« 「インフェルノ」ラングドン教授の辿ったルート上-フィレンツェ編 | トップページ | ペール・ラシェーズ墓地へーモディリアニとジャンヌの物語① »

「インフェルノ」下 ラングドン教授の行きついた場所は?ーヴェネツィア、イスタンブール編

P1015973

 「馬の首を断ち、盲人の骨を奪った不実なヴェネツィアの総督」を探して、ラングドン教授と女医シエナはヴェネツィアに到着した。

P10102251

 水上ボートで大運河を走っていると、ある教会の壁に「LUCIA」の文字が。

P12144471

 ここはサン・ジェレミア・エ・ルチア教会。自らの目をくりぬかれた聖女(サンタ)・ルチアの骨がここに祀られている。ルチアはシチリアのシラクーザで殉教したが、その遺骨がヴェネツィアまで運ばれたものだ。

P1010024

 教授はヴェネツィアの中心・サンマルコ聖堂へ。そのファザードを4頭の馬が 飾っている。

P1010232

 堂内に本物があり、それはコンスタンチノープルから運ばれたものであることを知る。

P1010230

 堂内は黄金の壁画で装飾されて、まばゆいばかりだ。

Pc075890

 馬をよく見ると、首に巻かれた首輪は、頭部が切断された跡を隠すためであることが明らかになる。

 サンタ・ルチアと馬の秘密が判明した。では誰がそれを行ったのか?調査の結果浮かび上がったのは、エンリコ・ダンドロ。十字軍を率いてコンスタンチノープルを陥落させた勇者だ。「黄金の色をした聖なる英知のムセイオンの中でひざまずき・・・」と、のヒントが提示される。

2012_0416_173236p4168398

 「ムセイオン」とは宮殿のこと。ならば、華麗な建物・ドゥカーレ宮殿にいるのか? しかし、ダンドロはこの宮殿にはいなかった。実に彼の墓はコンスタンチノープルにあったのだ。

 そうした解明と平行して、狂信的な科学者が、世界の人類を3分の1にしてしまうというウイルスをどこかに仕掛けたことが判明する。その仕掛け場所がダンドロの墓と密接な関係がありそうなことが分かってくる。

2012_1227_212134pc275034_21

 教授は一路コンスタンチノープル、つまり現在のイスタンブールに飛ぶ。ダンドロの墓はイスタンブールで最も有名なアヤソフィアにあることが分かった。

Pc2130061

 アヤソフィアはイスタンブールの中心にそびえ立っていた。

2012_1220_170809pc202540

 キリスト教の聖堂からイスラム教のモスクに変貌した壮大な内部空間。

2012_1220_171037pc202550

 2階にある「請願」と名付けられたキリストの壁画。

2012_1220_171201pc202558

 その真下にダンドロの墓はあった。墓に耳を当てると水音が聞こえてくる。水はどこに流れて行くのか?地下に宮殿があるという。それはアヤソフィアのすぐ近く。

2012_1220_182110pc202696

 そこは巨大な水槽だったが、まるで宮殿。

2012_1220_181635pc202681

 その奥にメドゥーサの首が。怪物はこれだ!

Pc2026851

 人類の大量死をもたらすかもしれないウイルスはここに隠されているのか。

 だが、時すでに遅し!ウイルスは拡散を始めてしまっていた。人類は、そしてラングドンはどうなるのか?

 あとは本をお読みください。

|

« 「インフェルノ」ラングドン教授の辿ったルート上-フィレンツェ編 | トップページ | ペール・ラシェーズ墓地へーモディリアニとジャンヌの物語① »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

VENEZIAの風景」カテゴリの記事

イスタンブール・トルコ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

「インフェルノ」気になっていました。

この記事を拝見し、益々読みたくなったので、ぜひ購入しようと思います♪

お写真があることで、より臨場感が増し、物語への期待が高まります!
ありがとうございます♪

投稿: がーこ | 2014年4月16日 (水) 22時33分

がーこ様

 ダン・ブラウンの小説はイタリアが舞台となるテーマが多いので、どうしても興味が湧きますね。今回の新作は、動機づけにちょっと難点が感じられますが、展開の速さやどんでん返しの面白さなど、十分楽しめました。写真を参考にどうぞお読みになって下さい!

投稿: gloriosa | 2014年4月17日 (木) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「インフェルノ」下 ラングドン教授の行きついた場所は?ーヴェネツィア、イスタンブール編:

« 「インフェルノ」ラングドン教授の辿ったルート上-フィレンツェ編 | トップページ | ペール・ラシェーズ墓地へーモディリアニとジャンヌの物語① »