« 会場は異次元の世界だったージャパンエキスポ・パリ下 | トップページ | 広大な庭園での噴水ショー »

ヴェルサイユのセレナーデショー

P7065262

 ジャパンエキスポの翌日、今度は18世紀の世界を探訪に出かけた。行き先はヴェルサイユ。夏場の週末に、夜間噴水ショーと花火のイベントが開催されるのだ。これは出発前にネットで予約していた。当日だと長い行列に並んで切符を買わねばならないからだ。この日は朝から雨模様、ひょっとして中止になるかもと心配しながらだったが、ヴェルサイユに到着する頃には、やっと雨も上がっていた。RERのリヴゴーシュ駅から歩くこと15分。ルイ14世の騎馬像の出迎えを受け、中に入る。

 まずはセットで申し込んだセレナーデショーの会場へ。宮殿内の広間に入ると、中世の衣装を着た女性と古楽器奏者が控えていた。

P7065273

 最初に男装の女性が人形を使って挨拶。

P7065281

 ユーモラスな格好で観客を和ませた。

P7065267

 次に歌が始まった。ソプラノ。朗々と歌い上げる。

P7065289

 ヴェルサイユ最盛期時代の歌だろうか。しばし心落ち着く時間を過ごして、我々は広い回廊に案内された。

P7065291

 あの有名な鏡の回廊。長さ73m、幅10.5mという華麗なスケールの回廊だ。

P7065301

 大きなシャンデリアがいくつも下がり、それらが鏡に映ることで何倍にも増幅されて回廊を照らし出す。

P7065305

 そこにダンスの踊り手たちが入場してきた。タイトルは「王のセレナーデ」。貴族たちの舞踏会の模様を再現したショーだ。

P7065311

 王と姫と従者たち、といった構成のようだ。

P7065315

 王の許へ衣装替えが終わった姫が近づいて行く。

P7065325

 そして舞踏会の始まりだ。

P7065329

 優雅にまたユーモラスに、踊りは何種類かに分けて展開される。

P7065334

 芝居仕掛けの大勢の乱舞。ただ、回廊は暗く、外からの光が完全な逆光になってしまって、写真撮影には最悪の環境だった。

P7065339

 最後はコミカルな服装による陽気なダンスで幕を閉じた。

P7065344_2

 ショーが終わると、いくつもの部屋を通り過ぎて入場した時とは反対側の出口に誘導された。

P7065351

 その途中、会食の間にはマリー・アントワネットと子供たちの絵が掲げられていた。1番左が長女マリー・テレーズ、右端が長男ルイ・ジョセフ、母の膝に抱えられているのが二男ルイ・シャルル。ジョセフが指差している空っぽの揺りかご、実はここには王女ソフィアが描かれていたのだが、制作途中に死亡したため消されてしまったという。また、ジョセフは8歳で病死、シャルルも幼くして亡くなり、母アントワネットはフランス革命によって断頭台の露と消えた。実に悲劇的な家族の絵だ。































|

« 会場は異次元の世界だったージャパンエキスポ・パリ下 | トップページ | 広大な庭園での噴水ショー »

フランス・ヴェルサイユ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~♪
素晴らしいイベントですね!
中世を体感できる、しかもヴェルサイユで!
ステキな空間で、音楽や踊り。
わたしも是非行ってみたいです!

投稿: がーこ | 2014年10月 9日 (木) 10時46分

がーこ様

 セレナーデショーは、歌の時はよかったのですが、ダンスは逆光になってしまって踊っている人たちのシルエットばかりを見ているような感じで残念でした(画像を修正したので、やっとあのくらい人物の表情がわかりましたが)。日没が早い時だと室内が明るくなって、雰囲気が盛り上がるんでしょうけどね。
 ただ、この後に花火が控えており、パリまでの帰りの時間を考えなくてはならないという、いろいろな事情があるので、あまり開演を遅めることも出来ない。いっそのこと、鏡の間のカーテンを全部閉め切ってショーをやって欲しかったと思っています。

投稿: gloriosa | 2014年10月10日 (金) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1035791/57562411

この記事へのトラックバック一覧です: ヴェルサイユのセレナーデショー:

« 会場は異次元の世界だったージャパンエキスポ・パリ下 | トップページ | 広大な庭園での噴水ショー »