« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

ウフィツィ美術館 究極の至宝 ヴィーナスの誕生、春(プリマヴェーラ)

Pc0378741


 昨年暮れ、東京のイタリア文化会館でウフィツィ美術館所蔵の代表的絵画10点を精密に複写した作品展示が行われた。フィレンツェの美術館は写真撮影禁止だが、この催しは撮影OKということで、カメラに収めた。複写といってもかなりの精密さだったので、作品の感触はお伝えできるだろうということで、その写真を使ってウフィツィ美術館の話を進めよう。

最初はボッティチェッリの「春」(プリマヴェーラ)から。

 

 三美神(グラツィア)が楽しげに集い

 美神(ベルタ)は髪を花冠で飾る

 好色な西風(ゼフィロス)は花の女神(フローラ)の後を追い

 緑なす草は花咲き乱れる

 陽気な春の女神(プリマヴェーラ)も欠けてはいない

 彼女は金髪と縮れ毛をそよ風になびかせ

 無数の花々で小さな花冠を結ぶ

 

この詩は、アンジェロ・ポリツィアーノという詩人の作品だ。一読して、思い浮かべる光景は、少しでもルネサンス絵画に関心のある人なら、まさにボッティチェッリの「春」に描かれた場面とそっくりなのに気付くだろう。

Pc037876


 右から美、中央の後ろ向きが貞節、左が愛。三美神とはこの3人だ。愛と貞節は目をそむけているが、この2人を美が取り持つといわれる。薄絹をはおった三美神が華やかな舞いを繰り広げる。

Pc037877


 画面の右側では、西風が森の妖精クロリスに求愛し、クロリスはそれを受けてフローラに変身しようとしている。

Pc037878


 ヴィーナスは、少し奥まった場所に立っているが、その存在感は十分だ。

Pc037879


 そして、彼女らの足元には無数の花々が咲き乱れている。

 

 白、空色、淡黄、紅色、

 草原は花々の美しさで驚くばかり

 ポリツィアーノは、トスカーナ・モンテプルチャーノ出身で、フィレンツェのメディチ家の当主ロレンツォに詩作を教えた。ボッティチェッリもまたロレンツォに可愛がられた画家で、2人とも親交があったとされる。そんな2人の文学と絵画のあふれる才能が融合した時、素晴らしい作品が生まれても不思議はない、と思われる。謎の多い作品といわれるが、率直にその美しさに感動するのもいい。

Pc0378671


 ボッティチェッリのもう一つの代表作品「ヴィーナスの誕生」。ストーリーは左から右に進んで行く。西風ゼフィロスはフローラを抱えたまま、生まれたばかりのヴィーナスに風を送っている。右にいる時の神ホーラーはその風にはためく大きな布を広げて、ヴィーナスを抱きとめようとしている。

 「春」が暗い背景に描かれているのに対して、こちらはすっきりと明るい海上に主役がいる。ヴィーナスはまるで貝の上に浮かんでいるかのように軽やかだ。

Pc037872


 ゼフィロスも浮遊感たっぷり。飛び散るバラはヴィーナスの象徴だ。

Pc037871


 ホーラーの衣服の柔らかさが、清涼感を一層高めている。

Pc037910


 そして、何といってもヴィーナスの透けるような肌合いの見事さ。少し憂いを帯びた表情、風にたなびく髪の奔放さ。どれをとっても他に比べられないほどの圧倒的な質感で、見る者を引きつけずにはいない。

 そして、個人的にはボッティチェッリの美しさは線の美しさなのだろうと思う。女性の姿をくっきりとトレースした輪郭線がヴィーナスを引き立たせている。それもすべて流麗な曲線。美術館のこの絵の前でじっと見ていたら、次第にヴィーナスが画面から浮き出して来る感覚に襲われた。それは、スフマートの手法を使って全く輪郭線を消してしまったダ・ヴィンチのモナリザとは対極にある美の表現法なのだろう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂 ミケランジェロは言った「あれより美しいものは造れません」

