« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

よさこい2012華麗なる舞いの競演 チーム編4 ダンスカンパニーREIKA組

Pb041045


 チーム編4回目はダンスカンパニーREIKA組です。このチームは“変化(へんげ)”のチーム・・という印象を持っています。まず、コントラストの強い衣装が目を引きますが、今年はピンクの傘が登場しました。晴れた日はそのピンクが一層明るく映えます。

Pa072775


 ところが、突然その明るさが妖しい雰囲気に豹変します。白い般若の群れが出現するからです。

Pa072779


 さっと、空気が冷え込むような緊張感・・・

Pb041064


 般若達は次第に動きを増してきました。

Pa072784


 そして激しい踊りに移って行きます。

Pa072808


 このあたりは風雲急を告げる戦場のよう。

Pa072824


 途中、踊りが静止する瞬間が現れますが、よく見ると後ろ向きの体の上半身が180度回転したような状態で、顔が見えてしまっています。

Pa072825_2


 このチームの母体はジャズダンススクールなので、このようなポーズも群を抜いています。

Pa072827


 まだまだ変化は続きます。ピンクの布が登場し、空中に舞います。華やかさ満開。

Pa072835


 リーダー格の女性たちはしなやかさだけでなく、力強さも備えています。

Pa072846


 他のチームではほとんどが男性の役割である旗振りを、このチームは女性がしっかりとこなしていました。

P7160001


 こうした七変化、八変化の離れ業を見事に披露してくれるのが、このチームの最も際立った特徴ではないかと思われます。

P7169952


 ホームページを拝見すると、ダンススクールは以前からあったようですが、よさこい参加は2008年から。

P7169957


 年間10~15回も各地のイベントに出演して人気を博しています。

P7169971


 来年はどんな“変化”の飛躍を見せてもらえるのか、興味は尽きません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

よさこい2012華麗なる舞いの競演 チーム編3 夜さ来い夏舞輝~乱

P8053354


 チーム編3回目は「夜さ来い夏舞輝~乱」さんです。このチームは今年結成された新しいグループということです。

P8053195


 最初見た時は、相当のキャリアを積んだ老舗のチームと勘違いしました。

P8053196


 なぜなら、一人一人のパフォーマンスの高さがしっかり表現されていて、

P8053197


 ダイナミズムを直に観客にぶつけるパッションがあふれていたからです。

P8053199


 どう見ても初心者集団には不可能な高いレベルに達していると思います。

P8053206


 以前は別のチームなどで経験していた人たちが中心となって結成されたのではないでしょうか。

P8053258


 ジャンプした時でも統一感を失わず、

P8053231 

 着地時の足のスタンスもキッチリそろっています。

P8053233


 激しい動きの中にも、つま先までしっかりと心配りの行き届いた演舞が魅力的です。

P8053275


 それに、表情も美しい。

Pb041378


 広々としたスペースでの路上演舞。さらにダイナミックさが引き立ちます。

Pb041391


 軽々とこんなにジャンプ!

Pb041402


 そんな中でもみんなの本当に楽しそうな表情がうかがえます。

Pb041413


 見ている側も心が浮き立ってきますね。

Pb041855


 埼玉県のチームだそうで、地元を中心に活動しているようですが、

P8032122


 ぜひ、どんどん東京にも進出して、素晴らしいパフォーマンスで楽しませて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よさこい2012華麗なる舞いの競演 チーム編2 しん

