« 廃墟から最先端の街へーポツダム広場・・・ベルリン⑧ | トップページ | 夜、ポツダム広場では華麗な色彩の競演が始まる・・・ベルリン⑩ »

マレーネ・ディートリッヒ広場と天使の翼ーポツダム広場・・・ベルリン⑨

Pa108504
 ポツダム広場の、ダイムラーベンツが中心となって開発したエリアに入った。すぐに目についたのがこの標識。マレーネ・ディートリッヒ広場と書いてある。
Pa108498
 しっかりイラストの入った看板もあった。
マレーネはドイツ映画史上もっとも有名な大女優だ。1902年ベルリン生まれ、初主演した「嘆きの天使」によって一躍スターダムにのしあがった。
 
Th10_2
 その時の、スター誕生にまつわるエピソードがある。
 ドイツ初のトーキー映画「嘆きの天使」の制作を決めたジョセフ・フォン・スタンバーグ監督は 、主役に第一回アカデミー主演男優賞受賞者のエミール・ヤニングスを起用。 ただ、相手役選びが難航していた。
 そんな時、偶然スタンバーグが見たレビューに出演していた一人の女性を認め、彼女を抜擢することにした。それが、マレーネだった。
 果たして映画は大ヒットとなった。大胆に見せた脚の美しさ、セクシーな歌声、存在感たっぷりの演技・・・。完全に主役のエミールまでも圧倒して、マレーネは世界の脚光を浴びることになった。
Marlenedietrich7sss1
 ハリウッドに招かれて、スタンバーグ監督とともに制作した「モロッコ」「上海特急」などが、次々とヒット。粋な演出、圧倒的な映像美とともに観客を虜にしていった。
Tho291pu95
 ただ、時代は風雲急を告げていた。ドイツではナチスが政権を握り、祖国の映画界を支えていたユダヤ人や知識人が迫害を受け、マレーネはそれを非難した。
 
 ナチスはマレーネを政権の看板に利用しようとしたが、彼女はこれを拒否、「国家の敵」と非難されても屈せず、ついには、追われるようにしてアメリカに渡ることになった。
O05400300116643198911
 戦後は歌手としても活躍したが、祖国への帰還はかなわず、1992年、パリで生涯を閉じた。後年、自らの人生について聞かれた時、彼女は「「私の人生ったら、ひどいもんだったわ」と述懐したという。
 国籍はアメリカに変えてはいたが、彼女は常にドイツ人としての誇りを胸に生きた人生だった。
Marlene1_2
 死後、生まれ故郷であるベルリン・シェーネベルク 墓地に埋葬された。
 
「人生の思い出が刻まれた場所、ここに私はいる」。墓碑にはこう記されている。
 
 マレーネについてはほとんど知らない私だが、ある旅先でのどの渇きを癒すために入った喫茶店で、彼女の「リリーマルレーン」が流れていた。胸に染み通る彼女のハスキーボイスを、今も昨日のことのように鮮明に記憶している。
Pa108532
 マネーネ広場の向かいには大きな映画館があった。
Pa108490
 その前には白い翼のようなものがいくつも並んでいた。
Pa108495
 子供たちがその翼を使って飛び立つ真似をしていた。
Pa108547
 これも「光の祭典」の一環。 「天使の翼」 と名付けられ、みんな思い思いに光る翼と共に天に昇る夢を見ているようだった。
 これも、「嘆きの天使」でスターダムに上り詰めたマレーネの人生と重ね合わせた演出だったのかも。
Pa108533
 ビルに入ると、すぐにアンペルマンショップがあった。
 東ドイツの交通信号で、青が進め、赤が止まれ、のイラスト。その姿がかわいいとすっかり人気が定着し、今ではベルリン中の信号がこれになっている。
Pa108535
 こんな大きなイラストの点滅 もあった。
Pa108536
 こちらが「進め」。
Pa129532
 通りの一角に、壁の一部が残されていた。壁の解放から26年も経つと、もうちょっとお洒落なモニュメントになってしまった感じだ。
 
 
 
 
 

|

« 廃墟から最先端の街へーポツダム広場・・・ベルリン⑧ | トップページ | 夜、ポツダム広場では華麗な色彩の競演が始まる・・・ベルリン⑩ »

ドイツ・ベルリン」カテゴリの記事

コメント

ひとつ前の記事へのコメント、失礼します。
ベルリンの壁崩壊から26年、ベルリンの街は
すっかり現代的な大都会となっているのですね。
夜のポツダム広場の光の競演などは、近未来的な感じすらします。
gloriosaさんの記事からは、ベルリンの魅力が
臨場感をもって伝わってきて、ますますこの街に惹かれました。
マレーネ・ディートリッヒの記事も、とても楽しんで
読ませていただきました。
本当に魅力的な、女優らしい女優です。
「上海特急」の中の軍帽を被った姿や「望みは何と
訊かれたら」の歌声など、いろいろ忘れられません。

投稿: hanano | 2016年2月21日 (日) 15時11分

hanano様

 ベルリンは日々変化する都市という印象で、とてもダイナミックに動いています。従って、短期間の滞在ではなかなか全容をとらえきれませんが、感じた範囲で紹介していくつもりでいます。
 ボッティチェリやフェルメールなどの絵画関係の訪問記も来週あたりにはアップしたいと思っています。
 お忙しいようで、どうぞ御身大切に!

投稿: gloriosa | 2016年2月21日 (日) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1035791/63976629

この記事へのトラックバック一覧です: マレーネ・ディートリッヒ広場と天使の翼ーポツダム広場・・・ベルリン⑨:

« 廃墟から最先端の街へーポツダム広場・・・ベルリン⑧ | トップページ | 夜、ポツダム広場では華麗な色彩の競演が始まる・・・ベルリン⑩ »