« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

イスタンブールは雪、砂漠も蜃気楼もなかった

2012_1220_224124pc202845


           <雪に覆われたイスタンブール>

 夕方、雪が断続的に降る中、エミノミュの港からホテルに向けて歩きだした。

2012_1221_043432pc214631


 港の前に架かる橋はガラタ橋。旧市街と新市街を結ぶもので、1845年に木製の橋が出来た。1902年に2階建ての開閉式橋、さらに1992年に現在の橋が完成した。長さ約400m。

2012_1221_043814pc214636


 旅行前に見たいくつかのパンフレットなどでは、この橋一杯に並んで釣りをする人たちの風景が載っていたが、さすがにこの日の悪天候では、釣り人は少なかった。橋のすぐ先にあるモスクはイエニ・ジャーミー。

2012_1221_060132pc214690


 橋の下にはレストランがずらり。土産物店もあった。近くで名物のサバサンドを売る店もあったが、かなり生臭い臭いが強すぎて今回はパスした。

2012_1221_065158pc214708


 帰りがけ、アンカラ通りを散歩しながらホテルに向かった。途中に見たじゅうたんの店。2階の窓からじゅうたんの模様が見えるようになっていた。

2012_1221_062036pc214695


 アクセサリーの店。トプカプ宮殿に巨大宝石のコレクションがあるように、ジュエリーはどんな宗教信者にも魅力的なのだろう。 

2012_1221_065331pc214711


 そんな高嶺の花ではなく、庶民的な食料品に目が行ってしまう。ロカンタという庶民食堂では総菜などを店先に並べてあり、指差しで注文が出来る。

2012_1221_065655pc214716


 ここでは料理実演中だった。

2012_1221_065339pc214712


 別の店先にはドルチェがずらり。

2012_1221_065723pc214717


 大きな通りに出ると、さすがに人通りが多くなった。雪印がいかにも冬らしい。

2012_1221_065249pc214710


 ホテル近くの横町に入る通りには、星形のイルミネーションが。

2012_1221_070135pc214726


 ホテルに着くと、クリスマスツリーが飾られていた。イスラム教でも観光業だけは脱宗教なのだろう。

2012_1221_000146pc212873


 荷物を部屋に置いて屋上に上ってみた。また雪が降り始めたうえに、風が強い。

2012_1221_000158pc212875


 時折体がよろけるほどの強風も吹く。それで、空中に舞う雪の筋が写真にも写り込んでいる。

2012_1221_000347pc212893


 振り返れば、イスタンブールという地名をはっきりと意識したのは、「飛んでイスタンブール」という歌がヒットした年だったかもしれない。庄野真代のあの歌を紅白歌合戦で聞いたのが1978年。このころはジュディ・オングの「魅せられて」や久保田早紀の「異邦人」などエキゾチックな歌が流行していた。

2012_1221_000331pc212890


 日本人が当たり前に海外に出て行くようになり始めた時代。見知らぬ世界が手の届くかもしれない場所として認知されだしたころだった。

 あの歌に歌われたイスタンブールは、砂漠があり、蜃気楼が発生する不思議な世界。それが軽快なメロディに乗って街に流れていた。

2012_1221_000333pc212891


 だが、こうしてイスタンブールに来てみると、歌の世界とは全く違った吹雪の世界だった。

 庄野真代さん自身もヒットを放った翌々年、1980年の冬にバックパッカーとしてイスタンブールを訪れたという。その時の印象を「イスタンブールでは雪が舞っていた。砂漠や蜃気楼はどこにもなかった」とエッセイに書いている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

リュステムパシャ・ジャーミーで幻のイズニックタイルに出会う

Pc202774


 バザールの後でイスタンブール大学の北にあるスレイマニエ・ジャーミーに行った。その名の通り、スレイマン大帝が建築を命じたモスクで、1557年に完成している。小高い丘にあるので、金角湾を挟んだ新市街側からもよく見える建物だ。

 スレイマン大帝は1520年の即位から46年間もスルタンの座にあり、この時代が帝国の最も栄えた時だった。

Pc214470


 59m×58mの床面に直径26.5mの円形屋根を戴く大ドームは高さが53mあり、オスマン建築の代表とされる。作者はミマール・シナン。トルコ歴代最高の建築家と言われている。

