ウイーン

ウイーン 音楽の都、中世の香り

P3054512

 朝、ホテルから市立公園に散歩に出かけた。公園近くの地下鉄シュトゥーベン駅で降りると、幅広いリンクの通りを観光馬車が走って行く。整然と建ち並ぶビルの谷間をさっそうと走る2頭立て馬車は、見事に風景にもなじんでいる。

P3054518

 公園に入るとすぐにシューベルト像とご対面だ。ウイーンは多数の著名な音楽家の活動の舞台となり、音楽の都という名称にぴったりの町だが、実は生粋のウイーン生まれはシューベルトだけしかいない。モーツアルトはザルツブルグ出身だし、ベートーベンはドイツ、マーラーはチェコの人だ。

P3054519

 公園の池には水鳥が乱舞していた。近くのベンチでは、新聞を読む老紳士、子供をあやす母親など、週末の朝らしい柔らかな空気が流れている。

P3054526

 さらに進むと、かの有名なヨハン・シュトラウスの金色の像が。日本出発前の情報では修復中で覆いがかけられているということだったが、幸運にもきれいに公開されていた。(一方で、フォルクス庭園のエリザベート像が修復中だった)。

P3054525

 ただ、午前中の9時過ぎの時間帯は正面から見ると完全な逆光。後ろの方から眺めて見ると、右端から顔を出している女性が妙に意味ありげ?

P3054538

 彼の名前を取ったヨハネス通りを過ぎると、今度はベートーベン広場に到着する。ベートーベンがドイツからウイーンに留学したのは21歳の時。彼は“引っ越し魔”で、それから生涯で80回以上も引っ越しをしたという。ただ、その大半はウイーン市内だった。

P3054539

 あのしかめっ面をしたベートーベンが、広場を見下ろしている。

P3054550

 またリンクに戻ったら、今度は白馬の馬車が通りかかった。とてもよい天気だったので、そのままシュテファン大聖堂付近まで散歩を続けよう。

P3054533

 道すがら、ヴァイオリンを模った看板が下がっていた。

P3054576

 さらに、楽譜が描かれた店の看板も。いかにも音楽の街らしい風景だ。

P3054562

 シュテファン大聖堂が見えてきた。こちらは裏側。

P3054570

 観光馬車の待機場所になっているようで、女性の御者さんも見かけられた。

P3054571

 せっかくなので、白馬のアップを一枚。中世の雰囲気が漂っているなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウイーン オペラ座舞踏会生中継、ハプニング?

P1018721

 3月3日の夜10時、夕食を終えてホテルに戻ると、ちょうどオペラ座舞踏会のテレビ中継が始まるところだった。冬のウイーンは300もの舞踏会が市内各地で開かれるが、ハプスブルク皇室行事として200年もの伝統を誇るこの舞踏会は、その頂点に位置する。当日の午後からはオペラ座付近は交通規制が敷かれ、トラムも折り返し運転になっていた。

P3044325

 テレビは、司会者による舞踏会のゲスト紹介などからスタート。(テレビ画像なので、絵が荒くなっているのはご了承を!)

P3044331

 オペラ座の壮麗な舞台は、すっかりダンスの会場に変身していた。そのためか、舞踏会前後の1週間は建物のガイドツアーがお休みになる。

P3044341

 今夜社交界デビューするデビュタントたちが映し出された。純白のイブニングドレスがまぶしい。

P3044344

 テレビカメラは会場のかなり高いところにも設置されており、視覚的にも面白かった。

P3044348

 初々しいお嬢さん。

P3044358

 バレリーナたちのダンスが披露された。奥のバレリーナは東洋人?

P3044360

 結構派手なダンスで、会場も盛り上がる。

P3044363

 今年のディーヴァとして招待されたのは、歌手のエリーナ・グランチャ。見事な歌唱力で場内を魅了した。

P3044369

 デビュタントたちのダンスが始まった。ウインナワルツの演奏に合わせて踊り出すと、会場から割れんばかりの拍手が響いた。

P3044372

 テレビはあらゆる角度からの映像で、舞踏会を華やかに演出。

P3044386

 カメラマンたちがしきりにフラッシュをたく場所があり、テレビカメラも近寄った。そこに居たのはベルルスコーニ・イタリア首相の買春問題で話題を集めたルビー嬢(左端)。毎年スキャンダラスなタレントを招待することで有名なオーストリアの富豪が、今年は彼女を連れてきたんだそうだ。

P3044396

 このアンナ・ネトレブコさんという女性もインタビューを受けていた。何をする人かは不明。

P3044393

 デビュタントのお披露目が終われば、一般の人たちによるダンスが始まる。朝方6時ころまで延々と踊り明かされるという。この一般客として参加することは、日本人でもチケットを買いさえすればOKとのこと。ちなみに値段は最低で250ユーロ以上とか。テレビでも十分楽しめました。

