« ヴェルサイユにピンクの噴水が上がった | トップページ | マリー・アントワネットが命を断たれた日ーサンドニ聖堂 »

ヴェルサイユの花火と宮殿のライトアップ

P7065554

 花火のベターな鑑賞場所はないものか。宮殿に近い階段が正面で見られるポイントなので、その付近に行ってみたが、もう人で一杯。端の方に移動しながら、隙間を探した。

P7065559

 ちょうど背の低い女性たちのグループの後ろが少しだけ空いていたので、そこにスタンバイした。

P7065562

 花火の開始時間は午後10時50分。それまで、大聖堂のプロジェクションマッピングなど午後11時開始のイベントも見てきたので、時間に違和感はなし。もちろん日没が午後10時くらいだから、十分に空が暗くなるにはそれだけ待つ必要があるのだが、一方でヴェルサイユからパリのホテルまで帰るには、少しでも早く引き揚げて終電に間に合うようにしなければならない。多少は緊張感の伴う時間帯だ。

P7065555

 いよいよ花火スタート。始まって見ると、やっぱり前のご婦人の頭が動くのでしばしば花火が隠れてしまう。それでもどうにか写真を撮ることが出来た。

 花火の規模は日本と比べればそれほど派手でもなく、おとなしい感じ。でも、ここがヴェルサイユだという付加価値がある分、楽しさもプラスされるかな・・・。

P7065546

 青色のきれいな花火が上がった。

P7065563

 光が車輪のように並ぶ瞬間も。

P7065570

 風に流されながらも、大輪の華が出来た。

P7065547

 アップで撮ると爆発したような形になった。

P7065548

 同じ白い光でも、こちらは繊細な感じ。

P7065574

 ストロボのようにパッ、パッと光っては消える。

P7065575_2

 だんだん終盤になって豪快な花火も続く。

P7065576

 マリー・アントワネットもこんな花火を見たのだろうか?

P7065577

 弾けて広がる時の放射具合は、何度見ても面白かった。

P7065582

 午後11時5分、あっという間に花火は終了した。さあ、帰ろう。これなら十分終電に間に合う。でもあっけなかったなあ。

 帰りがけ、正面にライトアップされたヴェルサイユ宮殿が輝いていた。さすがに堂々とした風格十分の姿だ。

P7065578

 宮殿からRERの駅までは結構ある。急ぎ足で駅へ。15分ほどで到着。電車は超満員で出発が少し遅れたが、オステルリッツ駅まで直行、そこから地下鉄に乗り換えて午前1時前にはホテルに着くことが出来た。



































|

« ヴェルサイユにピンクの噴水が上がった | トップページ | マリー・アントワネットが命を断たれた日ーサンドニ聖堂 »

フランス・ヴェルサイユ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1035791/57641563

この記事へのトラックバック一覧です: ヴェルサイユの花火と宮殿のライトアップ:

« ヴェルサイユにピンクの噴水が上がった | トップページ | マリー・アントワネットが命を断たれた日ーサンドニ聖堂 »