« イーストサイドギャラリーで「伝説のキッス」を見る・・・ベルリン㉝ | トップページ | ドイツの20世紀を写真で振り返る場所「テロのトポグラフィー」・・・ベルリン㉟ »

イーストサイドギャラリーは自由実験劇場・・・ベルリン㉞

Pa108887_2

 前回に続いてもう一回イーストサイドギャラリーを見てみよう。壁の厚さはこんなものだけれど、それが29年も国を2つに分断してきたとは、なかなか実感がわかない。

Pa108858_2

 壁には個々の歴史とは無関係なイラストも結構あった。これはプレスりー?

Pa108873_2

 一見ピカソ風イラストも。

Pa108878_3

 妙にファッショナブルな絵もあった。

Pa108886_2

 この人誰だっけ?

Pa108895_2

 とってもメルヘン調。

Pa108896_2

 かと思えば、死の街を連想させるようなイラストも。

Pa108861_2

 この絵には「自由へのダンス」とタイトルがついていた。

Pa108862_2

 こちらも自由へ向かって飛んで行く絵かも。

Pa108864_2

 飛んでいった先には、こんな自由な街がある!?

Pa108865_2

 閉じられた壁ではなくて、流れ出るダムの水。

Pa108866_2

 その水辺で楽しむ市民たち。

Pa108877_2

 秤を持つのは公平の女神?横にはアインシュタイン、ゲーテ、シラーといずれもドイツの著名人がいる。

 とにかく多種多彩なイラスト劇場だった。





























|

« イーストサイドギャラリーで「伝説のキッス」を見る・・・ベルリン㉝ | トップページ | ドイツの20世紀を写真で振り返る場所「テロのトポグラフィー」・・・ベルリン㉟ »

ドイツ・ベルリン」カテゴリの記事

コメント

gloriosaさん、こんにちは。

イーストサイドギャラリーの自由実験劇場・・・いいですね。この様に壁に書かれた絵を見ながら散策するのは本当の旅行に行った楽しみの一つですね。

時々、なにげに散歩に出かけてた町の壁に書かれたイラスト(違法かも知れませんが)がとても素敵で感動する場合があります。とても嬉しくなりますね。
落書きではなくて芸術の域に達している場合もあり、このまま美術館に寄贈したらいいのにと思える程です。

世の中にはこんなに多くの芸術家がいるのだと改めて思える瞬間で嬉しくなります。

投稿: omoromachi | 2016年5月15日 (日) 12時32分

omoromach

 こんばんわ。ここのギャラリーは何しろ1キロ以上もある長いイラストスペースにぎっしりと描かれているので、見飽きません。気候の良い季節にはサンドイッチ持参で散策する人もいるとのことでしたよ。
 商店のシャッターにいたずら書きするような下品なものではなく、人の気持ちを温かくする落書きなら、
自由にできるスペースを開放するのも、町おこしにもなっていいでしょうね。

投稿: gloriosa | 2016年5月15日 (日) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1035791/65495391

この記事へのトラックバック一覧です: イーストサイドギャラリーは自由実験劇場・・・ベルリン㉞:

« イーストサイドギャラリーで「伝説のキッス」を見る・・・ベルリン㉝ | トップページ | ドイツの20世紀を写真で振り返る場所「テロのトポグラフィー」・・・ベルリン㉟ »