« カイザーヴィルヘルム新教会の深く青いステンドグラス・・・ベルリン㉘ | トップページ | 71年前の今日、ヒトラーは自ら命を絶った・・・ベルリン㉚ »

終戦から60年後に造られたホロコースト記念碑・・・ベルリン㉙

Pa119377
 ブランデンブルク門から約100m、ベルリンの一等地エバート通りの広大な敷地に、様々な高さの立体が並んでいる。
Pa119378
 2005年5月、アメリカの建築家ピーター・アイゼンマンによって造られた壮大なモニュメントは9000㎡という広がりを持つ。
Pa119390
 そこにあるのは2700の石柱。まるで座椅子のような地面すれすれの高さから、
Pa119389
 5m近い見上げるような柱もある。これは「殺害されたヨーロッパユダヤ人のための記念碑」。通称ホロコースト記念碑だ。
Pa119388
 整然と並ぶ石柱の間を歩いた。あるところでは降り注ぐ秋の陽光にまぶしく照らされ、
Pa119386
 またあるところでは石柱が造る暗い影の深さに飲み込まれそうになる。
Pa119383
 墓石の渦にも見える石柱のさざ波の狭間を歩きながら、600万人ともいわれる第二次世界大戦時の犠牲者たちの無念の叫びが、石の森中に響き渡る錯覚に襲われた。
Pa119382
 この記念碑建設の運動を起こしたのは、女性ジャーナリスト、リア・ロッシュ。戦後43年経った1988年のことだった。ともすると記憶に薄れがちになる過去の過ちを忘れぬため、新たな記念碑を創ろうと市民や行政に向けて呼びかけた。
 ただ、その翌年の「壁」の崩壊、東西ドイツの統一という大事件が起きて、構想は中断していたが、10年後に改めて機運が盛り上がり、最終的には2760万ユーロという巨額を投じての完成となった。
Pa119372
 首都の中心部に自らの国が犯した歴史の暗部を白日の下にさらし続けることを選んだ国民の決意は、決して生易しいものではなかったのではないだろうか。
Pa119371
 それに驚くことは、こうしたホロコースト関連の諸施設のほとんどは全く料金を取らない、無料での開放がなされているということだ。
 

|

« カイザーヴィルヘルム新教会の深く青いステンドグラス・・・ベルリン㉘ | トップページ | 71年前の今日、ヒトラーは自ら命を絶った・・・ベルリン㉚ »

ドイツ・ベルリン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1035791/65190502

この記事へのトラックバック一覧です: 終戦から60年後に造られたホロコースト記念碑・・・ベルリン㉙:

« カイザーヴィルヘルム新教会の深く青いステンドグラス・・・ベルリン㉘ | トップページ | 71年前の今日、ヒトラーは自ら命を絶った・・・ベルリン㉚ »