P5030230


 フィレンツェといえば一番最初に思い浮かべるのはやはり花の聖母大聖堂(サンタ・マリア・デル・フィオーレ)だろう。高さ100mもの大クーポラを持ち、赤(ピンク)、白、緑の3色の大理石に覆われた、美しくも気高い教会は、常に世界の人々を魅了してきた。

Pc146523


 現在の建物は1296年に着工されたが、設計者アルノルフォ・デイ・カンビオの死や、設計の手直しなどで何度か中断した。特に困難な問題として立ちふさがったのは、巨大な円蓋をどう造ればよいのか。建築開始から100年が経過しても、この技術的問題は解決しなかった。そこでフィレンツェはコンペで設計案を公募した。

P1010104


 このとき手を挙げたのが、サン・ジョヴァンニ洗礼堂の扉コンペで最後まで争ったブルネルスキだ。彼はあのコンペ以後ローマで建築の修行に打ち込み、円蓋を二重構造にして重量を分散するという新しい工法のアイデアを打ち出し、1436年、見事に難問を解決して見せたのだった。

Pc166683


 ただ、正面の装飾、外装、各種補修などの作業は営々と続けられ、正面装飾が現在のような美しい3色の大理石で装われたのは、1887年になってからだった。日本の時代でいえば、鎌倉時代に始まった工事がやっと明治時代になって終了したということになる。

P1010006


 大聖堂の隣りに建つ鐘楼は、1334年にジョットが構想し、1359年に完成している。すっきりしたスマートな姿が清々しい。ここの高さは85m。大聖堂のクーポラは100m。どちらに昇ろうかと迷ったが、鐘楼にした。大聖堂に昇れば、クーポラを見ることが出来ないから。それに、鐘楼の階段は412段。大聖堂の464段に比べて、少しは楽だろうと考えた。

P5010097


 こちらも結構きつかった。日ごろの運動不足がてきめんに表れる。

P5010101


 でも、こうして間近にクーポラを見ることが出来たことで疲れも吹っ飛んだ。

P5010117


 フィレンツェのレンガ色の街が一望。右の広場は、翌日にピッツァを食べた共和国広場。

P5010023


 真下を見ると、やはり結構な高さを感じる。やっと日が差してきた。

P1010142


 下に降りて、正面付近の外装を見た。絹の肌合いを思わせるような滑らかな模様が美しい。こうして見ると、ピンクの大理石がその美を一段とグレードアップさせているようだ。

P1010034


 正面扉のレリーフ。見事な立体感だ。

P1010137


 中に入ると、やたら広い。当時の全市民をも収容可能な空間を、というのがテーマだったこともあり、約3万人が一度に入れる広さだという。(ただし、その空間全体を撮るのを忘れていました)

 私が行ったのはクリスマスシーズンだったので、キリスト誕生のプレゼビオが作られていた。

P1010019


 内部の備品等はほとんど付属の美術館などに移されたため、中はがらんとした感じだが、唯一見ごたえのあるのは、天井画。芸術家列伝の著者として名高いヴァザーリらによる「最後の審判」がクーポラ内部の全面に描かれている。これも修復されてきれいになった。

P1010036


 身廊の長さは153m。巨大さが横から見ても実感できる。

P5010074_2


 天気の良い午後などは、このような人だかりでお祭りのよう。

Pc166686


 こうして完成した大聖堂は、ミケランジェロをも感動させた。後にミケランジェロがローマに呼ばれ、サン・ピエトロ大聖堂の建設をまかされて、時の法王から「フィレンツェに負けない素晴らしいクーポラを」と命じられたものの、彼は「いくら法王様の御依頼でも、私の力をもってしても、あれより美しいものは造れません。フィレンツェの妹を造るベく最善は尽くしますが・・・」と語ったという。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

