« ルーブル美術館のある風景  内から外から | トップページ | エッフェル塔と日没、アラブ世界研究所屋上から見たノートルダム »

パリを見下ろす モンパルナスタワーから見る市街

P1012189_2


 街を知るには高いところから見晴らすのが一番。それでモンパルナスタワーに昇ってパリの街を見下ろしてみた。このタワーは56階まではエレベーターですっと上がれ、そのさらに上の59階までは歩いて上れる。ここまで来ると高さ210m。パリ市内では最も高いビルです。従って324mのエッフェル塔もそれほど高く感じません。

P1012132


 タワーは南に位置しているので、ここから見下ろすと、パリのおもな名所はだいたい北から西にかけて見つけることが出来ます。北側から見て行きましょう。まずはノートルダム大聖堂。パリ発祥の地シテ島に建っています。1163年着工の、初期ゴシックの代表的建築物です。

P1012181


 まるで建築途中のような大胆なデザインの建物が、ポンピドー芸術文化センター。コンペで、レンゾ・ピアノとリチャード・ロジャースの2人の建築家が選ばれ、1977年に完成しました。20世紀芸術の殿堂となった国立近代美術館が入っています。

P1012117


 手前の大きな教会はサン・シュルピス教会。この教会は知りませんでしたが、上から見るとノートルダム大聖堂にも負けないくらいのスケールを誇っています。大ベストセラー「ダヴィンチ・コード」では、この教会に聖杯のありかを示すキーストーンが隠されていることになっており、本のファンが近年多数訪れているそうです。教会では小説の中身は事実無根としているとか。

P1012131


 タワーのほぼ真下くらいに見える緑地がモンパルナス墓地。サルトルとボーボワール、モーパッサン、ボードレールなど著名人の墓がいろいろあります。

P1012139


 ぽっかりと北に向けて深い溝のように通っている道がレンヌ通り。前回紹介した路線バス95番はここを通ってルーブルに向かいます。通り突き当たり右側の塔はサン・ジェルマン・デ・プレ教会。パリでは珍しいロマネスク様式です。

P1012115


 そのずっと奥(北側)にあるのがサクレ・クール教会。独特の姿はビザンチン様式です。でも、完成は1919年とかなり新しい。

P1012142


 少し西側に目を移すと、コンコルド広場が手前に見えます。エジプトから贈られたオベリスクが目印です。タワーに昇ったのが午後7時ころだったので、かなり建物が西日を浴びて赤みを帯びています。

P1012143


 金色に輝く4つの柱を持つアレクサンドル3世橋が手前、その先にドーム式の屋根を持つグラン・パレが見えます。どちらも1900年のパリ万博の時に建てられたものです。

P1012108


 手前側の金色クーポラはアンヴァリッド、左奥には凱旋門が見えます。

P1012151

 アンヴァリッドは、ルイ14世時代の建物ですが、今ではナポレオンの墓のある場所として有名になりました。軍事博物館も併設されています。

P1012146


 凱旋門はこうして見下ろすと小さく見えますが、ナポレオンの「世界最大の門を造れ」との命令で1806年に着工されたものです。ただ、完成したのは30年後。ナポレオンはそのずっと前に失脚してセント・ヘレナ島に流刑となり、死亡。それから19年も経っての遅すぎた完成でした

P1012170


 長い線路が見えます。はっきりとはしないんですが、多分地下鉄6号線の地上露出部分かと・・・。

P1012185


 やっとエッフェル塔まで回ってきました。その後ろに連なるビル群はラ・ディファンス地区の高層ビルです。新宿副都心を連想させる雰囲気ですね。

|

« ルーブル美術館のある風景  内から外から | トップページ | エッフェル塔と日没、アラブ世界研究所屋上から見たノートルダム »

フランス・パリの風景」カテゴリの記事

コメント

高さ制限は行き届いているけど、
ポンピドーはちょっとね、
芸術・文化?でしょう?!

投稿: Lisa | 2011年11月18日 (金) 23時30分

Lisa様

 そうですね。レンゾ・ピアノの作品でもシャルル・ド・ゴール空港なんかは好きなんですが、ポンピドーはいただけませんね。

投稿: gloriosa | 2011年11月19日 (土) 10時50分

まるで池袋のサンシャイン60の様な外観で、何かと悪者扱いされているイメージの強いモンパルナスタワーですが、ビルからの眺めは最高ですね。
エッフェル塔も良いですが、いつも観光客が多いし、スリや引ったくりが多そうなイメージがあるので、ここなら案外空いていそうな感じがありますが、実際はどうだったのでしょうか?
面白そうですので、一度は行って見たいと思います。

投稿: おざきとしふみ | 2011年11月20日 (日) 18時30分

おざき様

 モンパルナスタワーは、見晴らしは最高ですし屋上は広々としていてくつろげます。ただ、料金が11.5ユーロと、結構高いのが問題。ルーブル美術館(10ユーロ)より高いんですよ。行く時はすっきりと晴れたよい天気の日を選ぶ必要がありますね。

投稿: gloriosa | 2011年11月20日 (日) 22時27分

大好きなパリ。
見てるだけで、ドキドキ
カテゴリーがわかりやすいので、
逃避行しやすいです。ありがとうございます。
また、いつかパリに行くことができたら、
モンパルナスタワーにも、行ってみたですが、
まずギャラリー・ラファイエット、アラブ世界研究所屋上に、
行ってみたいです。

今年も楽しませていただきますね。

投稿: myu | 2013年1月 5日 (土) 21時21分

myu様

 私は高い所大好き人間なので、旅先でも結構上ります。パリの街並みはスカイラインがとてもきれいで、いつも清々しい気持ちになります。アラブ世界研究所屋上は、無料ですし、ノートルダム大聖堂の裏側がきれいに見えて穴場です。お勧めですよ。

投稿: gloriosa | 2013年1月 6日 (日) 17時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パリを見下ろす モンパルナスタワーから見る市街:

« ルーブル美術館のある風景  内から外から | トップページ | エッフェル塔と日没、アラブ世界研究所屋上から見たノートルダム »