« 歴史の節目には常にブランデンブルク門があった・・・ベルリン④ | トップページ | キリストの生と死が描かれたベルリン大聖堂主祭壇・・・ベルリン⑥ »

ベルリン大聖堂にハートマークが!・・・ベルリン5

Pa119087
ベルリン2日目の夜は、大聖堂のプロジェクションマッピング見物に出かけた。こちら大聖堂前広場は人で一杯。10月も中旬となると夜はかなり冷え込むが、広場は熱気さえ伝わってくるような感じだった。
Pa119089
 ただ、こちらのマッピングは全体的に照明が弱く、 大聖堂がくっきりと浮かび上がらない。黄金に染まったこの場面くらいがまずまずというところ。
Pa119092
 このイラストは、「壁」に描かれていたデザイン。
Pa119095
 全体がぼんやりしていて、何を表現しているのかがわかりにくかった。
Pa119098
 こちらは歴史上の偉人たちのようだ。
Pa119133
 アップにしてみるとこんな具合。この大聖堂に安置されているホーエンツォレルン王家に関わる人たちだろうか。手前の白い部分は噴水だ。
Pa119101
 こちらも歴史上の出来事を表しているようだが、どうもはっきりしない。
Pa119104
 これもよくわからない。残念!
Pa119108
 今度は全体が縞模様に包まれた。
Pa119113
 そして、赤と白のハートマークが浮き上がった。これはわかりやすいイラストで、観客の拍手が沸き上がった。
Pa119141
 少し場所を移動して、テレビ塔が一緒に移るような角度で撮影してみた。
Pa119139
 やっぱり、ハートマークが一番わかりやすかった。
といった訳で、大聖堂プロジェクションマッピングの撮影は、あまりうまくは出来なかった。

|

« 歴史の節目には常にブランデンブルク門があった・・・ベルリン④ | トップページ | キリストの生と死が描かれたベルリン大聖堂主祭壇・・・ベルリン⑥ »

ドイツ・ベルリン」カテゴリの記事

プロジェクションマッピング」カテゴリの記事

夕景・夜景」カテゴリの記事

コメント

最近の日本もそうでしょうけど、ベルリンの街でもあちこちで
プロジェクションマッピングが行われているのですね。
今回の大聖堂のデザインは、なかなか斬新な印象です。
実際に目の前で次々と映像が移り変わる様子は
かなり見ごたえがありそうですね。

投稿: hanano | 2016年2月 5日 (金) 19時35分

hanano様

 ベルリンのプロジェクトマッピングは、毎年10月に行われる「光の祭典」の時に実施されています。もう10年位前からやってます。また、フランスなどではそのずっと前からシャルトル、アミアン、ルーアンなどでやってるようですよ。そのせいか、フランスはとても充実してました。特にルーアンとランスが、私には印象的でした。

投稿: gloriosa | 2016年2月 6日 (土) 10時27分

こんばんは!

色味が鮮やかなのでキレイですね~。
ハートマークとは、一気に建物がポップになりましたね!

関西では、大阪城や姫路城のプロジェクションマッピングがとても素敵ですよ♪

投稿: がーこ | 2016年2月 8日 (月) 04時01分

がーこ様

 ブログでも書いたように、大聖堂のマッピングは光量が弱めだったので、鮮明さが足りずに個人的には不満足でした。でも、ハートとかイラストとか、確かにポップな感じでしたね。これからももう少し面白いマッピングも登場しますから、少しだけ期待していてください。
 大阪城のマッピングは昨年1月に行ってきましたよ。なかなか工夫を凝らした面白いものでした。姫路城もやっているんですね。それは知りませんでした。

投稿: gloriosa | 2016年2月 8日 (月) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1035791/63755711

この記事へのトラックバック一覧です: ベルリン大聖堂にハートマークが!・・・ベルリン5:

« 歴史の節目には常にブランデンブルク門があった・・・ベルリン④ | トップページ | キリストの生と死が描かれたベルリン大聖堂主祭壇・・・ベルリン⑥ »