P8267920

 チーム編の2回目は「しん」さんです。

P8257588

 このチームの特徴は、とにかく踊りのレベルが圧倒的に高いことです。動画で見ればわかりやすいのですが、静止画でも、このように踊り全体の形がピタリと決まっています。

P8257659

 それも、決してゆったりしたリズムではなく、とても速い動きの中でさえ、整然とフォルムを決めて行きます。

Pa072913

 チームのメンバーは総勢104人ということで、関東のよさこいチームの中では最大規模の編成ですが、相当の鍛錬が積み重なっているのだろうと思われます。

Pa072923

 この写真は池袋で行われた「東京よさこい」の路上演舞ですが、

Pa072924


 ここでは堂々グランプリを獲得しました。

Pa072926


 真正面から見ることが出来れば、動きの変化が一番よくわかるのですが、ファンが多すぎてとてもそんな好位置は空いていません。

Pa072931


 それでも、ダイナミックな踊りの力はお分かり頂けると思います。

Pa072935


 曲目は「島鼓動」。沖縄的なテイストを含んだ独特のメロディが、いつまでも耳に残ります。

Pa072939


 そんな音楽に乗った迫力の演舞は、沿道の観衆を興奮の渦に巻き込んで、

Pa072949


 嵐のように通りを駆け抜けて行きます。その卓越したリズム感と一体感が、見る者を引きつけてやみません。

P8257269

 2010年の設立ですが、その衝撃的なデビューからわずか3年ですっかり関東のよさこいのメジャーチームになってしまいました。

P8257340


 毎年8月に原宿で開かれる「スーパーよさこい」が、その年の新曲披露の場になっているようです。

P8257388


 それだけに、参加するイベントはそう多くないようで、ちょっと残念。

P8267863


 チームのコンセプトは踏まえたうえで、さらに進化して行くその変貌ぶりは、見逃せません。

P8267891


 次回はどんな世界を構築してくるのか、楽しみ一杯のチームです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よさこい2012華麗なる舞いの競演 チーム編1 銀輪舞隊

Pa073013


 今年も昨年に引き続きよさこいのイベントに何度か足を運びました。わずか数分間の踊りに賭ける若者たちの躍動を目の当たりにできる爽快感は得難いものです。そんな躍動のいくつかを紹介したいと思います。

チーム編の第1回目は「銀輪舞隊」です。

 上の写真をご覧ください。彼女の表情が、一つの物事に集中することで生まれるエネルギーのほとばしりを、余すところなく伝えてくれます。

P8268680


 昨年、よさこいに触発されたのも、たまたまこのチーム「銀輪舞隊」の演舞に出会ったことからでした。

P8268532


 ホームページを拝見すると、チーム結成は2006年、今年で6年目のようです。

P8268540


 しかし、今年出場したイベントでは、「東京よさこい」で準グランプリ、札幌の「YOSAKOIそーらん」で敢闘賞など、大半で何かの賞を受賞して、その実力が広く認められています。

P8268549


 このチームの大きな魅力は爆発力ではないかと思います。

P8268707


 どの踊り子さんの目もキラキラ輝いていますし、

P8268730


 常に口からは元気な声が発せられています。

P8257435


 踊りへの集中。それがチーム全体の一体感を生んでいるのでしょう。チームのモットーは「本気でやるから面白い」。その通り、まさに有言実行です。

P8257561


 衣装も毎年新しいものに変えていて、その華やかさも人気の秘訣のようです。

P8256083


 かといって、元気なだけじゃありません。「動」があれば「静」もある。

P8257185
 

 踊りの身のこなしの優雅さも見逃せません。

P8257152


 それも、豊かな表情付きで表現されます。

Pa069915


 時には爽やかな風を思わせ、

P8195178


 また時には灼熱の太陽を連想させる

P8195345


 変幻自在の魅力が一杯です。

Pa073021


 是非来年もまた、素晴らしい演舞で私たちを驚かせて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウーディネには黄昏の青が良く似合う

P4147842


 ウーディネの街には黄昏が良く似合うと。それは、この街が成熟した佇まいを身につけているからだと思う。ナポリのような熱気と混沌はないし、ヴェネツィアのような華やかさと観光客の喧騒もない。かといって南イタリアの田舎町のような過疎の淋しさも感じない。大学を持つ街の程よく若々しいにぎわいと、地域の中心地としての経済的文化的豊かさを併せ持つ余裕が、黄昏に落ち着いた雰囲気を醸し出すのだろう。

P4147830


 家々に明かりが灯る頃、ポルティコにテーブルを出したカフェに人々が集まり出す。

P4147833


 そんな時間帯を狙って、街の中心広場・リベルタ広場に向かった。

P4147834


 このサン・ジョヴァンニの柱廊は、何と緑色の照明に照らされていた。

P4147839


 このような寒色系の照明だと青が一般的だが、緑というのは初めての体験。とてもクールはイメージになる。

P4147835


 一方、向かいにある市庁舎の1階リオネッロの回廊は暖色系・オレンジの照明が灯され、見事に対照的。

P4147837


 その間に立つヘラクレス像は、ちょっと下からのライトを浴びて、筋肉隆々の体が強調されている。

P4147841


 サン・ジョヴァンニの柱廊はカステッロの丘の上まで続いているが、そのルートに沿って石畳の道を上って行く。歩道の入り口の門は、パラーディオの設計。ヴェネツィアのS・G・マッジョーレ教会などを手掛けた16世紀の代表的な建築家だ。

