« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

イタリアで見た「ケネディ暗殺から50年」

Pb226007

 サルーテの祭りの翌朝、ホテルでテレビを付けるとケネディ元アメリカ大統領の姿が映し出されていた。そう、今日(2013年11月22日)は、ケネディがダラスのパレード中に暗殺された日。それもちょうどあれから50周年目に当たるということで、特集が組まれていたのだ。

201210200010013121

 50年前、このニュースは、日本のテレビでもほぼ同時に放映された。日米の衛星中継が初めてつながった日でもあったためだ。母親が「大変なことになったよ」とテレビに走って行き、子供心にも大きな衝撃を受けたことを覚えている。

Pb226000

 映像は、初めにケネディとジャクリーヌの幸せな結婚式の模様を映し出す。

Pb226001

 そして新婚旅行。

Pb226002

 ケネディの人気は抜群で、旅先のどこでもたくさんの国民に囲まれて、大歓迎されていた。

Pb226003

 大統領夫人をトップレディと呼ぶことが一般的になったのは、ジャクリーヌ夫人からだったような気がする。それだけジャクリーヌが目立っていたことも確かだ。

Pb226004

 幸せそうな二人。

Pb226010

 その後、民主党候補として大統領選に立候補する。 共和党候補のニクソンとの大激戦は今でも語り継がれるほどだった。

Pb226008

 結局テレビ討論というメディア戦略でリードしたケネディが見事当選する。

Pb226009

 「国家に何をしてほしいか、だけではなく、一人一人が国家に何が出来るかを考えよう」といった趣旨の当選演説は、非常に斬新な印象を与えた。

Pb225999

 当時のアメリカはまだ人種差別を厳然として存在したが、その差別撤廃のために公民権法案を提出。またソ連・フルシチョフ書記長と対決したキューバ危機 では「核をも辞さず」との強力なリーダーシップで、ついにフルシチョフから譲歩を引き出した。一方で月の有人飛行計画の推進など多方面で際立った活躍を見せた大統領だった。

Pb226006

 そのケネディがオズワルドの凶弾に倒れたのが50年前。葬儀では棺にアメリカ国旗が掛けられた。

Pb226005

 喪服姿のジャクリーヌ夫人に手を引かれた女の子は、キャロライン・ケネディ。現在の駐日アメリカ大使だ。そのキャロラインさんが、今日は東京ドームでプロ野球開幕戦の始球式を務めた。思わず50年という歳月を振り返ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴェネツィア・夜のショウウインドー

Pb215609

 サルーテの祭りの夜、割と暖かかったのでぶらりと街歩きに出かけた。昼はそれほど目立たないショウウインドーが、夜はライトに照らされると魅力を付け加えてクローズアップされてくる。特にヴェネツィアは車が通らず、道も狭いので、ショウウインドーが常に目の前にある感覚だ。

Pb215632

 中でも目立つのはヴェネツィアングラス。シャープな線が美しい。

Pb215567

 創作グラスはどこまでも独創的。

Pb215576

 さまざまな意匠がデザイナーの個性を象徴している。

Pb215565

 仮面などを売っている店では、叫び出す女王(?)たちが存在感たっぷりに立っていた。

Pb215551

 通りのレストランにあったピエロの絵。ユーモラスな中にも悲しみを秘めた表情・・・。

Pb215572

 イタリアの画家たちの描いた絵の切手コレクション。カラヴァッチョやティツィアーノなどいろいろ。

Pb215583

 こちらはデフォルメされた人形たち。

Pb215592

 彫刻作品を並べた店。これはボテロ?