フィレンツェ美の祝祭1 麗しの我がサン・ジョヴァンニ

P5010074


 今回からしばらくはフィレンツェの美術巡りをしたいと思います。第1回目はサン・ジョヴァンニ洗礼堂です。

 今はフィレンツェの中心と言えばサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂だが、実はその大聖堂よりずっと前から町の中心にあり続けたのが、サン・ジョヴァンニ礼拝堂だった。

P5010090


 そもそも紀元前1世紀に、ローマ人たちがアルノ川沿いに新しい都市を建設する際、軍神マルスに捧げる神殿を建設したのが、この場所だった。5世紀にはキリスト教の教会として建築され、現在のようなロマネスク様式の建物となったのは1059年のことだ。

 都市として発展し、より大きな教会を、と新しい教会が出来たのが1128年。これが現在の大聖堂となり、これまでの教会は洗礼堂に衣替えしたというわけだ。

P5010138


 この洗礼堂が美術史の舞台に登場したのが1401年の「北の扉のコンペ」だ(写真手前・洗礼堂左側に見える扉が北の扉)。世界の美術史上初めてというコンペによって、新進彫刻家たちの腕が競われた。それは、自由な芸術の振興というルネサンスの幕開けを予感させる1つのエポックだった。テーマは聖書にある「イサクの犠牲」をどう表現するか。最終審査にまで残ったのが、ブルネルスキとギベルティの2人。

P1010049


 その作品は現在、バルジェッロ博物館に保管されている。右がブルネルスキ、左がギベルティの作品だ。ダイナミックに仕上げたブルネルスキと落ち着いた風格を漂わすギベルティと、甲乙つけがたく、結局共同制作となったが、ブルネルスキはそれを嫌って辞退した。彼はその後ローマに旅立ち、建築の修業を積んだ末、後にあの大聖堂の大クーポラを完成させるというドラマが用意されていた。

P5010025


 一方、ギベルティは北の扉を完成させた後、新たな構想に基づいて現在の東の扉を製作した。これは、ミケランジェロが「天国の門」と称賛したことでもよく知られている。扉は10の区画に仕切られ、これもまた聖書の世界が描かれている。

P5010027


 そのうちの1つ、「ヨゼフと兄弟たち」。扉のレリーフというより、もう完全な彫刻だ。人間たちが3Dのようにボンボン画面から飛び出している。

P5010082


 そうした外観も素晴らしいが、個人的には洗礼堂内部にある天井のモザイク画に圧倒された。

P5010086

天窓を囲むように14人の天使が配置されている。

P5010075_5


 その1段下には大きな円形の中で両手を差し出すキリストが描かれ、周囲には天地創造を始めとした新旧の聖書の物語がきらびやかに展開している。

P5010078


 このモザイクは13世紀後半に制作された。サンマルコ大聖堂のモザイク画を仕上げた伝統を持つヴェネツィアから職人が呼ばれたが、チマブーエらフィレンツェの人たちも参加したという。

P8222838


 天井を見上げているうちに、黄金のきらめきに体中が包み込まれていくような、幸せな錯覚を味わえる瞬間があった。それは、降り注ぐ黄金の雨に満たされたダナエを描いたクリムトの作品を連想させるひとときでもあった。

P8222825


 詩人ダンテはその代表作「神曲」の中でこの洗礼堂を、「麗しの我がサン・ジョヴァンニ」と讃えた。

 彼はこの洗礼堂で洗礼を受け、この街で成長した。しかし、当時のフィレンツエは皇帝派と教皇派の抗争、さらに彼が属していた教皇派の内部抗争がもつれて、フィレンツェ追放を宣告され、流浪の旅に出ざるを得なくなった。その旅先で書かれたのが神曲だった。

P5020167


 2度と帰ることの出来なかった故郷。それでも、愛してやまなかったのが、故郷に建つ、このサン・ジョヴァンニ洗礼堂だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

災難の鐘が平和を告げた時  トリエステの教会

P3013604


 滞在最終日、バスで丘の上にあるサン・ジュスト聖堂に向かった。元々はローマ時代からあった建物が、中世にロマネスク様式の2つの教会になり、14世紀にゴシック様式で合体されて現在の形になったという。大きな薔薇窓が目を引く。