4月27日、このブログへのアクセス数が8万件を突破しました。このところコンスタントにアクセスしていただく方が増えているようで、本当に感謝です。今後ともよろしくお願い致します!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ウイーンへ 夜行列車の失敗、ある出会い

P3034030

 先月、ヴェネツィアからウイーン、プラハを巡る旅をした。

2011_0226_023422p2262505

 時折、仮面をつけた旅行者が行き交う。島全体が劇場空間と化したヴェネツィア・サンタルチア駅のプラットホームに立った。カーニヴァルは始まったばかり。未練を引きずりながらも、新たな異国に向けて心を整える。

P3044399

 夜9時にヴェネツィアを出発して翌朝8時30分にウイーンに到着する夜行列車「ドン・ジョヴァンニ号」。いよいよ音楽の都への旅立ちだ。

P3044405

 ゆっくりと国境越えをする旅を味わいたいと思ったのだが、一つの失敗をしてしまった。列車に乗り、座席を探してみると、私の席は3段ベッドの最上段。

P3044408

 昇ってみると肩幅よりわずかに広いだけのスペースしかないうえ、落下防止の柵も何もない。

P3044414

 それで、落ちはしまいかとの恐怖と緊張とで一晩中眠れないという最悪の夜になってしまった。

P3044413

 下段ならゆったりと過ごせたはず。チケット購入時に、座席の確認をしておくべきだった。

P3044406

 朝7時。パンとコーヒーの簡単な食事が提供された。だが、座高分の高さもない上段席ではコーヒーを飲むのもままならない。困っていると、車掌が、たまたま空いた別の場所の下段座席に案内してくれた。

P3044420

 コーヒーを飲んでいると、日本人の女性が通路を通りかかった。何気ない会話から、彼女は日本画を専攻する学生だとわかった。イタリアからオーストリア、チェコを経由してオランダまで行く途中だという。

P3054652

 クリムト、エゴン・シーレの絵の話題などで盛り上がり、ウイーンに着いたことも気付かずに1時間以上も話し込んでしまい、彼女の同僚が迎えに来て初めて「ああ、ウイーンに着いたんだ」と、荷物をまとめにかかった。

P3054584

 進取の気風に富み、気負いもせず、新しいことに軽やかに挑んで行く女性との出会い。

P3044422

 「わが日本でも頼もしい若者が育っているんだな」などと、妙にうれしい気持ちになった、ウイーン初日の朝だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

carnevale di venezia | VENEZIA ベスト3 | VENEZIA 教会巡り | veneziaの橋 | よさこい踊り | アッシジ | アントワープ ベルギー | イスタンブール・トルコ | イスタンブール・建築と歴史 | イルミネーション・ヨーロッパ | ウイーン | ウイーン 夜景 | ウイーン 小路巡り | ウイーン 教会巡り | ウイーン 美術 | ウイーン・建築 | ウルビーノ | ウーディネ(UDINE・北イタリア) | オランダ | オルヴィエート | オルヴィエートの風景 | グッビオ | コンクール | サンマリノ | シエナ | シチリア エリチェ | シチリア シラクーサ | シチリア タオルミーナ | シチリア パレルモ | シチリア・トラーパニ | シャンボール城ーロワール地方 | スペイン・バルセロナ | チヴィタ・ディ・バンニョレッジョ | デルフト オランダ | デン・ハーグ オランダ | トリエステ | トリノ | ドイツ | ドイツ フランクフルト | ドイツ・ベルリン | ドゥブロヴニク | バチカン市国 | パリ | パリ 美術 | パリ 街の風景 | ピサ・トスカーナ | フィレンツェ | フィレンツェ 風景 | フィレンツェの美術  美術館・博物館 | フィレンツェの美術 教会 | フランス オーヴェル・シュル・オワーズ | フランス サンドニ | フランス・シャルトル | フランス・ジヴェルニー | フランス・パリ 芸術 | フランス・パリの風景 | フランス・ブロワ | フランス・ランス(reims) | フランス・ルーアン | フランス・ヴェルサイユ | ブリュッセル ベルギー | ブルージュ ベルギー | プラハ 夕景・夜景 | プラハ 建築 | プラハ 教会 | プラハ 眺望 | プラハ 街歩き | プラート・トスカーナ | プロジェクションマッピング | ペルージャ | ミラノ | モナコ | モンタニャーナ(montagnana) | ラヴェンナ | ローマ | ローマ・クリスマスシーズン | ローマ・建築、歴史 | ローマ・教会巡り | ヴェローナ | 京都 | 北イタリア | 南イタリア | 夕景・夜景 | 大阪 | 教会 | 旅行・地域 | 日本の祭り | 日本の花々 | 日本の風景 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 有名人の滞在した場所 | 祭り | 経済・政治・国際 | 美術展 | VENEZIAの風景 | venezia 広場