Pb215593

 半分だけの顔。でも、存在感たっぷり。

Pb215588

 サルモネータの手袋。今年は黄色と黒が主流のよう。

Pb215606

 リヤドロの人形は、舞踏会の風景みたい。

Pb215586

 TOD’Sのショウウインドーは、手足だけで商品を強調するデザイン。

Pb215610

 冒頭に掲載したのはプラダのショウウインドー。雨上がりで周辺が暗かったため、店の前に出来た水たまりにマネキンが映り込んでシンクロしていた。

Pb215611

 水たまり部分だけでも十分面白い。

Pb215614

 ヴィトンはイチゴがモチーフになっていた。

 ほんの数十分の散歩だったが、よく見るといろいろ面白いショウウインドウがあるものだと、改めて思い知った夜だった。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サルーテ教会に沈む夕陽

P1016657

 サルーテ教会は、その姿の美しさでヴェネツィアの風景に欠かせない存在となっている。今回は天候にも恵まれて、夕焼けの光景にも出会うことが出来たので、そんな風景をご覧頂こう。

Pb215857

 定番はアカデミア橋からの眺め。観光写真でもよくこの角度からのものが使われる。

Pb226011

 こちらは少しスキアヴォーニ河岸を歩いてアルセナール付近から。 ドームを含めて4つの塔がそびえていることがわかる。

2003_0810_163151p8100029

  サンマルコ小広場からは手前にゴンドラを入れた写真が容易に撮れる。近くにゴンドラ乗り場があるためだ。

P1015968

 サンマルコ広場の鐘楼に上れば、サルーテ教会を見下ろす角度で眺められる。

P1015972

 ドームの頂上にはこんな像が立っている。

P1015973

 同教会の後方にはレデントーレ教会が あり、手前には税関の岬が続く。その姿を一枚の写真に収められるのは、鐘楼からしかない。

P1016624

 しばらくして、再びサンマルコ小広場に出かけてみると、日が傾いてきて教会側の正面から光が差してきた。

P1016646

 税関の女神の像を含めた横並び シルエット群

P1016650

 空が本当にオレンジ一色に変わってきた。

P1016654

 思えば、初めてヴェネツィアに来た時に、この夕焼けの光景が 突然目に飛び込んできた。そのサプライズに、声も出ないほどの感動が胸に押し寄せてきたことを、今でも鮮明に覚えている。

P1016660_2

 こうして側面をアップすると、聖人たちがじっと夕陽を見つめているかのような錯覚に陥る。

P1016665

 そして次第に日は教会のかなたに沈んで行く。

P1016669

 今日も一日無事に終わろうとしている。空の美しさを届けてくれた自然に感謝の気持ちを捧げたくなるのもこの時間帯だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

美術館を凌ぐ絵画群ーサルーテの祭り下

Pb215727_2

 またヴェネツィアのサルーテの祭りに戻ります。

 広い堂内には6つの礼拝堂があるが、それぞれに縦長の絵画がはめ込まれて教会の華麗な空間を形成している。 主祭壇に向かって左横礼拝堂には、ヴェネツィア絵画の王と称されたティツィアーノの「キリスト降天」。神を象徴するハトの放つ光が地上の人々に伝わって行く様が描かれる。

Pb215760_2

 一方、右側にはルカ・ジョルダーノの「聖母被昇天」。聖母マリアが天使たちに担がれて天に昇って行く。

Pb215761

 その絵の前に手を合わせて立つ老人像はジローラモ・ミアーニの作。白く清々しい立像だ。

Pb215749

 また、少女が祈りながら階段を上って行くほほえましいシーンが描かれた絵も。この絵もジョルダーノ作の「聖母の神殿奉献」。

Pb215732

 聖母がテーマだけにミサの最中何度もこの絵の場面がモニターに映し出されていた。

P1016266

 もう1つ。これも美しい絵画があった。作者は不明。

Pb215889

 こんな空間は美術館並みの質の高さだ。

 祈りが一段落すると、順に主祭壇の右横を通って裏側の聖歌隊席に回り込む。一方通行にして人の流れをスムーズにするための措置だ。このため、普段は入れない場所にも行くことが出来た。

