« カフェ文化と文化人たちの言葉 トリエステ | トップページ | フィレンツェ美の祝祭1 麗しの我がサン・ジョヴァンニ »

災難の鐘が平和を告げた時  トリエステの教会

P3013604


 滞在最終日、バスで丘の上にあるサン・ジュスト聖堂に向かった。元々はローマ時代からあった建物が、中世にロマネスク様式の2つの教会になり、14世紀にゴシック様式で合体されて現在の形になったという。大きな薔薇窓が目を引く。

P3013584


 入口付近にあったピエタの像が、生々しいキリストの死と側近の哀しみを劇的に表現して印象的。

P30135951


 この教会の一番の見どころは、後陣左礼拝堂のモザイクだ。半円形の礼拝堂の壁に、聖母がイエスを抱いてたたずんでいる。しっかりと前を向き、悩める人々をしっかりと受け止めてくれそうな大きな愛の姿。そんな聖母の両脇に控えるのが大天使ミカエルとガブリエルだ。見方を変えれば、この構図は水戸黄門と助さん角さんのスタイルにも見えてきた。

P3013598


 普段は暗い場所だが、1ユーロを照明台に入れると、聖母像が黄金色に輝いた。

 この聖堂には市民の信仰の深さを表わすこんなエピソードがあった。1421年に聖堂に雷が落ち、火事になった。高台のため消火用の水が不足したが、市民たちは街中のワインをかき集めて見事消火に成功したという。だけど、別の見方をすれば、 火事を消すほどのワインがあるなんて、市民が相当の酒好きだったという証明かも。

P3013586

 もう一つの礼拝堂には、原型の断片から発想を得て創作したという、グイド・カドリン1932年作の新しいモザイクがあった。

P30136041


 ここにある鐘楼は、時を告げることの他に、外部からの攻撃を市民に知らせるという悲しい使命を背負ったいたこともあった。鐘は不幸を告げる音色を響かせていたわけだが、とても幸せな鐘が鳴った時があった。

 それは、1954年10月26日。紆余曲折を経て国連信託領から最終的にイタリアに再統一された日に、流浪の旅の終わりを告げる鐘が、高らかに鳴らされたのだった。

P3013606


 聖堂の横、カテドラーレ広場にある巨大な像は、1934年に製作された戦没者慰霊碑だという。この上のサン・ジュスト城からは市街が一望できるのだが、ちょうど修復中で上れなかった。

P3013613


 大運河の奥にあるサンタントニオ教会は、すっきりした空間を持っていた。

P3013614


 中央祭壇の天使のレリーフが、さりげなく美しい。

P3013620


 掲げられた絵も美しい。

P3013568


 その隣にあったセルビア正教会の聖堂。青い5つのドームを持つこの聖堂はベオグラード大司教の管轄下にあるという。すぐ近くにスロベニアとの国境が迫っており、そちらからトリエステの会社に通っている異国人もいるという、国境の街らしい佇まいだ。

P2283550


 海岸に出ると、こんな像があった。お針子さんの像だそうだ。「イタリア復帰を祝って万国旗を縫う女性の像」。こんな庶民の像があるのもトリエステらしい。

B0000181


 すぐ横には旗を掲げる戦士の像。とにかくこの街はいろんな像と対面できる。

B0000231


 最後にささやかなイルミネーションを。訪れたのが冬だったので、こんな通りの装飾に出会った。

B0000240


 日本のイルミネーションはかなり派手なものが増えているが、イタリアは大きな都市でもあまり豪華なものはお目にかからない。クリスマスに対する意識の違いなのかも知れない。

|

« カフェ文化と文化人たちの言葉 トリエステ | トップページ | フィレンツェ美の祝祭1 麗しの我がサン・ジョヴァンニ »

トリエステ」カテゴリの記事

コメント

クリスマスと言うと、ドイツやオーストリアやフランスでも、ストラスブールの様なドイツに近いエリアや、スイスのドイツ語圏の様なドイツ文化圏だと、クリスマス市が町の広場で開催していて、クリスマス関連商品や屋台での飲食物が売られ、子供から大人まで集まってとても華やかなで賑やかな印象がありますが、イタリアの方はそんなに賑やかな印象はありませんね。お祭好きで陽気なイタリア人にしては珍しく、クリスマスは静かに過ごすのでしょうか・・・ゲルマン民族とラテン民族、カトリックとプロテスタント、陽気で明るく楽天的か、質実剛健で真面目で現実的か、等の違いは有ると思いますが、ヨーロッパの国々でもクリスマス一つとっても、祝い方には違いがあるのが興味深いです。

それにしてもトリエステの街ですけど、難しい過去を背負った街だったとは、知りませんでした。

投稿: おざきとしふみ | 2012年1月21日 (土) 11時37分

おざき様

 イタリア人は陽気な人たちが多いのに、クリスマスに関してはとても厳粛な雰囲気が感じられます。やはりカトリック本家のおひざ元という歴史的背景があるのでしょうか。

投稿: gloriosa | 2012年1月22日 (日) 19時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1035791/43788378

この記事へのトラックバック一覧です: 災難の鐘が平和を告げた時  トリエステの教会:

« カフェ文化と文化人たちの言葉 トリエステ | トップページ | フィレンツェ美の祝祭1 麗しの我がサン・ジョヴァンニ »