P3013584


 入口付近にあったピエタの像が、生々しいキリストの死と側近の哀しみを劇的に表現して印象的。

P30135951


 この教会の一番の見どころは、後陣左礼拝堂のモザイクだ。半円形の礼拝堂の壁に、聖母がイエスを抱いてたたずんでいる。しっかりと前を向き、悩める人々をしっかりと受け止めてくれそうな大きな愛の姿。そんな聖母の両脇に控えるのが大天使ミカエルとガブリエルだ。見方を変えれば、この構図は水戸黄門と助さん角さんのスタイルにも見えてきた。

P3013598


 普段は暗い場所だが、1ユーロを照明台に入れると、聖母像が黄金色に輝いた。

 この聖堂には市民の信仰の深さを表わすこんなエピソードがあった。1421年に聖堂に雷が落ち、火事になった。高台のため消火用の水が不足したが、市民たちは街中のワインをかき集めて見事消火に成功したという。だけど、別の見方をすれば、 火事を消すほどのワインがあるなんて、市民が相当の酒好きだったという証明かも。

P3013586

 もう一つの礼拝堂には、原型の断片から発想を得て創作したという、グイド・カドリン1932年作の新しいモザイクがあった。

P30136041


 ここにある鐘楼は、時を告げることの他に、外部からの攻撃を市民に知らせるという悲しい使命を背負ったいたこともあった。鐘は不幸を告げる音色を響かせていたわけだが、とても幸せな鐘が鳴った時があった。

 それは、1954年10月26日。紆余曲折を経て国連信託領から最終的にイタリアに再統一された日に、流浪の旅の終わりを告げる鐘が、高らかに鳴らされたのだった。

P3013606


 聖堂の横、カテドラーレ広場にある巨大な像は、1934年に製作された戦没者慰霊碑だという。この上のサン・ジュスト城からは市街が一望できるのだが、ちょうど修復中で上れなかった。

P3013613


 大運河の奥にあるサンタントニオ教会は、すっきりした空間を持っていた。

P3013614


 中央祭壇の天使のレリーフが、さりげなく美しい。

P3013620


 掲げられた絵も美しい。

P3013568


 その隣にあったセルビア正教会の聖堂。青い5つのドームを持つこの聖堂はベオグラード大司教の管轄下にあるという。すぐ近くにスロベニアとの国境が迫っており、そちらからトリエステの会社に通っている異国人もいるという、国境の街らしい佇まいだ。

P2283550


 海岸に出ると、こんな像があった。お針子さんの像だそうだ。「イタリア復帰を祝って万国旗を縫う女性の像」。こんな庶民の像があるのもトリエステらしい。

B0000181


 すぐ横には旗を掲げる戦士の像。とにかくこの街はいろんな像と対面できる。

B0000231


 最後にささやかなイルミネーションを。訪れたのが冬だったので、こんな通りの装飾に出会った。

B0000240


 日本のイルミネーションはかなり派手なものが増えているが、イタリアは大きな都市でもあまり豪華なものはお目にかからない。クリスマスに対する意識の違いなのかも知れない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カフェ文化と文化人たちの言葉 トリエステ

P2283560


 オーストリア帝国の支配下にあったトリエステは、ウイーンのようなカフェ文化が花開いた。伝統は今もなお「カフェ・ストリコ」(歴史的カフェ)として残っている。その一つ、イタリア統一広場のすぐ近くにあるカフェ・トンマーゼオに入った。

P2283559


 カフェを頼むと、コーヒーはもちろん、生クリーム、スプーン、コップ入りの水、キャンディがセットで出されてくる。まさにウイーンの老舗カフェそっくり。イタリアではどこのレストランでも水は有料で、無条件で出されることはないので、このセットだけで感激してしまう。

P2283557


 ゆったりと落ち着いた雰囲気のこのカフェは、1830年開業で、200年近い歴史を持っている。この日はあまり良くない天候だったせいもあってか、店内はとても静かだった。

P2283513


 19世紀半ばには、もともとのイタリアの土地をイタリアに復帰させようという運動が、このカフェに集う文化人らによって沸き起こった。そのことを伝えるプレートが、建物の外壁に張られていた。

「1848年 このカフェがナショナリズム運動の中心となって 自由に向けての共感の火がともされた」

P30136312


 また、別の日に、少し山の手のバッティスティ通りにあるカフェ・サンマルコにも立ち寄った。店に入ると、その暗さに一瞬足が止まる。入口部分にだけ点灯されたシャンデリアは、そうした内外の明度の違いを緩和するための配慮だろうか。目が慣れてくると、今度は室内のアール・ヌーヴォー風のインテリアに引き付けられる。例のカフェセット、金髪のカメリエーレ、落ち着いた雰囲気。ここはウイーンかと勘違いしてしまうひとときだった。

P2283562


 サンマルコには詩人ウンベルト・サーバもよく通ったという。そのサーバが経営していたダンテ通りの古書店に足を向けた。今は「ウンベルト・サーバ書店」として営業していたが、あいにく休業日。

P2283563


 ただし、すぐその近くに銅像が立っていた。今にも語りかけてきそうなごく自然な散歩姿。親しみやすい像だった。

P22835651


 碑文にはこう書いてあった。「岩の多い山ときらめく海に挟まれた美しい街があった」

P3013570_4


 この街には別の像も立っている。大運河に架かるローマ通りの橋には、帽子をかぶった紳士がいた。ジェームス・ジョイスだ。

P3013574


 イギリス人のジェームスは英語教師としてこの土地を訪れた。故郷ダブリンにも似た運河の風景を愛した彼はこの近くのアパートに10年間住んだという。その間、彼の代表作「ユリシーズ」の一部も執筆している。

P3013571


 碑文の文章は「わが魂は、トリエステに在り」

P2283531


 もう一つの像には、統一広場から西に入った通りで出会った。この時は日が隠れて風が出てきた午後の時間帯で、人通りが途絶えていた。老紳士らしき後ろ姿を見つけたが、動く気配がない。

P2283535


 近づいてみて初めて銅像だとわかった。イタロ・ズヴェーヴォ。トリエステ生まれの国民的作家で、「トリエステの謝肉祭」などの作品が有名だそうだ。都市によくある銅像は、たいてい威風堂々として周囲を威嚇するかのようなものが多いが、この街では周囲の風景に溶け込んだ何気ない姿をしているのが心地よい。

P2283534


 ここの碑文はちょっと訳すのが難しかったが「人生は辛いものでも素晴らしいものでもない ただ独創的なものだ」といった感じです。

P2283540


 その通りを真っ直ぐ西に進むと、ラザレット・ヴェッキオ通りがある。ラザレットとは、かつて伝染病患者などを収容する施設を指していた言葉。つまりここは「古い伝染病患者収容所通り」といった近づき難い名前になる。そこにサーバの詩の一部が掲示されていると聞いて訪れた。

P2283537


 それは通りの角に掲げられてあった。

 トリエステには

 閉ざされた悲しみの長い日々に

 自分を映してみる道がある

 ラザレット ヴェッキオという名の

すぐ前のバルでもう一杯カフェを頼んだ。店の横を通る老人と、ふと目が合った。目じりに刻まれた深いしわ。

それが彼の年輪とするならば、被支配の長い年月によって刻まれたトリエステの年輪とは、何だろうか。

決して主役にはなりえなかった歴史の中で、悲しみを心の奥に閉じ込めて生きてきた長い時間の怨念が、海も見えず、山にも登りきれない、この狭間の通りから立ちあがってくるかのような瞬間が、あった。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

