« 超現代!ガラス製の議会議事堂に昇る・・・ベルリン㉛ | トップページ | イーストサイドギャラリーで「伝説のキッス」を見る・・・ベルリン㉝ »

議会議事堂前広場の紅葉と首相官邸・・・ベルリン㉜

Pa119257
 連邦議会議事堂の見学の後、その前に広がる共和国広場を散策した。議事堂見学が朝だったので、広場散策も午前の温かい日差しが降り注いでいた。
 散策に入る前に、この議事堂にもナチスの傷跡がついていることを、書き残しておきたい。
 1933年2月27日、議事堂が放火されるという事件が起き、青銅の円蓋屋根が焼け落ちた。
 この年は、ヒトラー政権が樹立された年。翌28日すぐさま「国民と国家の防衛のための大統領緊急命令」が発効された。
 大統領に超法規的に何でもできる権限を与えるもので、ヒトラー大統領は次々と自らの政敵を根絶やしにする政策を打ち出した。
 具体的には、ナチスはこの放火事件が共産党による仕業だとして同党弾圧の口実にした。強圧支配がこの事件を機に始まったのだった。
Pa119181
 さあ、散策に入ろう。まず最初に目についたのは、地下鉄駅から階段を上がって地上に出た瞬間に目に飛び込んだのが、この深紅の樹木だった。
Pa119258
 そして、。秋の日差しを受けて鮮やかな紅葉を見せていたのが広場の木々。
Pa119259
 青空との対比で、目が痛くなるほどの素晴らしいコントラストが展開される。
Pa119275
 ドイツの落葉樹もみごとに紅くなるものだ、などと変なところに感心したりしている。
Pa119270
 中にはもう落葉も始まっていて、地面もオレンジに染まる。
Pa119261
 すぐ先には噴水があり、
Pa119263
 そこに連邦首相府の建物があった。メルケル首相の執務する場所だ。
Pa119266
 その形や白さなどから、洗濯機というニックネームが付けられているという。
 この地区周辺はシュプレー川沿い再開発の要となる地域で、これからもさらに新しい建物などが建設される予定という。
Pa119273
 もう一度真っ赤な紅葉をじっくり眺めてから、広場を後にした。

|

« 超現代!ガラス製の議会議事堂に昇る・・・ベルリン㉛ | トップページ | イーストサイドギャラリーで「伝説のキッス」を見る・・・ベルリン㉝ »

ドイツ・ベルリン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1035791/65375084

この記事へのトラックバック一覧です: 議会議事堂前広場の紅葉と首相官邸・・・ベルリン㉜:

« 超現代!ガラス製の議会議事堂に昇る・・・ベルリン㉛ | トップページ | イーストサイドギャラリーで「伝説のキッス」を見る・・・ベルリン㉝ »