Pb215906

 祭壇の裏にあったイコン。こんなものがあるとは知らなかった。

Pb215908

 列に従って進んで行くと、聖具室に着く。この部屋の正面にはティントレットの大作「 カナの婚礼」が飾られていた。イエスが施した最初の奇跡の光景だ。にぎやかで華やかな婚礼の風景の中央部分に光が差し込み、周囲を暗くしたドラマチックな構成がいかにもティントレットらしい。

Pb215910_2

 聖具室を出て横の出口から教会の外に。 反対側、奥の道が露店が立ち並ぶ通りになっていた。

Pb215798

 風船が一杯。

Pb215802

 一見焼き鳥みたいな形をしているが、これはキャンデー。

Pb215804

 子供たちにとってはこんな楽しみが待っている。

Pb215811

 人の流れに沿って移動して行くとジュデッカ運河に面したザッテレの海岸に出て行く。

 派手なイベントは何もないが、ほっこりとした心温まる祭りの雰囲気を味わえた一日だった。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯島天神の梅と河津桜

P3109302

 先日、友人と湯島天神に行きました。それで、「サルーテの祭り」を1回休んで梅の花をご覧いただきます。

 風が強くちょっと寒かったけど、ちょうど満開の梅の花が見られて、春の気分を満喫してきました。 入口は女坂から。この階段横には日差しを浴びて輝く白梅の林があります。

P3109316

 本殿の周りを咲き誇る花がぐるりと取り囲んでいます。

P3109341

 しだれ梅をアップしてみました。

P3109308

 この神社の特色の一つは絵馬。学問の神様・菅原道真を祀っていることから、この時期は合格祈願の絵馬があふれています。

P3109352

 「東大に合格できますように・・・」など、結構難関大学の 名前が多かったような・・・。

P3109353

 この日はかなりの強風でしたが、桜の花びらと違って梅の花はあまり散っていませんでした。種類によって散り方もだいぶ違いますね。ここの境内には約300本の梅があり、その8割が白梅だということです。樹齢は70~80年とか。

P3109350

 境内の一角に紙で作ったひな人形が飾られていました。もう3月3日はとうに過ぎていましたが。

P3109370

 散歩しながら不忍池に。白鷺を発見。

P3109384

 ユリカモメもこんなに近くに。

P3109396

 花園稲荷神社まで行くと、紅梅が咲いていました。見事な枝ぶり。

P3109399

 赤い花と空の青とがコントラストをなして、とても美しい光景を演出していました。

P3109408

 こちらは白梅。アップしてみます。

P3109420

 神社入り口に一本だけ河津桜が咲いていました。

P3109419

 今年初のさくらとのご対面!やっぱり桜のほうが好きかな。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

聖母マリアがペストからヴェネツィアを救ったーサルーテの祭り中

Pb215890

 教会の中に入ると、正面に聖母マリアを中央に配した主祭壇が目に飛び込む。

P1016265

 市民たちがそろって祈りを捧げている。

Pb215738

 入口付近には大きなロウソク台が置かれ、みんなここにロウソクを立てて祭壇に向かう。

Pb215730

  壁にはテレビモニターが設置されており、混雑していても内部の様子がわかるように配慮されていた。

P1016270

 司祭によるミサの説教が堂内に響き渡って厳粛な雰囲気に満たされて行く 。

Pb215747

 この教会建設の背景には悲しい歴史が横たわっている。1630年、ヴェネツィアの街を襲った病・ペストの流行は、一説には5万人近い犠牲者を出すという大惨事となった。

Pb215754

 衰退期に入っていたヴェネツィア共和国に追い打ちをかける悲劇だった。そのペストの流行がようやく終わったことを記念して、1631年に聖母マリアに感謝するために造られたのがこの教会だった。

Pb215887

 従って中央祭壇には象徴的な像が置かれている。中央上部に立つのが聖母マリア。向かって右側の老婆がペストを表わし、左側の女性像はヴェネツィアの擬人像となっている。

Pb215895

 聖母がペストを追い出し、ヴェネツィアが聖母に感謝を捧げるという構図が鮮やかに表現されている。フランドルの彫刻家ジュスト・クールの最高傑作だ。

Pb215896

 群像の下にあるイコン「健康の聖母」は13世紀のもので、ヴェネツィア軍がオスマントルコとの戦いで勝利した際、 108代ドージェ(総督)フランチェスコ。モロミーニ がクレタ島(ギリシャ)から持ち帰ったものだ。

Pb215729

 そのイコンもモニターでアップされていた。

Pb215900

 主祭壇での説教は約1時間で一区切り。さらに別の司祭が交代して、この日1日中続けられる。

Pb215756

 最も重要な1時間のミサが終わった時、前に立っていた若い女性が突然振り向いて手を差し伸べるではないか。一瞬何かの間違いかと思ったが、これはミサの終わりに 隣人たちと握手を交わして健康を祝うという恒例の行為と気付いた。彼女だけでなく周囲のみんなと握手し合って和やかにミサを終えた。少しの間ヴェネツィア市民になれたようなうれしい気分に浸った時間だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮橋を渡って教会へーサルーテの祭り上

Pb215857

 今回ヴェネツィアに来た目的の一つは サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会の祭りを見るためだった。この祭りはペストの終焉を感謝し健康と平和を祈る祭りで、毎年11月21日に行われる。有名なカーニヴァルのような華やかさは全く なく、市民のための静かな祭りだ。

Pb215777

 サルーテ教会は17世紀、当時まだ34歳だった建築家バルダッサーレ・ロンゲーナがコンペで選ばれて建設したもの。ローマで隆盛を極めたバロック様式をヴェネツィアに持ち込んだ。サンタルチア駅からヴァポレットでカナルグランデ(大運河)を進んで行くと、ちょうどアカデミア橋をくぐった所で、まるで海に浮かんでいるかのような雄姿が正面に見えてくる。「ああ、ヴェネツィアにきたなあ・・」と実感する瞬間だ。そういえばキャサリン・ヘップバーン主演の「旅情」でもそんな場面があったっけ。

Pb215793

 サンマルコ側から教会に行くには、船に乗るかアカデミア橋まで遠回りするしかないが、年に1回だけ特別の橋が架けられる。それが、この祭りの数日前だ。

Pb215667

 当日ヴァポレットのジーリオ船着場に行くと、仮橋が出来ていた。注意書きを見ると、「19日14時から25日22時まで 通れる」と書いてあった。わずか1週間だけの特別な橋というわけだ。

Pb215868

 下が船のようになっており、これを土台にして橋げたをいくつもつなぎ合わせた構造。まさに浮き橋になっている。

Pb215871

 大勢で歩くと橋が揺れる。

Pb215682

 橋を渡って教会前広場に行くと、長いロウソクの売り場が設けられていた。ここでロウソクを買って教会に 。

Pb215684

 長いのは1m以上もある特大サイズ。多くは30cm程度のものを買っていた。

Pb215878

 教会正面の入口には 飾りの垂れ幕が下がり、特別の日だとわかる。

Pb215786

 その正面からは対岸のサンマルコの鐘楼がきれいに見える。

Pb215772

 正面の階段からは大勢の市民がお参りのために昇ってくる。入口に着いた時係員が祭壇に繋がる中央部分の人垣を整理して通路を作っていた。ああ、ここからVIPたちが 入ってくるというわけだ。ならば、この通路端でスタンバイすれば、行列の入場が見られるはず。

Pb215701

 ちょうど午前10時ころ、税関の岬方面から白い装束の人たちが行進してきた。

Pb215707

 そしてすぐ目の前を通って教会に入って行く。

Pb215710

 白い服装の基本は変わらないが、その上に羽織るものが微妙に違う。位の違いを表わしているのかも。

Pb215716

 最後に大司教と思われる立派な装束の人が入ってきた。

Pb215722

 いよいよメインのミサが始まるようだ。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夜明け前の海岸散歩ーサンマルコ、スキアヴォーニ

Pb205087

 ヴェネツィアに着いた翌朝、時差ボケもあって夜明け前に目が覚めてしまったので、早朝散歩に出かけた。ホテルはスキアヴォーニ海岸沿いなので、歩きだすとすぐ目の前にサン・ジョルジョ・マッジョーレ教会の姿が。手前にはゴンドラが並ぶ。人っ子ひとりいない風景が素晴らしい。

Pb205104

 土産物を売る露店が一軒だけ開店準備をしていた。オレンジの灯がまぶしい。

Pb205110

 サンマルコ広場方面に歩いて行くと、サルーテ教会の円形ドームが目に飛び込んでくる。雨か、アクアアルタの 名残か、路面がすっかり濡れている。

Pb205112

 街灯は少し前にライトが消えていた。ヴェネツィアの街灯はデザインがしゃれていて素敵だ。

Pb205128

  小広場に入ると、正面には時計塔。広場の昼の賑わいがうそのように静かだ。

Pb205116

 ドゥカーレ宮殿の入り口布告門を見上げる。サンマルコの象徴であるライオン像の威厳ある姿が印象的。

Pb205129

 小広場のアーケードから海側を振り返ると、柱の間からサンマルコの柱がシルエットになってのぞいた。

Pb205133

 空は雲に覆われて、海も沈んだ表情。

Pb205149

 かすかにもうすぐ満月という月が顔を見せた。どうにか今日も晴れてくれるかな。

Pb205136001

 夜明けの兆し。空が心持ち明るくなってきた。

Pb205166

 スキアヴォーニ海岸通りを歩いて戻ってくると、大きな騎馬像にぶつかる。統一イタリアの初代国王ヴィットリオ・エマヌエーレ・2世の雄姿だ。

Pb205167

 その像の下にある女神像も シルエットが美しい。

Pb205171

 目の前の運河を大型船が通って行く。その圧力で起きた波がゴンドラを揺らし、岸辺にたどり 着く。

Pb205156

 ヴァポレットが到着し、仕事に向かう人たちが吐き出されてきた。さあ、今日も一日が始まる。

Pb205185

 リド島方向から 日が昇り、ゴンドラにも光が差してきた。

Pb205181

 あっという間に世界が明るくなり、ドゥカーレ宮殿の壁面が白く輝きだした。さあ、ホテルに戻って朝食だ。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

広場でみかけたいい感じの人たちーサンマルコ広場

P1016085

サンマルコ広場のアクアアルタの模様を見てきたが、その間とてもいい感じの人たちにも出会ったので、その様子を少しだけ・・・。

 多分中学生。理知的な表情が印象的だった。

P1015876

 カフェ・フローリアン前の通路をさっそうと歩いていたグループ。

P1015853

 彼女はスペイン系の顔立ち。情熱的な感じ。

P1016049

 対してこちらの女性は柔らかい表情。

P1016165

 小学生のグループがローマ帝国末期の皇帝像をバックに記念写真。

P1016167

 この女の子、絶対クラスで人気者なんだろうな。

P1016090

 こちらは水中でも堂々と。

P1016122

 映画スターのようにハンサムな男子を発見!

P1016185

 すみません。お邪魔しました。

P1016156

 水遊びは子供たちが上手。

P1016067

 私の記念写真、ちゃんと写してね。

P1016253

 あれ、靴に水が入っちゃったかな?

Pb215821

 お祭りで買ってもらった豚の風船!

Pb194932

 アクアアルタだと、やっぱりお客サン少なくて、暇なのよねえ。

Pb194898

 レディは例えどんな状況でもスタイリッシュです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »