聖遺物になっている。本物は厳重に保管されており、教会内にはその写真が展示されていた。

P1010051

 布には写真でいうネガの状態で跡が付いており、それをポジに直すと、このようにキリストの姿が浮かび上がるというわけだ。永年にわたって真贋論争が続いており、部外者にはよくわかりません。

 でも昨年5月から6月にかけて修復後の初公開があり、数百万人の人が世界中から集まったという話です。

P1010061

 本物はたしかこの奥に保管されていると聞いた記憶が・・・。

|

« トリノ サン・カルロ広場と「芸術の光」 | トップページ | トリノ  シンボルタワーは映画博物館 »

トリノ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

カフェの階段すばらしいですね~♪

何時間でも、のんびりしたくなりそうです!

教会も豪華なつくりですね♪
イタリアを旅したくなる画像ばかりでしたぁ~★

投稿: がーこ | 2011年1月31日 (月) 00時18分

がーこ様

 冬のトリノはやはり晴れる日が少なくて、思い描いた風景が満足に撮れませんでしたが、その分カフェでまったりすることでストレスを解消するケースが多かったです。
 まあ、旅先を見尽くすのではなく、何か残して帰ってくるのも、次の旅へのモチベーションになってよいのかもしれませんね。

投稿: gloriosa | 2011年1月31日 (月) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1035791/38615665

この記事へのトラックバック一覧です: トリノ 老舗カフェと大聖堂の聖骸布:

« トリノ サン・カルロ広場と「芸術の光」 | トップページ | トリノ  シンボルタワーは映画博物館 »