Pc202767


 中に入ると、アヤソフィアなどと比べてとても明るいことに気付く。いくつもの円がリズミックに繰り返される天井。その間に249もの窓が付けられ、ガラスを通して堂内に柔らかな光が差し込んでくるためだ。

Pc202770


 この日は吹雪状態だったため、残念ながら輝くイメージはなかったが、晴れていれば格別な明るさを実感できたことだろう。

Pc202772_2


 天候のせいもあって見学客は少なかったが、じゅうたんに座って熱心にガイドブックと室内とを見比べるように見つめる女性の姿が印象的だった。

 なお、このモスクで気付いたことは、中央の広いスペースに入って祈りを捧げるのは男性だけ。女性たちは一番奥の仕切りのある狭いスペースに固まってひそやかに祈っていた。男女が公の場では別々になるというしきたりがあるようだ。

Pc202776


 スレイマン大帝は46年間の在位中13回もの遠征を実行し版図を拡大していった。1529年にはハプスブルクの都ウイーンを包囲し、あわやウイーン征服寸前まで攻め立てたが、冬将軍の到来で引き返さざるを得なかった。しかし、西欧社会に与えた衝撃は非常に大きなものだった。

Pc202777


 当時、イスタンブールの人口は40万人。対してパリでさえ20万人、ローマは10万人と、イスタンブールが最大の都市となっていた。その背景には、大帝が信教の自由を保障したことが大きかった。イスラム国家であったにもかかわらず、住民のうちイスラム教徒は57%だけ。キリスト教徒33%、ユダヤ教徒10%など、異教徒もほぼ拮抗するほどの比率を占めていた。

Pc202787


 なお、ウイーン攻撃は何度も実行された。1683年にも第二次ウイーン包囲があったが、ポーランド軍の救援によってウイーン征服の野望は実現しなかった。その撤退の時残して行ったコーヒー豆が、後の西欧へのコーヒー普及の源となったのは有名な話だ。

Pc202812


 スレイマニエ・ジャーミーから金角湾に向かって坂を下りて行くとリュステムパシャ・ジャーミーがある。エジプシャン・バザール近くの問屋街の中にある階段を上るとジャーミーに到着する。

Pc202813


 ここもミマール・シナンの設計で1561年に完成した。リュステムパシャはスレイマン大帝の下で宰相まで務めた権力者。ただ、大帝に比べれば富も多くはない。それで、シナンは敷地の1階を商店に開放するというアイデアを考えた。これによって店の賃料からモスクの維持費がひねり出されたという。

Pc202795


 ちょうど礼拝が始まった所だった。邪魔にならないように最後方に座って礼拝の終わるのを待った。

Pc202808


 ここの最大の見どころはタイルの美しさ。室内全体にイズニックタイルが張り巡らされている。特に、16世紀後半の数10年間だけ使われ、今はその製法が幻となって再現不可能だという鮮やかな赤色が、ここでははっきりと見ることが出来る。

 高城のぶ子の小説「イスタンブールの闇」で、主人公の陶芸家は、このイズニックタイルの赤についてこう考える。「オスマンの精神史では、赤は愛を表わす色だそうですが、この朱赤がオスマンの愛だとすると、それは何と日本の愛の概念からは程遠い、激しく強く、死の匂いや悪の陰りさえ帯びた、ふてぶてしく峻烈な愛でしょう」

Pc202818


 そんな激しい赤は、床に敷かれたじゅうたんの色にも反映されていた。

Pc202805


 また、青地に白い花模様のデザイン。

Pc202831


 咲き乱れる草花の模様など、惚れ惚れする色彩のタイルがあふれていた。

Pc202828


 ミマール・シナンは400ともいわれる膨大な建築をトルコ各地に残したイスラム世界随一の建築家だ。それは生涯をかけて偉大な歴史建築物アヤソフィアに追い付き追い越せという悲願と共にあった。

Pc204298


 シナンの建築は、中央に大きなドームを置き周囲を半円蓋で固めて行く手法。円蓋の傾斜はピラミッド型になって行き、外側に伸びるミナレットが高さのアクセントを強調して、ゴシックの尖塔をも連想させる。そんないくつものドームと尖塔が建ち並ぶ世界でも例を見ないイスタンブールのスカイラインの景観は、まさに彼によって形成されたと言って過言ではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上野公園でサクラとパンダ

P3206108


 先日の春分の日、東京都美術館で開催中の「エル・グレコ展」を、見に行きました。その際、ちょうど咲き出した桜がかなり開いていて、帰りがけに花見をしてきました。それで、上野の桜をどうぞ!

P3205913


 この日は祝日だったせいもあり、曇りがちな天気でしたが、人はあふれるほどで、大賑わい。

P3205925


 花は全体としては3分咲きということでしたが、中には満開に近い木もありました。

P3205971


 こうしてアップしてみると、桜も可憐ですよね。

P3206046


 こちらは八重桜でしょうか。花びらの紅さが美しい。

P3206051


 ソメイヨシノの白い花をバックにすると、一層紅さが目立ちます。

P3206106


 不忍池に枝先を伸ばした桜。

P3206111


 その不忍池では、鳥たちがえさの奪い合いをしていました。

P3205992


 上野大仏の付近に咲いていた雪割り草。新潟県五泉市から移植されたものだとか。

P3205794


 今までほとんど花の写真は撮ったことがなかったのですが、近づいてよく見ると、花のバラエティの豊富さに改めて感心します。

P3205798


 名前はわかりませんが、ブルーの美しい花びら。

P3206024


 こちらは絹のような滑らかさが抜群です。

P3205867


 公園内を散策していると、動物園の入り口に「入場無料」と書いてありました。聞いてみると、3月20日は上野動物園の開園記念日でした。そこで、初めて入園。そして、初めてパンダの実物を見てしまいました。ちょうど、おやつタイムだったのか、笹をむしゃむしゃと食べていました。ラッキー!

P3205746


 そんな訳で、絵とパンダと桜をいっぺんに楽しんだ1日でした。今日(23日)はもう東京は桜が満開、散り始めている木もあります。異常に早いペースですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

グランドバザールからエジプシャンバザールへ

Pc202745


 地下宮殿を出て、トラムの走るディワンコル通りを西に歩いて行くと、間もなく右手にグランドバザールがみつかる。正式名称は「カパル・チャルシュ」。単純に「屋根付き市場」というトルコ語だ。

 1461年、メフメット2世がコンスタンティノープルを征服してこの地の皇帝になった後、まず2つの市場をここに造営、それが基となって周囲にいくつもの商館が造られ、それらを繋ぐように店も広がって行ったという。

 東西の文化、物資、人々の交流の中継基地として、当時の世界有数の繁栄を誇った歴史が、このバザールを造り上げたのだろう。

Pc202725


 広さは東京ドームの3分の2、店舗数約4400、中東の各国にもバザールはあるが、その中でも最大といわれる。

Pc202729


 陶製のランタンがかわいい。

Pc202732


 特に色彩の派手さがいかにも中東らしい。

Pc202743


 あちこちから日本式に言えば「さあ、よってらっしゃい!」的な掛け声が飛び交っていた。

Pc202757


 バザールの各所にトルコ国旗が目立つ。ここではそれに混じって日本国旗も飾られてあった。そんな中をチャイを配達する人が忙しく歩きまわっていたのが印象的。

Pc202724


 この日は悪天候、年末のせいもあり、観光客の姿は通常よりかなり少なめだとのこと。

Pc202749


 西に抜けて屋根のない通りに出た。

Pc202758


 外はボタン雪に変わっている。

Pc202750


 道に積もり始めた雪掻きをする店員の姿も。

Pc202752

 ベヤズット広場に出ると、立派な門がある。これはイスタンブール大学の正門だ。

Pc202841


 しばらく北に歩くとエジプシャンバザールに着いた。ここは主に香辛料を扱う店が多く、独特の強い香りが市場全体に広がっていた。食欲をそそる香りだ。

Pc202840


 みるからに辛そうな香辛料群。

Pc202839


 こちらはグランドバザールと違って観光客は少ない。香辛料の他は日常的な生活用品中心で、庶民的な場所だ。

Pc202844


 こんな皿の店もあった。イズニックタイルの伝統を継いでいるせいか、デザインも細かい植物模様が多く、バラエティ豊かな感じがする。

 2つのバザールは急ぎ足で通り過ぎただけだったので、いつか今度はゆったりと散策出来たら、と思いながら市場を後にした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

地下宮殿から見つかったメドューサの首2つ

Pc202695
  

 イスタンブールに戻ろう。アヤソフィアを出て地下宮殿を目指した。イエレバタン通りに入って間もなく道の左側に小さな表示があったが、目立たず通り過ぎるところだった。

Pc202716


 階段を下りて行くと、地下に巨大な柱の立つ空間が見えた。

Pc202696


 ここに人が住んでいたわけではなく、地下の貯水池だった所だ。

Pc202704


 しかし、高さ9m、幅65m、奥行き143mというけた外れの広さに336本の大理石柱が林立する様は、まさに宮殿の名称に見合う雰囲気を漂わせていた。

Pc202665


 個別の柱もよく見るといろいろな模様が刻まれている。これは涙の紋様が施されていた。古い神殿などの柱を活用して造られているせいだ。

Pc202707


 4世紀にコンスタンティヌス帝が建設、6世紀にユスティニアヌス帝が拡大した。

Pc202661


 ただ、オスマン帝国がこの地を支配した時は、100年ほどここの存在が知られていなかったという。

Pc202679


 1番奥まで行くと、異様なものがみつかる。メドゥーサの首だ。

Pc202682


 1985年に修復が施された際、柱の土台として使われていたメドゥーサの首が2つ見つかった。

Pc202685


 このように、逆さまと横向きの2種類だ。メドゥーサは、ギリシャ神話に登場する女性。元々美しい娘で、特に髪の美しさを誇っていた。だが、それが度を越して女神アテナと美を競うという態度に出たことから、怒りを買ってしまった。罰として自慢の髪が蛇になり、彼女を見た者は石に変えられてしまうという、ゴルゴン3姉妹の末娘にされてしまった。

 ウイーンに行った時、クリムトらが起こした新しい芸術運動の拠点「分離派会館」のファザードに、ゴルゴン3姉妹の姿が刻まれていたのを思い出した。

Pc202686


 さて、なぜそのメドゥーサが横や逆さまになっているのか?いろんな説がある。①彼女の恐ろしい目を避けるため②ローマ帝国はギリシャ文化を軽蔑していた③ギリシャ征服の意味を込めた・・・。だが、実際はただ単に、柱の高さ調節のため、というのが本当かも。

Pc202702


 オレンジ系の照明を使っているため、柔らかい光が水面に反射して幻想的な色彩空間を形成している。

Pc202710


 あらら、水中には魚が泳いでいた。

Pc202713


 007シリーズの第1弾、ショーン・コネリーがジェームス・ボンドを務めた「ロシアより愛を込めて」では、この場所でロケを行ったという。だいぶ昔に観たんだけど、忘れてしまったなあ。

Pc202717


 出入り口付近には売店やカフェもあった。コンサートも開かれるとのこと。夏場などはひんやりするこのスペースで一休みするのもよいのかもしれない。ただ、冬場はねえ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラヴェンナに残るビザンティン美術の粋

P1010122001


 ビザンティンのモザイクを語る上で欠かすことの出来ない場所がある。イタリアのエミリア・ロマーニャ州のラヴェンナだ。豊かな穀倉地帯、パルマの生ハムなど美食の州として知られるこの土地に、はるかかなたコンスタンティノープルの皇帝たちなどの輝かしいモザイク画が今も残っている。今回はそこに寄り道をしてみよう。

P1010119


 402年西ローマ帝国のホノリウス帝がミラノからラヴェンナに都を移して、ここは初めて歴史の脚光を浴びることになった。しかし、西ローマ帝国は476年に滅亡。その後支配権を握っていたゴート族を追放したのがビザンティン帝国だった。

P1010140


 コンスタンティノープルから派遣されたマクシミアヌス大司教の下で、547年、街の中心部にサン・ヴィターレ聖堂が建設された。あのアヤソフィア完成の10年後のことだ。

P1010118


 中に入ると、内陣に皇帝と皇妃を描いたモザイク画が迫力満点で目に飛び込んでくる。1つは皇帝ユスティニアヌスのモザイク。中央で冠をかぶっているのがその人だ。当時のビザンティン帝国第一の権力者。また、右から3番目の茶色の衣の人物が、皇帝からラヴェンナに派遣されたマクシミアヌス大司教。本来なら皇帝の横に並ぶほどの高位ではないのだが、現地での力を誇示しているかのようだ。金地に白を多用してすっきりとした構成の絵になっている。

P1010122


 また、もう1枚は皇妃テオドラのモザイク。こちらはやや左寄り冠の女性だ。テオドラは元々熊使いの娘で、場末の芝居小屋の女優だった。だが、皇帝に見染められてあっという間に皇妃の座に就いてしまった。美貌の人だったといい、この絵でもくっきりとした目鼻立ちはその面影を映しているのだろう。その上彼女は人一倍強い意志の持ち主だったらしい。「ニカの乱」の際のエピソードがそれを物語っているが、その話はヒッポドロームの回に説明しよう。

P1010125


 内陣上方には左右に天使らを従えたキリスト。若々しい姿だ。右端の司教が持つのは、このサン・ヴィターレ聖堂のひな型だ。

P1010139


 同聖堂のすぐ隣に簡素な家が見える。こちらはガッラ・プラチディアの廟。ラヴェンナの基礎を造ったホノリウス帝の妹の廟になっている。この日は地元の生徒たちが見学に来ていた。

P1010130


 外観からは想像できないような豪華なモザイク画がここにある。中央南側壁面には白衣の天使や福音史家たちなどの絵が一杯に描かれる。

P1010136


 聖ラウレンティウスの殉教場面。足元で燃える炎が迫力満点。また、満天の星のような深い青と金色の模様の組み合わせが見事だ。

P1010163


 さらにもう1つ、サンタッポリナーレ・ヌオーヴォ聖堂に立ち寄った。鉄道駅の近くなので行きやすい。ここの壁面にもずらりと人物像が並んでいる。

P1010149


 右側の壁は26人の殉教者たちがキリストの許に向かう場面が描かれている。壮観だ。

P1010161


 そして左側壁面は聖母子を挟んで並ぶ22人の聖女たち。

 以前に書いたように、ビザンティンの本拠地であるコンスタンティノープルは、イコノクラスム(聖像破壊運動)によって10世紀以前のモザイク画などは壊滅状態となってしまったため、後世に残されたこの地のモザイク画は最も貴重なビザンティン美術となっている。イタリアの幹線から少し外れているため、ちょっと行きにくい感じの場所だが、モザイク好きな人なら是非お勧めの穴場だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アヤソフィア下 蘇った黄金のモザイク

Pc202551

   <黄金の背景に浮かび上がるキリスト、聖母、ヨハネ>

 1階の見学を終えて2階に向かう。

Pc202516


 2階へ上る通路は階段ではなく、まるで古代ローマの街道のような石畳のスロープになっていた。不揃いの石が人の靴底ですり減ってつるつるだ。

Pc202539


 2階から広い聖堂の空間を見下ろしていると、500年以上前のある日の光景を想像せずにはいられなかった。

 1453年5月29日。ビザンティン帝国最後の日だ。衰退の一途をたどっていた同帝国は、オスマン帝国のスルタン、メフメット2世の猛攻に遭っていた。金角湾に鉄の鎖を張って軍船の侵入を防いでいたが、オスマン軍は湾の北側、ガラタ地区に木材を敷き詰めて軌道を造り軍船を陸越しに運んで金角湾に到達させた。また、600キロの石弾を巨大大砲で発砲した。

 1100年もの間栄華を誇ったビザンティン帝国は風前の灯となった。コンスタンティノープルの人々はだれからともなくこのアヤソフィアに集まり、奇跡を願って最後の祈りを捧げていた。 しかし、間もなく分厚い壁を打ち砕いて、オスマンの大群はこの聖堂に突入してきたのだった。 その日を境に、ビザンティン帝国は滅亡し、この聖堂はキリスト教の総主教座の空間からイスラムの拠点へと変貌していった。

 広々とした1階の空間を見下ろしているうちに、最後の夜にここにこだましたであろうビザンティン市民の祈りと嘆きの声が、地の底から湧いてくるような錯覚を覚えてしまった。

Pc204188


 コンスタンティノープル攻略という大勝利を収めたメフメット2世も、決して有頂天に喜んでいたわけではなかったという。激しい戦いはオスマン軍にも傷跡を残した。勝利の夜、メフメット2世はコンスタンティノープルの大地に出来た血だまりの海に三日月と星が映っているのを見た。「祖国のために流された血を永遠に忘れないために」と、この情景を象徴化した赤地に三日月と星というデザインを国の旗に決めたという。

 祈りもむなしく崩れ落ちたコンスタンティノープルの民、勝利の夜に血の月を見た征服者。戦争は勝敗にかかわらずすべての人に傷跡を残さずにはおかないものだ。

Pc202605


 2階のハイライト、素晴らしいモザイク画を見よう。最初に出会うのが「ディシス(請願)」と題された壁画だ。最後の審判の際に審判を下すキリストに対して左の聖母マリアと右の洗礼者ヨハネが、人々への寛大な裁きを願っている場面という。下半分は失われてしまったが、坐像だったと思われる。 


Pc202553_2


 キリストに向けて願いを伝えるマリア。

Pc202554

 しっかりと目を見開くキリスト。

Pc202557_3


 そして、祈るように願うヨハネ。モザイク画はもともと単純に強さを表わすテーマが多かったが、この時期になると帝国の衰退を反映してか、哀しみを秘めた感情表現を見てとれる。

Pc202575


 南側にも金色のモザイク画が2点残されている。こちらは中央にキリストを配し、両脇に皇帝夫妻が控えている。

Pc202576


 左に皇帝コンスタンティノス9世が金貨をキリストに献上するシーン。ただ、この皇帝の顔は作り替えられている。その理由は、右に描かれた皇妃ゾエの意向が隠されていた。

 ゾエは皇帝コンスタンティヌス8世の娘。8世は貴族のロマノスを娘の夫とし、皇帝に取り立てた。そしてこのころロマノスとゾエを描いたこのモザイク画も造られた。だが、政略結婚で、ロマノスはゾエをないがしろにした。これを恨んだゾエはロマノスを暗殺、若い愛人と結婚した。だが、この愛人も死亡。3度目の結婚をしてやっと安定した地位を確保したゾエは、にっくきロマノスの顔を削り落とし、現在の夫コンスタンティヌス9世の顔にすげ替えたのだという。

Pc202578


 右側のゾエ。9世の顔に入れ替えた時に、自分の顔も直している。当時彼女が64歳。でもどうみてもそんな年配には見えない。確かに彼女は若々しい女性だったといわれるが、それにしてもかなりの“修正”があったことは想像に難くない。

Pc202577


 そんな生々しい背景を持つ2つの像に囲まれたキリストさんは、少々迷惑そうな顔をしているような・・・。

Pc202561


 もう1つ、モザイク画がある。こちらは聖母子を中心にして、別の皇帝夫妻が囲んでいる。

Pc202563


 左が皇帝ヨハネス2世。先ほどの画と同様に献上用の金貨の袋を持っている。

Pc202567


 左に皇妃エイレーネー。これも献上用の書状を持つ。

Pc202568


 中央の聖母子。こちらの方はスキャンダラスなエピソードは伝わっていないせいか、母子とも平和な表情に見える。

Pc202598


 2階の高い窓から南側をのぞくと、アヤソフィアの半円ドームの向こうにブルーモスクの大きな姿が垣間見えた。

Pc202610


 各所にぶら下がっている照明。近づいてみると先がつぼまった変わった形をしていた。

Pc202652


 1階に戻って出口に向かう途中、子供が柱に向かって何かしていた。柱にくぼみが出来ており、ここに親指を入れたまま4本の指で円を描けたら願い事がかなうという「聖母マリアの手形」なのだそうだ。皆がこれをするのですっかりすり減っていた。ちなみに私は、もう1度この場所に戻れるよう願って指を回転させました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アヤソフィア上 歴史に翻弄された建築