P4147842_2


 坂道にさしかかる。暮れて行く空の青と平行して暖色の灯る柱廊が続く。この場所が最も美しくなる時だ。

P4147848


 歩いて行く道は石畳。この道をパラーディォも歩いたのだろうか。

P4147850


 少し上って下を振り返ると、リベルタ広場の時計塔が、くっきりと空に浮かんでいる。

P4147854


 柱廊の中はこんな具合。壁に施された装飾もライティングでよくわかる。

P4147859


 時計塔屋上の鐘をつくムーア人の2人が、連れだって家路を急ぐ子供たちの姿に見えてきた。

P4147865


 ほぼ坂を上り切った。光で柱の列が強調されて、軽快な音楽のリズムを刻んでいるかのようだ。

P4147870


 さあ、坂を下りよう。柱廊は、刻一刻と空が青味を増して行くこの時間帯のために造られたのかと思うくらいに、見事なコントラストの美を演出してくれる。すれ違ったお嬢さんたちも、わざわざ夕暮れ時を狙ってこの付近を散歩するのだそうだ。

P4147871


 リベルタ広場に戻った時、女神像は鮮やか過ぎるほどの青の世界にくっきりと浮かんでいた。

P4147874


 まもなくこの街ともお別れ。最後にリオネッロの回廊からの街並みをカメラに納めて帰路に着いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルプスの雪山を眺めながらの街歩き

P4133940

 ウーディネはすぐ近くにアルプスの山々がそびえ立っているため、美しい景観を臨める場所でもある。そのビューポイントは1500年代の城跡のある高台カステッロ広場だ。

P4137724

 リベルタ広場から続くサン・ジョヴァンニの柱廊を登って行く。

P4147817


 登るに従って展望が開けてくる。北側の街並みを見下ろすとS・M・デッレ・グラッツィエ教会がみつかる。ここは、イタリア文学の翻訳者でエッセイストの須賀敦子さんが、イタリア人の夫ペッピーノと結婚式を挙げた教会だ。

P4137734


 坂を登り切る頃、カステッロ教会の塔の上にある像が視界に入った。

P4137735


 そして、時計塔の2人のムーア人の像が後ろ姿になって見える。

P4137733


 カステッロの広場に到着した。ここには博物館とレストランなどがあるが、博物館は時間が足りずに今回はパス。

P4133938


 さあ、アルプスの眺望だ。4月中旬だったので、この付近の山では雪はだいぶ溶けてきているようで、頂上部分だけが白くなっていた。

P4133949


 ちょっとアップにすると、やはり雄大な姿が迫力を持って迫ってくる。

P4133942


 かなり急峻な峰が続いていることがよくわかる。この山を越えるとオーストリアだ。そう言えば、ウーディネは一時トリエステなどと共にハプスブルク帝国の領土だったこともある。

P4133951


 西側に目を転ずると、大きなドームを持った教会が目立っていた。これはオザリオ教会。

P4134009


 ホテルへ帰る道筋だったので、後刻寄ってみたら、こんなステンドグラスがどんと据えられてあった。

P4137730


 また、近くの建物の屋上には風力計のような設備に馬の形をした飾りが付いていた。天を駆け上っているようで、なかなかいい感じ。

P4133998


 カステッロ広場を降りて、もう一つの大きな広場マッティオッティ広場を通りがかった。テラスのカフェではおじさんたちが何やら議論中。

P4133999


 この広場に建つサン・ジャコモ教会は、屋根部分に聖人たちの像が並んで、一見バチカンのサン・ピエトロ大聖堂の屋根を思い起こさせる。

P4134004


 近くの宝飾店でウインドウを掃除していた店員さん。イタリアではどこの街に行っても男女を問わずメタボ状態の体型が目立っていたのだが、ウーディネに関しては全くと言っていいほどおデブさんは見かけなかった。この人に限らず、特に若い女性などはスタイル抜群の人がとても多かった。食生活や自己管理がしっかりしているのだろうか。

P4134008


 ホテルに帰る途中の交差点で、赤ちゃんを挟んで談笑していた家族(?)。ほのぼのと優しい気持ちにさせられた。

P4127673


 そんな市民たちを見守るかのように、ひっそりと建物の角で祈りを捧げる聖人像。宗教が街に溶け込んでいることを実感する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大聖堂の天井に天使が舞い飛ぶ・ウーディネ

