« もう1つの「最後の晩餐」サント・ステファノ教会、マッジョーレ教会ーヴェネツィアにティントレットを訪ねて⑤ | トップページ | ブロワ城・建築の複合博物館 »

ロワール渓谷・ブロワの「音と光のスペクタクル」

P6273402

 皆様お久しぶりです。フランスへの旅から帰ってきました。今回の旅のテーマの1つがプロジェクションマッピング。日本でも東京駅や東京ディズニーランドでの実施で話題を呼んでいますが、フランスではずっと前から各地で行われています。そのいくつかを見てきたので紹介したいと思います。まずは最初に訪れたブロワから。

 ブロワはフランス国内最長の1012キロの長さを持つロワール川流域にある都市。パリ・オステルリッツ駅から約1時間30分のところにあります。ここにあるブロワ城は、5世紀にわたっていくつもの建築様式で増改築が繰り返された“建築博物館”的な混合様式が有名ですが、その城の壁面をスクリーンにしての「音と光のスペクタクル」が夏期間行われています。夕方に到着、そのままショーを見に出かけました。

P6273373

 まずは建物全体がライトアップされます。

P6273385

 時代は中世。戦いの場面が出てきました。

P6273392_2

 自然の風景が展開します。

P6273397

 立派な城が建設されました。

P6273421

 城が崩れて嵐が襲来しているようです。

P6273430

 強大な王の登場でしょうか。

P6273433

 こちらはライバルでしょうか。

P6273440

 白亜の城郭が出現します。

P6273456

 群雄割拠?

P6273461

 華やかな舞踏会の展開か

P6273463

 その舞踏会がシルエットに

P6273466

 全体が白く細く浮き出します

P6273469

 城が炎に包まれ、ゆがんできました。

P6273480

 スペクタクルの終了です。16世紀を中心としたブロワ城にまつわる波瀾の歴史を背景としたスペクタクルだったのですが、予備知識がないため詳細な内容はわかりませんでした。でも視覚的なショーとしては十分楽しめました。

 当日は雨模様で観客も少なめ。でも十分楽しめる内容でした。刻々と変化する内容は動画でないとよくわかりませんが、色彩の華やかさは伝わると思います。





























 


|

« もう1つの「最後の晩餐」サント・ステファノ教会、マッジョーレ教会ーヴェネツィアにティントレットを訪ねて⑤ | トップページ | ブロワ城・建築の複合博物館 »

フランス・ブロワ」カテゴリの記事

プロジェクションマッピング」カテゴリの記事

コメント

おかえりなさいませ♪
プロジェクションマッピングすてきですね!
ヨーロッパの建物に映すと、雰囲気がでていいですね!

少し前に、大阪城でもやっていて、あれも趣があってよかったですが。

よい旅だったなら、よかったですね!

投稿: がーこ | 2014年7月17日 (木) 20時55分

がーこ様

 帰ってきました。今回、プロジェクションマッピングは3か所で見ましたが、ブロワが一番地味目でした。次回に予定しているルーアンは相当華やかになりますので、ご期待下さい。トータルすると、今回の旅は十分楽しめた方だと思います。

投稿: gloriosa | 2014年7月18日 (金) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロワール渓谷・ブロワの「音と光のスペクタクル」:

« もう1つの「最後の晩餐」サント・ステファノ教会、マッジョーレ教会ーヴェネツィアにティントレットを訪ねて⑤ | トップページ | ブロワ城・建築の複合博物館 »