Pc202540


 ブルーモスクを出ると、外は吹雪になっていた。予定ではエミノニュの港から船に乗ってボスポラス海峡を横断し、アジア側に行くつもりだったが、この天気では海峡の景色なんか全く見えそうにない。そこで、急遽この日は建物中心の見学に切り替えた。

Pc213006


 そうなれば、目指すのはアヤソフィアだ。ブルーモスクからすぐだし、この建物を見ずしてイスタンブールに来たとは言えない。

 この建築はイスタンブールの歴史の中で波瀾の運命に翻弄されてきた。最初に建てられたのは360年。コンスタンティヌス大帝がビザンティンに首都を移してから30年後に、この大建築がギリシャ正教の総本山として建設された。大ドームの直径は31m。屋根はギリシャ・ロードス島の軽いレンガが使われている。名前もギリシャ語でハギヤ・ソフィア=聖なる英知=と名付けられた。

Pc202462


 何度かの火災にあって当時の姿は失われたが、537年にユスティニアヌス1世が現在の姿に再建した。ローマのサン・ピエトロ大聖堂が現在の姿に建てられる1000年以上も前のことだ。ビザンティン建築の最高峰と言われる。

Pc202545


 キリスト教のゴシックの大聖堂はこの倍以上の高さの教会がいくつもあるが、ここアヤソフィア独特の重厚感は他に類を見ない。

Pc202461


 現在は博物館だが、偶像崇拝を排するイスラム教のモスクとなっていた建物だけに装飾は目立たないが、唯一目につくのは高い壁面に張り付けられた円盤だ。昔からあったわけではなく、1859年、ムスターファ・イッゼトによって書かれたアラビア文字の書の作品として飾られている。それぞれイスラム教世界最大という直径7・5mの作品だ。

Pc202483


 こちらの円盤の文字は「ムハンマド」と書かれているという。

Pc202484


 対して向かって右側のものは「アッラー」。円盤の左上に何やら絵が描かれている。調べてみた。

Pc202532


 何とこれはコンスタンティノープル時代に描かれた大天使ガブリエルの絵だとわかった。例の聖母マリアに受胎告知をした大天使だ。全体を見ることは出来ないが、ワシのような大きな翼を持っている。これほど立派な翼は見たことがないかも、と思ったが、そうそう、レオナルド・ダ・ヴィンチの受胎告知の絵でも立派な羽根の大天使が描かれていたっけ。

Pc202646


 大天使の斜め左上には主役の聖母子が描かれている。金色の背景にマントをはおった聖母マリアが貴婦人のように座り、膝に幼いキリストを抱えている。キリストの左手は上を向き母の手のぬくもりにかすかに触れているようだ。9世紀半ばに制作された美しい聖母子の風景。

 8世紀前半、ビザンティン帝国ではイコノクラスム(偶像破壊運動)の嵐が吹き荒れた。偶像崇拝を禁止するレオン3世の命で、帝国中の聖像が破壊された。このため、それ以前の美術品はほとんど残っていない。わずかにその威光が行きわたらなかったイタリア・ラヴェンナなど遠隔地に残るのみだ。アヤソフィアでも同様で、こうしたイコノクラスムが落ち着いた9世紀以降のモザイクのみが残っているというわけだ。

 1453年にはオスマン帝国がこの地を征服し、アヤソフィアはモスクに転用されることになった。ただ、オスマンのイスラムは偶像崇拝を禁じているものの、破壊することはしなかった。壁面を漆喰で覆うという手法でキリスト教の像たちを隠した。また、キリスト教徒を迫害することもなかった。このおかげで、1930年代になってアヤソフィアが博物館として生まれ変わった時、その漆喰が取り除かれ、今のように貴重なモザイク画が再び姿を表わしたのだった。

Pc202487


 中央右横に階段のようなものがある。ミンバルと呼ばれる説教壇だ。キリスト教の教会にも説教壇はあるが、こちらは使い方がちょっと違う。説教者は階段の途中で説教を行う。階段の一番上はムハンマドだけに許された場所なのだという。

Pc202504


 真横から見ると、側面には細かな細工が施されているのがわかる。

Pc202498


 ミンバルの上にもアラビア文字が飾られている。

Pc202639


 メッカの方角を示すミフラーブ。ブルーモスクの時は中央にあったが、ここは最初はモスクではなかったために、中央から少しずれている。

Pc202494


 ミフラーブの上にあるステンドグラスの色彩が美しい。

Pc202508


 ドームの天井を見上げると、中央に太陽が描かれ、その周囲にアラビア文字。また、翼を広げた大天使が四方に配置されている。キリスト教とイスラム教とが同じ空間に同居するという、非常に珍しい場面だ。

 次回は2階に上がって素晴らしいモザイク画を見てみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スルタン・アフメット・ジャーミー(ブルーモスク)を見る

Pc202406


        <ブルーモスクの天井を見上げる>

 朝食を終えてスルタン・アフメット・ジャーミー(ブルーモスク)に向かった。思った以上に坂の多い街。少し迷いながら歩いていると、雪が降り始めた。

Pc202367


 到着した。下から見上げるモスクはホテルの屋上から見下ろしていた時より数倍の威圧感がある。

Pc202370


 正面入口にはアラビア文字。元々この文字はアラビア地域だけのものだったが、イスラム教の布教と共にイスラム世界全体に拡大した。トルコでは1928年の文字改革でこの文字の使用をやめラテン文字を採用したが、モスクなどには至る所にアラビア文字が残っている。また、“書道”の世界で独自の発展を遂げている。

Pc202372


 広い中庭に必ず泉亭という水場が設けられている。ここでしっかりと手を洗い身を清めて中に入るしきたりだ。日本の神社に似ている。

Pc202379


 靴を脱ぐように注意されて、ビニール袋に靴を入れて中に入った。1616年完成のこのモスクの正式名称は、皇帝スルタン・アフメット1世が建立したことから命名された。設計はメフメット・アー。後に紹介するオスマン随一の建築家ミマール・シナンの弟子にあたる。内部の装飾が青を基調に塗り替えられたことがあり、その時のイメージで「ブルーモスク」とも呼ばれるが、今はオリジナルに近い色に戻されている。

 ピカソの青の時代、フェルメールの青、イヴ・クラインのクラインブルーなど、青好きの私としては、青の時代を見てみたかったなあ、という気持ちも捨てきれないが、やはりオリジナルを保存するのが本筋だろう。

Pc202415


 そこで、画像をちょっと調整して、“ブルーモスク”の雰囲気を出してみた。(トップの画像も調整したものです)

Pc202439


 梁の部分に見えるのは草花の模様だけ。

Pc202388


 そこを含めて室内にはどこにも人や動物の描写は見当たらない。偶像崇拝を禁じたイスラム教らしい空間だ。

Pc202393


 照明は人間の背丈よりわずかだけ上の位置に、天井から紐でぶら下げられている。これは星を表わしているという。

Pc202427


 こうして低い位置で見ると、奥の窓の青い光と連動して「夜空に輝く星」のイメージが湧いてくる。

Pc202411


 ここにもアラビア文字の書が掲げてあった。

Pc202430


 天井中心のデザインも実はアラビア文字だ。

Pc202434


 ライトが当たる梁部分の装飾が美しい。

Pc202450


 太い円柱は「象の足」と呼ばれる。直径5mもある。

Pc202452


 その柱が森のように連なる。バティカンのサン・ピエトロ大聖堂にもベルニーニの「バルダッキーノ」の周囲に太い4本の柱があったが、重い天井を支える建築上の理由以外にも象徴的な意味を持っているのかもしれない。

Pc202386


 室内空間の一番奥、中心にあったのがミフラーブと言われるもの。聖地メッカのある方角を示している。信者はこの方角に向かって祈りを捧げる。カトリックの教会ならここが主祭壇で、絵画や聖人像などが飾られるのだろうが、偶像崇拝禁止のイスラム教は味もそっけもない。金色の装飾だけが他の場所とは違っていたが・・・。

Pc202457


 歳末の雪模様の朝一で入ったので、ずっと静かな空間だったが、少し経つと団体さんなどが入ってきてうるさくなった。一大名所なだけに、あんなに静かな時間などはほとんどないらしい。さあ、次の場所へ移動しよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »