« ヴェローナ ロミオとジュリエットの街 | トップページ | 祈り »

ヴェローナ 隕石落下?

B0001189

 12月にヴェローナに行くと、びっくりするような光景に出会う。何じゃこら?でも、説明は後ほど。

P8100043

 街を取り囲むアディジェ川はアルプスに源を発し、ヴェローナを通ってアドリア海に注ぐ。この街の周りで大きく蛇行する流れがヴェローナに清らかな潤いとアクセントをもたらしている。

P8100045

 ドイツやオーストリアなど北方の国からイタリアに来るためにはアルプスのブレンナー峠を越える。イタリアに入って初めての都市がヴェローナだった。モーツアルトもゲーテもみなこのヴェローナを訪れている。

P8100047

 街の北側にあるピエトラ橋を渡り、テアトロ・ロマーノの丘に昇ると、旧市街を一望できる。この教会はサンジョルジョ・イン・ブライダ教会。大きなクーポラが目印だ。

P8100053

 テアトロ・ロマーノ(ローマ劇場)も紀元1世紀の建造物。アレーナよりは小規模だが夏には劇やバレエなどいろいろな催しがある。この日も夜の行事に向けて舞台を仕上げている最中だった。

P8100049

 丘の上は考古学博物館になっていた。ギリシャ・ローマ時代の彫刻などが陳列されていたが、この彫刻の衣のひだなどは見事なものだった。それで結構時間をかけて見てしまった。

P8110069

 一方、街の西側にあるカステルベッキオは市立美術館として一般公開されている。1400年代の城跡だが、近年修復されている。その修復と改修を行ったのがカルロ・スカルパ。この階段などは中世の石の重厚さとスカルパ特有の軽快な直線を使った手摺のすっきりした意匠が、とてもマッチして心地よかった。

Pc106252

 ここからは別の年に行った冬のヴェローナ。アレーナからはアルプスから続く山並みをこんなに近くに見ることが出来る。

Pc106265

 ブラ広場には100を超すテントのクリスマス市が立ち、市民たちで大賑わいとなる。

Pc116318

 中にはイノシシの肉もジビエ料理の材料としてよく売れていた。頭のはく製は売っていたかどうかは聞くのを忘れてしまった。

Pc116322

 こんな美人のお姉さんも。

Pc116328

 アレーナの外壁が夕陽に染まってオレンジに色づいていた。

Pc106255

 広場の反対側に行ったら、ありゃりゃ、これは何だ!巨大錨?

Pc116374

 日が暮れてライトアップされてようやく正体が判明!これはクリスマス市の時期に恒例となった「流れ星の軌跡」。このライトアップ見たさに周辺の町からも観光客が来るという。確かにこの巨大流れ星は一見の価値はありますね。

Pc116372

 日暮れ時の広場は、なぜか懐かしい香りがした。何の前兆もなく、私は「夕焼け小焼け」の童謡を口ずさんでいた。自分でもビックリ。

 これでヴェローナ編は終了です。来週早々、中欧に出かけますので、1か月ほどブログはお休みします。またイタリアとは違った新しい風景をお届けしたいと思っていますので、少々お待ち下さい。

 

|

« ヴェローナ ロミオとジュリエットの街 | トップページ | 祈り »

ヴェローナ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~♪

流れ星のイルミネーションステキですね♪
直に見たらすごい迫力でしょうね!

中欧気をつけて行ってきてくださいね★

また新しい記事を楽しみにしています!

投稿: がーこ | 2011年2月21日 (月) 01時00分

がーこ様

旅行から帰ってきました。そのとたんにこの大震災で、ちょっとショックです。でも徐々に中欧などの模様をブログにアップして行くつもりです。よろしくお願い致します。

投稿: gloriosa | 2011年3月16日 (水) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1035791/38930261

この記事へのトラックバック一覧です: ヴェローナ 隕石落下?:

« ヴェローナ ロミオとジュリエットの街 | トップページ | 祈り »