日本の風景

“枯れ葉に光”の幽玄・・・目黒雅叙園「和のあかり展」下

P7275709

 静水の間には、月が映し出されています。

P7275716

 水晶(?)によって人工的に形成された、変化する月。

P7275754

 星光の間。ここは植物の明り。ほおずきの赤がほんのりと色づいて・・・。

P7275762

 どこか懐かしさを感じさせます。

P7275733

 枯れ葉もこうして集められると、新しい意味を持ち始めます。

P7275775

 イチョウ。朽ちた部分の味わいが何とも言えない。

P7275784

 清方の間は,和紙で造られた灯篭が展示されています。闇から浮き出るチョウチョの妖艶さ。

P7275795

 これも和紙の灯篭。こちらは鮮烈なイメージです。

P7275812

 同じ和紙でもこんな現代的な造形もあります。

P7275808

 この部屋は、美人画の大家・鏑木清方の絵で覆われています。これは娘道成寺。

P7275815

 武者絵もありました。

P7275817

 天井も清方の絵が一杯。

P7275846

 頂上の間。山口県柳井市の祭「金魚提灯」が部屋中に広がっています。

P7275852

 障子のデザインもなかなか。

P7275901

 会場への行き帰りに乗ったエレベーターにまた、超豪華な装飾が施してありました。









































| | コメント (2) | トラックバック (0)

ねぶた祭りの熱気を再現・・・・目黒雅叙園「和のあかり展」上

P7275882

 東京・目黒雅叙園で開かれていた「和のあかり展」に行ってきました。それで、2回にわたってその模様をお伝えしますので、「シチリアの旅」掲載は1週間後から再開します。

 目黒雅叙園には百段階段と呼ばれる階段があり、その途中に7つの部屋が設営されています。それぞれに豪華な装飾がなされていますが、その部屋を活用し、各々に多様な照明を設置して「和の世界」を演出しようというもの。

P7275627_2

 最初の「十畝の間」には、伝統的な職人の技から生まれた作品が展示されていた。これは江戸切子。

P7275643

 かんざしは、シルエットにしてそのフォルムの面白さを浮き立たせます。

P7275636

 和室にピッタリの和灯篭。

P7275877

 次の部屋は「漁礁の間」。ここには気鋭のねぶた職人4人によって制作された青森ねぶたが展示されています。

P7275887

 角度を変えるとまた、違った迫力が増してきます。

P7275669

 中でも鬼気迫る天狗(?)の表情は圧巻。

P7275885 

 部屋中に描かれた日本画にもマッチした雰囲気。

P7275871

 目を惹くのは床柱に施された彫刻。

P7275661

 欄間の絵も実はレリーフになっています。

P7275868

 こんな優雅な舟遊びの風景も。

P7275679

 この絵も浮き彫り。3Dの仕掛けがたっぷり詰まった部屋でした。

P7275695

 「草丘の間」には竹の中に照明を入れ込んだ仕掛け。

P7275782

 そうそう、百段階段を紹介するのを忘れていました。その名の通り、ちょうど100段の階段が一直線に設定されており、写真で見ると左側にある7つの部屋に出入りできるようになっています。

 後半部分は次回に。



































| | コメント (2) | トラックバック (0)

六本木ヒルズから東京の中心を見下ろす 

P6292763

 森美術館の後、同じ階にある展望台から東京の風景を眺めました。

P6292767

 入口を入ってすぐ前に見えるのが東京タワー。存在感たっぷりです。そこから基本的に時計回りに一周して行きます。

P6292750

 地階よりも最上階の方が広がっているように見える不思議なビル。元麻布ヒルズ。これも六本木ヒルズと同じ森ビルのものだそう。

P6292780

 首都高3号線。右奥の高層ビルがヒカリエ、その左隣がセルリアンタワー。晴れていればさらに奥に富士山が見えるんだけど・・・。

P6292879

 陽が差してきたので、少し戻って東京タワーを1枚。

P6292892

 展望台の後方の壁に、見物客の影が映っていた。

P6292998

 こちらは東京ミッドタウン。かなり高い。

P6292920

 ミッドタウンの隣にあった、カプセルを寄せ集めたような変わったビル。

P6292956

 国立新美術館にも明りが灯った。

P6292915

 新宿新都心の夕暮れ。

P6292989

 お台場のレインボーブリッジもよく見える。

P6292966

 月が昇ってきました。

P6293046

 神宮外苑の聖徳記念絵画館のライトアップ。ここがライトアップしているところは初めて見た。前の通りはイチョウ並木の名所。

P6293053

 すっかり夜になってきた。レインボーブリッジに光が灯り、左奥の東京ゲートブリッジは青く光っている。

P6293080

 中央奥の高いビルは虎ノ門ヒルズ。これも新しい高層ビル。

P6293065

 帰りがけにもう1度、東京タワー。

P6293105

 おっとっと。肝心の六本木ヒルズを忘れていました。展望台を下りて、地下鉄に向かう途中で。

 後日談ですが、この展望台に本を忘れてしまい、翌日問い合わせしたら、「見つからない」との返事。あきらめていたら、夕方になって「ありました」との電話。それでもう1度六本木ヒルズに出かけることになりました。


































 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜・みなとみらい散歩

Pc247155

 先日、少し長めの散歩で横浜・みなとみらい地区まで行ってきた。爽やかな晴天、空が広い。

Pc247227

 夕方になって、クイーンズスクエア横浜のビル群に照明が灯りだした。

Pc247232

 夕日の空の色の変化も微妙なグラデーションがついている。

Pc247277

 よく見るとランドマークタワーの左側方面、赤レンガ倉庫の奥に茜色に包まれた山が見える。そう、富士山だ。こんなところに見えるのを初めて気付いた。

Pc247247

 と、目の前を大型船が通る!

Pc247258

 これは国内最大級の豪華客船飛鳥Ⅱ。ワンナイトクルーズという特別企画だそうだ。

Pc247308

 西の空を眺めれば、上空彼方に冴え冴えと三日月。

Pc247321

 すっかり日が沈んでビルの照明も白っぽくなってきた。

Pc247323

 実はこの日はクイーンズスクエアのビル群の全館点灯日。見事に点灯している。

Pc247338

 少し移動してきた。横浜税関・クイーンの塔が黄色に輝いている。

Pc247363

 赤レンガ倉庫近くで、こんな門のイルミネーションがあり、ビル群が額縁絵のようになっていた。

Pc247354

 門の手前にはキャンドル。ハート模様?

Pc247379

 赤レンガ倉庫に到着。倉庫とビル群が1列に並ぶアングル。

Pc247416

 帰りがけ、もう1度ビルを眺めた。観覧車の赤が印象的だった。




































| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年ー石んこ地蔵さん

P1017353

 皆様 明けましておめでとうございます。今年もブログ「イタリアの誘惑」をよろしくお願いいたします。

 年明けということで、今年第1回目は、縁起のよさそうな写真でスタートしたいと思います。冒頭の写真は、鎌倉明月院で見かけた竹飾り。正月の松飾りに似た雰囲気。

P1017369

 その明月院にはこんな円窓がある。昨秋の京都のCMでは京都・源光庵の円窓が使われていたが、鎌倉にも立派な円窓がある。裏庭の紅葉が額縁に入った絵のようで素敵だった。

Pb276915

 明月院の後に行った長谷寺にはかわいい地蔵さん「石んこ地蔵」がいた。それも3組。最初は境内に入って間もなく、観音堂へ向かう階段の途中、右側の路地にちょこんと立っていた。3組のうちこれは「3人歌声」という名前なそうな。

Pb276891

 次に敷地内にある和風レストランの横の竹林にあったのが「陽だまり」。

Pb276874

 3番目はあじさい散策路を上って行き、湘南の海が見渡せる見晴らしの良い頂上付近。通称「3人家族」。

 このような小さな像だけではない。鎌倉を代表する像はなんといっても鎌倉大仏。

Pb276841

 台座を含めた高さは13.35m、重さ121トンという国宝の阿弥陀如来。

 この大仏さんのようにおおらかな、石んこ地蔵さんたちのようににこやかに過ごせる1年になって欲しいですね。
















| | コメント (6) | トラックバック (0)

今が最盛期・鎌倉の紅葉

P1017451

 鎌倉に行ってきました。雲ひとつない好天気の中で、紅葉が一際輝いていました。

P1017331

 最初に行ったのが明月院。それほど紅葉が多いというわけではないのですが、いくつかのモミジは本当に真っ赤!

