« モンタニャーナの夜景ファンタジア | トップページ | 私にとってのティエポロは! 大司教館博物館・プリタ礼拝堂 »

ティエポロを訪ねてウーディネへ~リベルタ広場

P4133938


 アルプス連峰の一角ドロミテの山々がそびえている。ここはイタリア最北の州フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州の都市ウーディネ。ジャンバティスタ・ティエポロに会うためにこの街にやってきた。

P4127657


 ホテルに荷物を置いて、まずは街の中心地リベルタ広場に出かけた。モンタニャーナではあんなに濃い霧に包まれていたのがうそのように、ここは柔らかな春の陽光が降り注いでいた。広場は、中心にルネサンス風の柱廊が広がっている。サン・ジョヴァンニの柱廊だ。

P4127650


 その中央に突き出している時計塔の屋根の上には、鐘を突く一対のムーア人像が立っている。

P4127656


 こん棒を持った巨人はヘラクレス。その後方に有翼のライオン像が柱の上に乗っている。こう見てくると、何かデジャヴ状態になる。時計塔の文字盤とムーア人像、ライオン像など、どれもこれもまさにヴェネツィアのサンマルコ広場をここに再現したかのようだ。

P4127663


 それも無理はない。この地は15世紀からヴェネツィア共和国の領土として長い歴史を刻んできた。ただ、ローマ時代からの独自の歴史を全く失ってしまったわけでもない。共和国に入る見返りとして自治権を獲得し、自治都市としての発展を続けてきた。

P4127699


 サンマルコ広場にはない噴水があった。

P4133976


 控えめに吹き出ていた水。

P4133972


 広場向かいの建物の壁には堂々とした彫像が何体も。ピクチャレスクな空間だ。

P4147823


 広場を囲む向かい側の建物は市庁舎。自治の担い手たちの本拠地となってきた。

P4127652

 フロント部分は広いロビーとなっている。1456年完成で、設計者の名前を撮ってリオネッロのロッジアと呼ばれている。

P4127643


 このロッジアから、北に延びるメルカート・ヴェッキオ通りを眺める。落ち着いた美しい街並みだ。

P4137743


 壁面には2枚の絵が飾ってあった。楽器を演奏する3人と

P4137742


 聖母子像だ。

P4127648


 アーチ越しに見るリベルタ広場も、何とも言えず清々しい。地元の人たちは「この広場は北イタリアで最も品格のある空間だ」と自慢してやまない。

P4127659


 確かに豪華ではないものの、清楚なすっきりと整備された心地よさが漂っている。

|

« モンタニャーナの夜景ファンタジア | トップページ | 私にとってのティエポロは! 大司教館博物館・プリタ礼拝堂 »

ウーディネ(UDINE・北イタリア)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1035791/47644853

この記事へのトラックバック一覧です: ティエポロを訪ねてウーディネへ~リベルタ広場:

« モンタニャーナの夜景ファンタジア | トップページ | 私にとってのティエポロは! 大司教館博物館・プリタ礼拝堂 »