P4127702


 プリタ礼拝堂の隣りに、大聖堂がある。ここは天使の舞う空間だった。

P4127668


 この大聖堂は14世紀にゴシック様式で建てられ、18世紀になって修復がなされた。といってもフランスの巨大なゴシック大聖堂のような周囲を威圧する建築ではなく、割とこじんまりしている。

P4127671


 広場に置かれた花も優しい。

P4127717


 中に入って、思わず「おおっ」と声を漏らしてしまった。主祭壇につながる中央の天井が輝いていて、そこに何かが描かれている。

P4127718


 近づいてよく見ると、描かれているのは天使たち。それも本来の天井だけではなく、さらに付け足された飾り天井がいくつもあり、そのあちこちで天使が飛び回っている。

P4133983


 ここは建物の内部としてではなく、天上に通じる仮想世界として存在する空間になっているように思える。

P4133979


 そして、その中心の彼方にはキリストの待つ別世界がのぞいている。

P4137770

 描いたのはやはりジャンバティスタ・ティエポロ。18世紀イタリアを代表する画家だ。奔放な天使たちが、鳴り響く楽園の調べに乗って舞っているかのように錯覚させる。

P4127711


 右わきの礼拝堂にも天使たちが沢山。

P4137765


 少しアップにしてみよう。どの姿も全く体重を感じさせない。

P4137766


 不思議な妖精のような天使たち。

P4137767


 それに、奇妙に喜怒哀楽の感情が読み取れない。

P4127719


 主祭壇の中心には聖母子像が飾られてあった。

P4137780


 一通り見終わったと思い、ドゥオモの横から入る博物館に行ってみた。そこに受胎告知の像の絵ハガキが置いてあり、「これはどこにあるの?」と聞くと、「主祭壇にあるよ」とのこと。そこで、もう一度ドゥオモに戻った。よく見ると、確かに主祭壇のロウソクの両脇に2体の彫像があった。天井ばかり見ていて気が付かなかったらしい。

P4137798


 右に聖母、左に受胎を告げる大天使ガブリエル。よく見るとこの像も素晴らしい。ウーディネの奥深さを知らされる思いだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

私にとってのティエポロは! 大司教館博物館・プリタ礼拝堂

P4137791


 ジャンバティスタ・ティエポロ。ヴェネツィアの街を歩いていて、幾度となくこの名前に出会った。ヴェネツィアで何度も泊まってなじみになったアランとラウラのB&Bのすぐ近く、S・アポストリ教会で見たティエポロ、さわやかな潮風が吹き抜けるザッテレの海岸に建つジェズアーティ教会の天井画、珍しく広々としたサンタ・マルガリータ広場のカルミニ同信会壁面を埋め尽くす壁画群。出会うたびに心魅かれながら、何か不完全燃焼状態だった。それぞれに良い作品だけれど、どこかティエポロ決定版じゃないのかも、という気持ちがかすめていた。例えば私にとってのティツィアーノは、ヴェネツィア・フラーリ教会の「聖母被昇天」だし、私にとってのミケランジェロはバチカン・サンピエトロ大聖堂の「ピエタ」だった。私にとってのティエポロを見つけたい。

 そんな時友人から「ティエポロを知るにはウーディネに行かなくちゃ」と聞いた。ウーディネに多くの作品が残っているという。それを見たい。思いを果たすためにこの地までやってきた。そして、このティエポロが飛躍した場所で、「私にとってのティエポロ」が見つかった。

P4127690


 まず訪れたのが、大司教館博物館。元々大司教の公館として使われていた建物を18世紀に大改造することになった。その際デオノシオ・デルフィノ大司教は天井や壁の装飾をまだ無名だったヴェネツィアの新進画家ティエポロに託した。時代は違うがウイーンの都市改造の時皇帝は美術史美術館やブルク劇場の装飾を新人のクリムトに命じ、そこからクリムトが躍進して行ったのと同様に、ティエポロもまた、このチャンスを機にヨーロッパ美術界に羽ばたいて行った。

 その記念すべき建物の最上階が、ティエポロのフロアだ。「客間のギャラリー」に入ると一番手前にあるのが「3人の天使とアブラハム」。

P4127679


 そして「天使とサラ」。旧約聖書の物語だ。ある日、天使がアブラハムとサラ夫妻の前に現れた。天使たちは「来年あなた達の子供が生まれる」と告げる。当時アブラハム99歳、サラ90歳。サラは「いくらなんでも」と笑うと、天使は「神に不可能なことはない。じゃあ、その子供にイサク(笑いという意味)と名付けなさい」と命じた。そして翌年、イサクが生まれる。

P4127681


 天井を見ると「イサクの犠牲」がある。神はアブラハムの信心の具合を見るために「私の言うことを何でも聞くか?」と問う。「はい」と答えるアブラハムに、神は「じゃあ、イサクを殺してみよ」告げる。ひどい神もあったものだ。でもアブラハムは言いつけを実行しようとイサクに剣を振り上げる場面だ。寸前で神はその行為をやめさせるのだが、その緊張の瞬間が描かれている。

P4127675


 ギャラリー中央の壁面にあるのが「ラバンから偶像を隠すラケル」。今度はイサクの息子・ヤコブの話だ。ヤコブはラバンの娘ラケルと結婚したいがラバンが難癖をつけて許さない。そこで2人はラケルの持っていた偶像を盗んで家出を決行する。しかしラケルが追いつく。だが、偶像はラクダの鞍の下に隠し通すという場面だ。その偶像を持つ者が家を相続する権利を有するのだという。こうして、このギャラリーでは旧約聖書のアブラハム一族の歴史をエピソードで繋ぎながら語って行くという空間だ。

P4127678


 「ラケル」の作品でも人物描写は生き生きとしているし、「イサク」で象徴的なように人物を下からあおって見上げるように描く仰視法を駆使した描き方は見る者の視線を上へ上へと誘いこんでいく。この絵画の渦に巻き込まれながら、一族の歴史を共に辿る幻想の時間を過ごすことになる。ティエポロは当時30歳。若々しく華やかなテクニックでこのギャラリーを飾り尽くした。

P4127693


 さらに、もう1つ別の部屋「赤の間」には「ソロモンの審判」が天井を飾る。2人の女性が1人の子供を巡って互いに「自分の子供だ」と争っている。ソロモンは「それならこの子を2つに割って半分ずつ分け合えばよい」ととんでもない裁定をくだす。1人の女性は賛成するが、もう一人は「それじゃあ子供が死んでしまう」と泣いて止めに入る。そこでソロモンは「止めた女性が本当の母親だ」と宣告する。日本の“大岡裁き”はこのエピソードを元にして作られたのだそうだ。

P4127692


 逆さになって刺されそうな子供のために必死で止めに入る手前の女性と、奥で悠然と見過ごす女性。2人の女性の対比をドラマチックに描き分けている。

P4127687


 それだけでなく、ティエポロは右側にソロモンと従者たちの傍観の姿を書き加えることによって、一層劇場性を強めている。

 こうした独自の解釈と構成で迫力満点の画面を創り出したティエポロ。彼は「ウーディネ」によってその才能を見いだされたといってもよいだろう。

P4127722

 出世のきっかけとなった初期作品に満喫した後、今度はドゥオモ横にあるプリタ礼拝堂に向かった。そこには一番見たいと思っていた作品があるはずだ。

P4137788


 この礼拝堂は開館時間が限られていて、水曜以外は午前中で閉まってしまう。入り口に受付の女性が1人いるだけで見学者はゼロ。「開いていますね」と確かめると「どうぞ」とのこと。入ってまず正面にある聖母像が目に入る。

P4137783


 そして、見上げると、あった。聖母マリアが天に向かってふんわりと浮かんでいる。背景は空の青ではなく、何と黄金色に染まっている。

P4137786


 キッと結んだ唇は、受難の歴史をたどってきた我が子を大きな愛で包み込もうとするマリアの決意を現しているかのようだ。その鋭い視線は画面全体を緊張感で満たしている。一方、取り囲む天使たちのあどけない姿が絶妙のバランスで見る者に安らぎを与えている。

P4137785


 この絵は1759年の作。大司教館の絵画から33年後、ティエポロ63歳の作品だ。円熟の境地に達した彼が、自らを見い出してくれた思い出の地で心おきなく絵筆をふるった会心の作品だと、私には見えた。私にとってのティエポロは、この瞬間「聖母被昇天」となった。

P4137789


 天井画の周囲に飛び交う天使たちがあどけない表情で聖母を見守る。

P4137790


 天使たちと全く同じ気持ちで、ティエポロの傑作に見惚れたひと時だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »