« トリノ 歴史的名画のポスターと夕暮れの街 | トップページ | ヴェローナ 野外オペラを見る1 »

トリノ ポー川の風景

Pc129477

 トリノの街はポー川とともに歴史を歩んできた。最終回はそのポー川を中心に街を眺めてみよう。トリノ・ポルタ・ヌオーヴァ駅からヴィットリオ・エマヌエーレⅡ世通りを東に10分も歩けばポー川にぶつかる。アルプスに源を発するこの川はゆったりと流れている。

Pc129461

 川手前にあるヴァレンティーノ公園には、前夜に降った雪が積もっていた。

Pc129475

 川に架かるウンベルトⅠ世橋には女神像が建っている。

Pc129543

 川沿いに北上して行くと、右手に教会が見えてくる。グラン・マードレ・ディ・ディオ教会だ。その入り口では十字架を抱えた聖母が迎えてくれる。ちょうど朝日が昇るところで、聖母の頭から後光が差しているようだった。

Pc129555

 この教会は大きな円形をした瀟洒な建物になっている。

Pc139702

 教会は夜になるとライトアップされ、夕闇に浮かび上がる。

Pc129547

 教会から正面を見ると、手前のヴィットリオ・エマヌエーレⅠ世橋からまっすぐにポー通りの道路が走り、アルプスの山並みが遠くにそびえている。このあたりの通りと橋の名前が似たようなものばかりでややこしい。この橋はナポレオンがこの地を支配中に建設されたのでナポレオン橋とも呼ばれる。サヴォイア家が支配を取り戻した時、「敵が造った橋だから壊してしまえ」という声も上がったが、時の支配者は「毎日ナポレオンを踏みつけていると思えばいいではないか」と存続を決めたという。

Pc129558

 そのややこしい橋に立って下流を眺めた。正面に見えるのが、最初に渡ったウンベルト橋。流れが緩やかだ。

Pc129557

 対岸のビルをきれいに水面に映していた。

Pc129563

 と、なにやらうろこ雲が広がり始めた。冬の北イタリアは天候が変わりやすい。

Pc129572

 その雲を背景にそびえるモーレ・アントネッリアーナの塔とポー通りの街灯が、まるでキスでもするかのように接近中。

Pc129582

 塔の近くにある大学キャンパス近くで、学生のカップルがまるで映画の1シーンのように何事か話し合っていた。

Pc149842

 王宮近くで入った書店。丸い窓が開いていてカステッロ広場が垣間見える。また、雨になってきた。

Pc129457

 一回りしてポルタ・ヌオーバ駅に戻ってきた。ピエモンテ州の中心駅だ。

P1010096

 夜テレビを見ていたら、このところの悪天候でローマのサンタンジェロ橋に観光船が衝突、座礁したというニュースをやっていた。この年の冬は連日のmal tempoで、私もトリノからニースに行く電車が途中雪でストップ、5時間も止まったままで待たされた揚句、一旦トリノに引き返してジェノヴァ経由で丸1日遅れでニースに到着するということもあった。旅にはいろいろなアクシデントがつきものだが、結果的に無事に帰国出来れば、まあ良い思い出になるということかもしれない。

|

« トリノ 歴史的名画のポスターと夕暮れの街 | トップページ | ヴェローナ 野外オペラを見る1 »

トリノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1035791/38745455

この記事へのトラックバック一覧です: トリノ ポー川の風景:

« トリノ 歴史的名画のポスターと夕暮れの街 | トップページ | ヴェローナ 野外オペラを見る1 »