P1017449

 青い空を背景にその色を誇っています。

P1017337

 庭園の中は自然そのままのような林もあります。

P1017412

 その木から落ちた枯れ葉が朝日に照らされています。

P1017464

 そして紅葉はますます赤く・・・。

Pb276842

 次に寿福寺に立ち寄りました。参道にあったモミジが見事に赤く染まっています。

Pb276785

 ここは全くオレンジや黄色がなく、完全な深紅状態。

Pb276829

 心も晴れ晴れ!

Pb276982

 次に長谷寺に。ここはライトアップがあるということで、しばらく湘南の海岸を眺めたりしながら時間を調整。午後5時前ころに照明が点灯しました。

Pb277026001

 ある場所では赤と緑の混じった照明があり、それが紅葉を際立たせる効果を出しています。

Pb277036

 夕闇の青い空がまた美しい!

Pb277045001

 背景の青が徐々に暗くなり、葉のオレンジが強調される。

Pb277099

 池にも紅葉の風景が映し出されます。そして空には三日月。

Pb277114

 燃える紅葉も裸の樹木を通して見ると、また不思議な風景に変化しました。

結構な人出でしたが、数年前に行った京都に比べればかなりゆったりと眺められ、首都圏の人にはお勧めです。












































| | コメント (0) | トラックバック (0)

天空の城と大都会の城ー犬山城と名古屋城

Pa083916

 明治村に行った帰り、同じ犬山市にある国宝・犬山城を目指した。この城は1537年織田信康が築城したが、1600年の関ヶ原合戦後現在の天守部分などが築かれた。

 駅で「城に行くにはどのバスに乗れば・・・」と聞くと、「城行きのバスはない。でも歩いてでも十分いける」とのこと。だが、少し迷ったりしているうちに開城時間が過ぎてしまっていた。

Pa083860

 それで、外観だけでも眺めようということにしたが、なかなか城全体が見えるロケーションが見つからない。しかも、夕日が間もなく沈んでしまいそう。

Pa083868

 かろうじて城近くの高台の公園の坂を上って、夕日の当たる天守部分を眺めることが出来た。

Pa083876

 夕暮れ。遠くの山々に霞がかかり、懐かしい風景が故郷の山を思い出させる。

Pa083880

 茜色の空の美しさは格別だ。さあ、名古屋に戻ろうか。と思った時、天守にライトが当たり始めた。ああ、この城はライトアップされるんだ。どこか全体が見える場所はないか。改めて周囲をじっくり見渡すと、少し先に川が見える。木曽川だ。あの川べりに降りれば、しっかり城が見えるはず。ぐるりと回り道をしてやっと河畔に出ることが出来た。

Pa083901

 橋を渡りながら、城とその周辺を見渡せるポイントを探す。

Pa083886

 だんだん周囲が暗くなり、天守のライトアップが鮮やかに輝き始めた。

Pa083905

 兵庫県の竹田城址が「天空の城」と言われて有名だが、この犬山城も角度によってはまさに天空の城のように見える。

Pa083893

 現存する国内の天守のうちで最古のものといわれる。中には入れなかったけど、ライトアップに気付いてよかった。

Pa083922

 帰り道、思いもかけず満月に出会えた。

Pa093954

 翌日、今度は名古屋城を見なくては。こちらは関ヶ原合戦後、徳川家康が1610年に築城を開始した大規模な城。国の特別史跡になっている。ホテルが城の近くで,館内の窓から城が見えた。

Pa093952

 金のしゃちほこもちゃんと見えた。でもやっぱりガラス越しではなく生で見なくては、と出掛けたが、意外に全景を程よい距離で見渡せる場所が見つからない。城壁に木が生い茂って、中距離から城を俯瞰できないのだ。

Pa093987

 ぐるぐる回っているうちに、少し離れた場所にある歩道橋の上からやっと程よい距離で城を望むことが出来た。

Pa093963

 空港に向かう前、名古屋のもう1つのランドマークであるテレビ塔とオアシス21のコラボもカメラに収めた。

 ばたばたとあわただしく、でもそれなりに楽しい旅だった。
































| | コメント (0) | トラックバック (0)

明治をよみがえらせるワンダーランドー明治村探訪⑦

P1017179

 村のメインストリート・レンガ通りでかわいらしい街灯を見つけた。明治の女性たちが合唱している風景。

P1017191

 こちらは洋館の前で集会?

Pa083495

 街灯ではないが、看板風なものもあった。女性たちのお出かけ風景。

Pa083496

 荷車を引く商人たち。

Pa083497

 大きな商人店の台所での炊事模様。ほのぼのとした一見竹久夢二風の絵もあり、魅力的だった。

Pa083526

 そのレンガ通りから前方に見える堂々とした洋館は、北里研究所本館だ。

Pa083535

 破傷風の血清療法を開発した北里柴三郎が開いた研究所。東京芝白金にあった建物だ。

Pa083548

 4丁目に進むと日本赤十字社の病棟がある。シーツカバーに大きな赤十字マークが付いている。布団のしわの寄り方が妙に面白かった。

Pa083547

 廊下に陽が差し込んで、窓枠を床に映していた。昔々の小学校の廊下を思い出してしまった。

Pa083569

 間もなく呉服(くれは)座が見えてくる。大阪にあった歌舞伎場だ。歌舞伎の地方巡業などで使われた。

Pa083568

 その際、上演する演目の名場面が入場口の上に掲げられた。この日の演目は「明治一代女」「滝の白糸」「婦系図」の豪華三本立て!

Pa083573

 平土間は一般席、桟敷席が特別席。ここで政談演説会が開かれることもあり、尾崎行雄が演説したこともあったらしい。

Pa083783

 5丁目の端の方に独特の形をした建物があった。これは川崎銀行本店。といっても川崎市にあったわけではなく、東京・日本橋の建物。水戸藩の勘定方だった川崎八右エ門が開設した銀行で、明治中期は国内の有力銀行だったという。

Pa083784

 玄関の扉には菊の紋章が。

Pa083787

 後に三菱銀行と合併したが、建物は昭和61年に取り壊されるまでは日本信託銀行本店となり、日本橋のシンボルとして親しまれていた。ここにはその建物の一部だけが移管された。

 明治村。近いようで遠い、意外に知られていなかったり、忘れていたりした明治の記憶を呼び起こし、あるいは新たな情報を教えてくれたワンダーランドだった。









































| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉にまったりー明治村探訪⑥

P1017158

 村内はちょうど木々の葉が色づく季節になっていた。見事な紅葉が青空に映えて・・。

P1017205

 柿の実も赤みを増しておいしそう。でもこれは多分渋柿のよう。

P1017319

 もう,枯れ葉になっているところも。そんな枝でも陽が当たるととても風情が増す。

Pa083438

 一方で、まだまだ緑のままの木もあった。

Pa083448

 そんな村内を颯爽とはかま姿で歩く女性がいた。この村にはぴったりの風景。

Pa083419

 西郷従道邸に入った。従道は西郷隆盛の実弟。彼が東京・目黒に建てた洋館で、明治村に最初に移築されたもの。明治22年にはこの館に天皇が訪れ、前庭で行われた相撲を観戦したという。

Pa083426

 テーブルにはディナーの様子が再現されていたが、天皇訪問時もこのような感じだったのだろう。

P1017155

 ここにある家具調度類は宮内庁で使われたものが置かれている。

Pa083433

 これは何だ! 実はカーテン。重厚な仕立てになっている。

Pa083439_2

 夏目漱石の住宅。この家には明治23年に森鴎外が住み、その14年後に夏目が借りたという。座敷には猫がいた。まさに「吾輩は猫である」と、語り始めそう。

Pa083449

 鉄道局新橋工場内にあった御料車。明治天皇が乗った車両だそうだ。

Pa083847

 入鹿池。だいぶ村の奥まで来た。広々とした光景に気分も爽快!
































| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノスタルジアを誘う風景いろいろー明治村探訪⑤

Pa083373

 三重県の旧制小学校教室があった。小学校なので椅子も机もみんな小さい。そして木製。昔々、子供のころを思い出させる風景だ。

P1017142

 特に、鍵盤が少し壊れかけたオルガンの風情が何ともいえず懐かしい。

Pa083367

 学校の入り口から外を見ると、すっかり晴れたさわやかな午後の街並みが広がっていた。

Pa083489

 どれも歴史を刻んだ建物ばかりだが、なかでもずしんと重みを感じさせるのが旧制四高校舎の外にあった石の階段。

Pa083492

 堅牢な石がこんなにまですり減るのにどれだけの若者たちが出入りし、どれだけの時間を要したのだろうか。

P1017174

 教室内には、当時の学生姿の小さな像が置いてあった。これも郷愁・・・。

Pa083485

 四高の裏に林立していた竹林。こちらはあくまでもまっすぐに空に向かって伸びていた。垂直に伸び続ける竹と、ジワリとすり減っていった石段。その対比もまた、時間と歴史がなせる技。

Pa083383

 村を流れる小川。ちょっとした滝のような清涼感。

Pa083451

 三重県庁の室内にあった、大きな花を飾った花瓶。暗い室内にわずかに差し込んだ光で浮かび上がったシルエット。

Pa083454

 昔日の室内の豪華な写真を背景に、当時に似せて置かれた家具。重厚感が漂っていた。

Pa083555

 これが郵便局?今では考えられないほどモダンに造られた宇治山田郵便局。

Pa083842

 正面から見てもまるで貴賓館でもあるかのような、堂々とした建物だった。


































| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

carnevale di venezia | VENEZIA ベスト3 | VENEZIA 教会巡り | veneziaの橋 | よさこい踊り | アッシジ | アントワープ ベルギー | イスタンブール・トルコ | イスタンブール・建築と歴史 | イルミネーション・ヨーロッパ | ウイーン | ウイーン 夜景 | ウイーン 小路巡り | ウイーン 教会巡り | ウイーン 美術 | ウイーン・建築 | ウルビーノ | ウーディネ(UDINE・北イタリア) | オランダ | オルヴィエート | オルヴィエートの風景 | グッビオ | コンクール | サンマリノ | シエナ | シチリア エリチェ | シチリア シラクーサ | シチリア タオルミーナ | シチリア パレルモ | シチリア・トラーパニ | シャンボール城ーロワール地方 | スペイン・バルセロナ | チヴィタ・ディ・バンニョレッジョ | デルフト オランダ | デン・ハーグ オランダ | トリエステ | トリノ | ドイツ | ドイツ フランクフルト | ドイツ・ベルリン | ドゥブロヴニク | バチカン市国 | パリ | パリ 美術 | パリ 街の風景 | ピサ・トスカーナ | フィレンツェ | フィレンツェ 風景 | フィレンツェの美術  美術館・博物館 | フィレンツェの美術 教会 | フランス オーヴェル・シュル・オワーズ | フランス サンドニ | フランス・シャルトル | フランス・ジヴェルニー | フランス・パリ 芸術 | フランス・パリの風景 | フランス・ブロワ | フランス・ランス(reims) | フランス・ルーアン | フランス・ヴェルサイユ | ブリュッセル ベルギー | ブルージュ ベルギー | プラハ 夕景・夜景 | プラハ 建築 | プラハ 教会 | プラハ 眺望 | プラハ 街歩き | プラート・トスカーナ | プロジェクションマッピング | ペルージャ | ミラノ | モナコ | モンタニャーナ(montagnana) | ラヴェンナ | ローマ | ローマ・クリスマスシーズン | ローマ・建築、歴史 | ローマ・教会巡り | ヴェローナ | 京都 | 北イタリア | 南イタリア | 夕景・夜景 | 大阪 | 教会 | 旅行・地域 | 日本の祭り | 日本の花々 | 日本の風景 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 有名人の滞在した場所 | 祭り | 経済・政治・国際 | 美術展 | VENEZIAの風景 | venezia 広場