イタリア統一広場のライトアップ トリエステ

2004_0101_000000p10185561


 この街の中心地ウニタ・ディタリア広場を見てみよう。日本語に直せばイタリア統一広場となる。でも、この広場の造成はオーストリア支配時代だ。中央奥に市庁舎があり、向かって左側には県庁(州庁舎)、右側にはロイド・トリエスティーノ館などの壮麗な建築群が並ぶ。

B0000344


 県庁舎の壁面は金色の装飾がなされている。

B0000346


 夕方になると、西日を浴びて見事にキラキラと光を放つ。

P2283522


 中央のバルコニーは、第二次世界大戦時にはムッソリーニがここで演説をした場所でもある。

P2283525


 非常に広いゆったりした空間を持つ広場で、地元の市民に言わせると、ここは「海に面した広場としてはヨーロッパ最大級」とのことだ。

P2283526


 市庁舎付近には4大陸を表わす彫刻の噴水が置かれている。

P2283528


 そのてっぺんの人はなぜか飛んでいた。

B0000247


 この広場の最大の魅力は何と言ってもライトアップの美しさだ。日没になると、建物に光が当てられる。

B0000248


 市庁舎が浮かび上がってきた。

B0000237


 広場全体が夜のブルーモメントに包まれ始める。

2004_0101_000000p1018520


 ここはライティングの仕方が光を下側から上に向かって当てているせいか、より立体的に見えてくる。

2004_0101_000000p1018531


 空の色もとても澄み切っている。

2004_0101_000000p1018535


 というのは、この夜も非常に強い風「ボーラ」が吹き出していた。

2004_0101_000000p1018513


 従って広場にはほとんど人はおらず、風に飛ばされそうなものはすべてしまわれていた。そのために写真からはあまり現実感はないのだが、大人の人間の体でも飛ばされそうになるほどの状態だった。わずかに、市庁舎屋上のイタリア国旗がすべて振り切れるほどにはためいているのが、お分かりになるだろうか。

2004_0101_000000p1018562


 イタリア人と結婚してイタリアに住んだ作家須賀敦子さんは、その著書「ミラノ霧の風景」で、ボーラをこんな風に書いている。

 「トリエステにはボーラという北風が吹く。夫はその風のことをなぜか懐かしそうに話した。瞬間風速何十メートルというよう突風が海から吹きあげてくるので、坂道には手すりが付いていて、風の日には吹き飛ばされないようにそれにつかまって歩くのだという。君なんかひとたまりもない。吹っ飛ばされるよ。と、夫はおかしそうに笑った」。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

多くの悲哀と美しさ トリエステ 

2004_0101_000000p1018470


 「多くの悲哀と美しさを、空と、街に持つトリエステ」。詩人ウンベルト・サーバは、自らの故郷であるトリエステを、こう表現した。

2004_0101_000000p1018482

 トリエステは、イタリアの中でも特異な位置を占める都市だ。イタリアに属しているのに、その場所はイタリア半島ではなく、まさにヨーロッパ大陸にある。

B0000282


 それ故に、アドリア海に沈む夕陽を見ることのできる、ごく稀なイタリア、ということになる。

2004_0101_000000p1018479


 歴史をひも解いてみれば、ビザンチン帝国、東ゴート王国、フランク王国、ヴェネツィア共和国、オーストリア帝国と、いくつもの国家によって支配される歴史が続いた。特にオーストリアによる500年を越す長期支配によって、この都市の原型が形成されたといえるだろう。

B0000348


 その後も、ナポレオンの征服、ナチスドイツの侵略、ユーゴスラビアによる統治などが繰り返された。イタリアの国家統一は1861年。昨年はその150周年ということで盛大な祝賀行事が行われたが、トリエステに関しては、イタリアに編入されたのは第二次世界大戦後の1954年と、実にその93年も後のことだった。

B0000343


 でも、街を歩くと、よく整備された美しい街並みがそこにある。鉄道駅から中心部に向かって行くと、碁盤の目のような通りにさしかかる。ボルゴ・テレジアと呼ばれる地区だ。

B0000209


 以前は塩田だった場所をハプスブルクのカール6世が埋め立てを始め、その後マリア・テレジアの時代にもオーストリア風の近代建築建設が進められた地区だ。

P2283521


 ハプスブルク帝国時代の末期、1913年の統計によれば、トリエステの人口は24万7千人。これは、同帝国首都のウイーン、現在はハンガリーの首都になっているブダペスト、チェコの現首都プラハに次いで同帝国4番目の大都市だった。

B0000173


 ハプスブルク帝国は広大な領地を持つ大国だったが、内陸に面していたため、トリエステが唯一の直轄港だった。従って他国との海を隔てた交易はトリエステを経由して行われていた。

P2283509


 その効率化のために、街の中心部には大運河が造成され、都市は繁栄を極めた

B0000263_2


 しかし、ハプスブルクの滅亡後、ヨーロッパの列強の駆け引きの道具として利用されたトリエステは、イタリア復帰も大幅に遅れた。しかも、待望の復帰を果たしたイタリアだったが、港だらけのイタリアでは地政学上の利点も失われ、辺境の1都市に過ぎなくなってしまった。

B0000272


 「多くの悲哀と美しさ」  

 そういえば、イタリア語では「triste」は「悲しい」という形容詞だ。嵐のような歴史を振り返る時、そんな言葉と1字しか違わない酷似した地名を持ってしまった都市「trieste」は、悲しみを背負う宿命にあったのかとさえ、感じてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒川神社初詣 ねぶた出現

P1012560


 2日、寒川神社に初詣に行ってきました。例年明治神宮へ行くのが我が家の慣例でしたが、今年はあえて場所を変えてみました。というのは、この神社では門の上に武者絵のねぶたを飾っていると聞いたからです。

P1012453


 寒川神社は神奈川県寒川町にあります。小田急線で厚木まで行き、そこからJR相模線に乗り換えて行きます。この相模線は今でも単線で、上りも下りも同じレールを走っていました。なんか懐かしい感じです。神社の入り口の太鼓橋は新しいのか、金の取っ手がピカピカ。

P1012463


 参道を歩いて行くと、神門が見えてきました。確かにねぶた絵が飾られています。上部に3匹の龍と武者、門柱に2匹の龍がいます。

P1012418


 まずはお参り。本殿は神門の後方にあります。3が日で約40万人が参拝したそうです。

P1012429


 本殿の横にはおみくじを奉納する棚があります。

P1012438


 絵馬の奉納所もありました。でもここはちょっと変わっていて、厄払いのために、「厄」と書かれた絵馬をさかさまに吊るすスペースが。「厄を落とす」という意味だそうです。

P1012447


 ちょっと外れた場所にはこんな六地蔵もひっそりと立っています。

P1012472


 ねぶたに戻りましょう。武者のアップ。

P1012469


 その下側には2匹の龍が向かい合っています。

P1012522


 龍はもちろん今年の干支。この神社では2001年から毎年干支にちなんだねぶたを青森の作家に依頼して飾っているとのことです。

P1012502


 そうこうしているうちに夕方になってきました。

P1012507


 雲がピンクです。この日は晴れてはいたものの北風が冷たかった。

P1012556


 わずかに西の空が赤くなりかかっています。

P1012530


 このねぶたは幅8・5m、高さ2・25m。昨年、青森ねぶた大賞を受賞した青森の作家が作成したものです。

P1012553


 門柱に巻きついた龍の迫力も凄かった。

P1012576


 日が沈み、濃いブルーの空をバックにして輝くねぶたの姿は、なかなかに美しい風景でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

イタリア最果ての街 トリエステ  血の色の海

P2283529

 新年明けましておめでとうございます。

 今年もブログ「イタリアの誘惑」をよろしくお願い致します。

昨年はタイトルとは裏腹にイタリアではない所ばかり掲載してしまいましたが、今年は原点に戻ってイタリアから出発することにいたします。第一回目はトリエステです。

Pb295299

 トリエステに着いたのは、爽やかに晴れ渡った午後だった

 ホテルのチェックインを終えるとすぐ 海に向かった

 
 3階の部屋から垣間見えた 海の切れ端

 それが 通りを一つ越えた途端に

 青いカーテンのように ふんわりと目の前に広がった

P2283514


 アドリア海に突き出た一本の長い埠頭

 季節はもう冬だというのに

 コートどころか セーターさえも脱ぎたくなるような

 暖かさが 港を包んでいる

Pb305349


 老人夫婦 家族連れ 若者たち

 さまざまな人たちが この埠頭を目指して集まってくる

Pb305364


 店があるわけではない イベントが開かれるわけでもない 

 あるのは海だけ

 そんな場所に 世代を超えて続々と人が集まってくるのだ

B0000168


 モーロ・アウダーチェ

「勇者の埠頭」と名付けられた場所

Pb305360


 その勇ましい名前とは裏腹に 

 集う人たちの眼差しは 慈しみに満ちている

Pb305343


 まだ10代と思える 旅の途中の女性が

 釣り糸を垂れていた老人に尋ねた

 「この海の向こうには 何があるんでしょうか」

 「海の向こうかい?向こうにあるのは イタリアだよ」

P3013580


 トリエステはイタリア

 しかし 街の玄関口 駅前にあるのは

 ハプスブルク帝国の女帝だったエリザベートの銅像

 角の土産物店では モーツアルト・チョコが売られている

Caffepb305330


 文士たちが通ったという老舗のカフェは 

 アール・ヌーボーの香りで満たされていた

 

 第一次世界大戦までは 長期にわたってオーストリアの土地だった

 当時は内陸の国唯一の港湾都市として

 ゆるぎない地位を築いていた

 が 港だらけのイタリアに復帰したとたん

 その存在価値は 辺境の一都市に落ち込んだ

 

 過去の歴史に対する強い郷愁と

 ほのかにくすぶる憎悪

 今の 置かれた立場への 心のゆらぎ

 そんなエトランゼとしてのイタリアが

 ここに漂っているかに思える

Pb305377


 青かった海が 次第に

 オレンジ色に染められて行くにつれ

 人々は寡黙になっていく

Pb305372


 視界の先にあるのは アドリア海に沈みゆく太陽

 潮騒のリズムに合わせて きらめく光の粒が波頭に広がり

 黄昏の世界は 急速に赤みを増して焼けつく

 何という色だろうか

 脳裏には一つの言葉しか 浮かばなかった

 「血の色の海」

Pb305380


 哀しいまでに美しい 光の変化を

 常に見続けて生きる人は

 心に何を宿すのだろうか

Pb305468


 すっかり日が沈み 宿に向かって歩くうちに

 運河にぶつかった

 ヴェネツィアとは一味違った 真っ直ぐに延びる運河

 その突き当たりに建つ サンタントニオ教会が

 黄金の衣をまとって闇に浮かび上がる

Pb305459


 夜とはいっても まだ8時を過ぎたばかりなのに

 街路を歩く人の姿が とても少ない

 その分だけ 石畳を踏みしめる靴音が

 乾いて響く気がする

 風が出てきた それも急に勢いを増し

 ボタンをはずしていたコートが

 引きちぎられるかのように 翻った 

 夕方までの暖気はどこに行ったのだろうか

 刺すような冷たさが 街を吹き過ぎる

 

 交差点で信号待ちしていた女性に聞いてみた

 「これがボーラという風でしょうか?」

 冬のトリエステに吹き荒れるという

 季節風のことを思い出したからだ

 女性はかすかに笑みを含んで 首を横に振った

 

 代わりに ハンチングの良く似合う 老紳士が答えてくれた

 「ボーラはね。こんなもんじゃあないよ

 ボーラが吹いたら あんたなんか飛ばされてしまうよ」

Pb305466


 「ブオナ ノッテ」

 別れ際の紳士のしわがれ声が

 風に乗って 闇に舞った

 

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »